2012年01月30日 14時35分

ジャンプ競技初観戦!

以前から一度見てみたいと思っていたノルディックスキーのジャンプ競技。
昨日、遂に初めて生で観戦してきました。
「FISジャンプワールドカップ札幌大会」。
これを見るためだけの1泊2日の北海道旅行。
船木・岡部・葛西。
長野オリンピックで熱狂を巻き起こしたベテランが今でも頑張っています。
間近で観戦すると選手が飛んでくる時の「ゴーッ!!」という空気を切り裂く音が迫力満点。
着地する時、長いスキー板が雪面に当たる鈍い音もよく聞こえました。
優勝は日本の伊東大貴選手。前夜に続きW杯2連勝!
2回目のジャンプで137メートルを飛び逆転優勝し、会場は大いに盛り上がりました。
40年前の札幌オリンピック。私は当時小学校3年生でした。
コタツで見ていた「ジャンプ70メートル級」の日本勢金・銀・銅独占。
笠谷選手が2本目の着地で金メダルを決めた時の北出清五郎アナウンサーの「飛んだ決まった!」という実況コメントが今も耳の奥に残っています。
「一度生で見てみたい」と感じたのはあの小学校3年生の時に違いありません。
やっと思いが叶いました。
ペンギンみたいなかっこうですが…。

2012年01月22日 18時03分

川又さん、いってらっしゃい!

中日ドラゴンズの2軍打撃コーチに就任された川又米利さん。
今日、1月22日、6年間出演された「スポーツスタジアム」を卒業されました。
私も「スポスタ」だけでなく「ズームイン!!朝!」や「プロ野球中継」で何度もご一緒させていただきました。
飾らない実直な人柄、真面目で優しい「野球少年」。
現役時代の取材時から親切にしていただきました。
今年から再びユニホームに袖を通し、
現場復帰されることになりました。
19年間の選手生活では、その「教科書」といわれたきれいなバッティングフォームで勝負強さを発揮しファンを喜ばせた川又さん。
去年、優勝したものの「打てない」と言われたドラゴンズ打線の再建を託されたのです。
「強竜打線製造工場」の工場長に着任です。いってらっしゃい!



ADVERTISEMENT

カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー