2018年02月27日 0時00分

松坂大輔投手、11か月ぶりの実戦登板

今年のドラゴンズ沖縄キャンプ最大の話題・松坂大輔投手が2月26日(月)、入団後初めて実戦登板しました。この日の練習メニューの「試合で投げる投手の欄」に「松坂」の名前があり、取材陣の動きがにわかにあわただしくなりました。キャンプで初めて対外試合での登板です。

相手は韓国・ハンファイーグルス。松坂投手はメッツ時代の同僚・ジー投手のあと、二人目として登板。去年、ホークス在籍時のオープン戦以来、11か月ぶりの対外試合登板でした。

初球140km/hのストレートから11球。打者三人に連続三振とショートへの詰まった飛球。テンポよく1回を無失点に抑えました。登板後、共同会見でインタビュアーを務めました。ホッとした表情で会見に臨んだ松坂投手。

「この時期、普通に投げられてよかった。キャンプは順調。スタンドの歓声が嬉しかった」と話しました。今後、オープン戦・公式戦でどんなピッチングを披露してくれるのか、楽しみです。

 



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

いままでの記事