2017年12月23日 10時00分

「スポスタ☆魂」特集は世界で戦うマスクマン

12月24日(日)午後4時55分からの「スポーツスタジアム☆魂」は名古屋出身の覆面レスラー・ウルティモ・ドラゴン選手を特集します。

私の古くからの友人でもある彼は本名浅井嘉浩。21歳の時メキシコに単身渡航しプロレスデビュー。4年後、マスクマン「ウルティモ・ドラゴン」に変身しました。それを機にアメリカのメジャー団体に進出したことで世界中に名前が知られるように。かつて入門を断られた新日本プロレスに招かれ、獣神サンダーライガー選手と東京ドームでタイトルマッチをするなど逆輸入選手として名を成しました。

デビューから30年。今もメキシコを拠点に世界で戦い、日本でもフリー参戦という形で毎年試合をしています。これまでアメリカ・カナダに中南米・欧州に遠征。北朝鮮でも試合をしています。「自分ほど多くの国で試合をした選手はいないでしょう」と胸を張ります。

1998年、アメリカの試合で左腕を負傷し手術を受けるも医療ミスで神経が切れ4年以上戦線離脱。その後左手はほとんど動かず私のそれより細くなり、握力8kgという状態で戦っています。

その後、選手のみならず、メキシコに道場を建て後進の育成にも着手。60人以上の選手が彼の門下生としてデビューしました。新日本プロレスのエース、オカダ・カズチカ選手もその1人です。

一方、私は損保会社勤務という回り道をしてアナウンサーになり、念願のプロレス中継にも関わることができました。アナウンサー生活13年目の冬、奇跡と言っていい接点が巡ってきました。

2003年2月。団体の枠を超えたジュニアヘビー級のタッグリーグ戦が東京で開催され、彼も門下生と組んで出場しました。

日本テレビがその大会を中継することになり私が彼の試合を実況。アナウンサーになって初めて彼の試合を自分の言葉で描写することができました。この仕事に就いて最もうれしい時間でした。(写真は14年前の試合後控室・ディファ有明)

その後もアクロバティックに戦い続けてきた彼は、今年でデビュー30年。「動けなくなって野次られたり同情されたりしたら潮時」と言い切り、51歳になった今もスピードとテクニックで魅せることにこだわっているウルティモ・ドラゴン。

自分の試合が終わると、会場の片隅でメキシコ製の覆面(試合用・レプリカ・子供用・キーホルダー)を売りさばきます。

「スポスタ☆魂」では最近の試合やトレーニング風景、素顔で闘うデビュー当時のメキシコでの映像を通して名古屋から世界に飛び出したレジェンドを紹介します。

私、かつてMCだったこの番組に8年ぶりに生出演します。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー