ウィンタースポーツの始まり

9月12日のスポッチはフィギュアスケート。

いよいよウィンタースポーツのシーズンがやってきました。

名古屋が生んだトップスケーター浅田真央選手と宇野昌磨選手がシーズンに向けて動きだしています。

浅田選手は8月に行われた、ザ・アイス名古屋公演で今シーズンのショートプログラムを披露してくれました。

曲は作曲家ファリャの「リチュアルダンス」、振りつけは長年コンビを組む、ローリー・ニコルです。

今シーズンのプログラムはショートとフリーで同じ曲を使い、2つを合わせて完成形となる、これまでにない試み。

完成度について浅田選手は・・・。

「まずまずの手応えを感じているので、シーズンに向けてレベルアップしていきたい」と話してくれました。

浅田選手は10月にフィンランドで行われる大会に出場後、グランプリシリーズアメリカ大会とフランス大会に出場する予定です。

浅田選手に憧れてフィギュアスケートを始めた、宇野昌磨選手は9月にイタリアで行われた、ロンバルディアトロフィーという国際大会で優勝しシーズン序盤から早くも結果を出しました。

そんな宇野選手がザ・アイスでフリースケーティングを披露してくれました。

宇野選手のフリーはタンゴ、作曲家はアルゼンチンのピアソラです。

昨シーズンは4回転フリップを成功させ、今年も新たな4回転ジャンプに挑戦しているそうです。

4回転ジャンプと表現力にさらに磨きをかけ、宇野選手のテーマである、「攻めのスケート」で世界の頂点を目指します。

2

そして、もうひとり、フィギュア王国愛知に期待の星が誕生しました。

名古屋市出身で浅田選手、宇野選手を指導した山田満知子コーチの秘蔵っ子、山下真瑚選手。

山下選手は9月に横浜で開かれたフィギュアスケートのジュニアグランプリシリーズ・日本大会に初出場して、ショートプログラムでは2位、フリーでも高さと距離のあるダイナミックなジャンプを披露して見事3位に入賞しました。

試合後のインタビューでは、「練習のようにできたところが一番よかったと思います。」

と満足した表情でした。今後の活躍が楽しみですね。

3

2020年に向けて始動!

9月5日のスポッチ!はリオデジャネイロオリンピックが終わって2週間が経ちましたが、三重県では吉田選手が9月5日に地元、津市役所を訪問。

市長から花束が贈られ、出迎えた市民や職員らの前で銀メダル獲得の報告を行いました。

そして、吉田選手の気になる今後については・・・

「引退とは言わないので。日本でオリンピックが開催されるのは私が生きている中であるかないかだと思いますし、出られるなら出たいという気持ちはあります。」

と、現役続行の意思を話してくれました。

そして、4年後の東京オリンピックに向けて既に動き出している選手がいます。

それは、今井月選手と土橋ココ選手です。

1

今井月選手は現在、水泳の強豪校、豊川高校の1年生で、8月に行われたオリンピックから帰国したまま広島県で行われた高校総体に出場し、大活躍を見せました。

今井選手は4人ひと組で競うメドレーリレーに参加して、第2泳者として出場。

オリンピック直後とは思えない泳ぎで体一つリードして第3泳者に繋ぎ、そのままゴール。豊川高校は見事優勝!

そして、9月5日、豊川高校でオリンピック報告会が行われました。

「オリンピックで結果を出すことがどれだけ難しいかを痛感しました。それと同時にオリンピックで結果を残したいと言う気持ちになりました。4年後の東京オリンピックに向けてトレーニングを積んでいきたいと思います。」

そして、もう1人は体操の土橋ココ選手です。

土橋選手は現在、名古屋経大市邨高校の2年生です。

彼女が注目を浴びたのは、リオネジャネイロオリンピックの閉会式で東京を紹介するプロモーションビデオ。制服姿の女子高校生が渋谷のスクランブル交差点でアクロバティック演技を見せるシーン。

このシーンに抜擢されたのが名古屋の女子高校生、土橋ココ選手だったのです。

4年後の東京オリンピックで活躍できるアスリートとして出演が決まったそうです。

「まずは、代表選手に選ばれて4年後に向けて、練習を必死に頑張っていきたいと思います。」

2

地元選手の4年後の東京オリンピックの活躍に期待したいですね。

サッカーオリンピック代表に三重県菰野町出身の浅野拓磨選手が選出!

7月4日の『キャッチ的リオ』は、サッカーJ1サンフレッチェ広島所属の浅野拓磨(あさの たくま)選手です。

トレードマークは、ゴールを決めたときのジャガーポーズ。

そんな浅野選手は、三重県菰野町出身の21歳。

主に23歳以下の選手で構成される、オリンピック代表メンバーに選出されました。

9人家族7人きょうだいで、男6人、女の子1人の3男です。

2

大家族ゆえ、経済的な理由でサッカーを諦めかけたこともありましたが、プロで活躍して家族を楽にしてあげたいと努力を重ねてきました。

浅野選手が高校生のときに末っ子となる女の子が生まれました。初めての妹です。

練習で疲れて帰ってきても、お風呂に入れるほどの可愛がりよう。浅野選手は「癒しです」とほほを緩めていました。

高校はサッカーの名門、四日市中央工業高校でプレー。2年生のときは準優勝、そして得点王に輝きました。

卒業後はJリーグ・サンフレッチェ広島に入団。

そして、先日イングランドのアーセナルという強豪チームに移籍することが発表されました。

『キャッチ!』は、代表選手に選出された7月1日に浅野選手のふるさと、三重県菰野町を訪れました。

代表選出が発表された午後2時過ぎの町役場では、早速、横断幕が張られ、1階ロビーには、浅野選手の展示コーナーも。

そこには、浅野選手の実物大の足形がありました。

役場の方によると、菰野町出身のオリンピック選手は、浅野選手が初めてだそうです。

さらに浅野選手の母校、四日市中央工業にも訪れました。

浅野選手を3年間指導した樋口士郎(ひぐち しろう)監督は、「あの子は、大事な場面で点を取る、ロスタイムで点を取った試合が2試合連続で

続いた。ここぞというところで点を取ってくれるので、大舞台になればなるほど何かやってくれる。そこで点を取ってくれる星を持っている。」

ゴールを決めるのはもちろん、浅野選手は感謝の気持ちも忘れませんでした。

「今まで、お世話になった関係者からもメールでお祝いのことばをいただきました。たくさんの人から応援されていると実感した。

この人たちのためにも頑張らなければいけないと思った。」と、心配りも忘れません。

さらに、中学3年の時の担任、中村真弓(なかむら まゆみ)先生にも話しを伺ってきました。

先生は「彼の人柄が人を集める。応援しようという気持ちになる人がすごく多い。」と、浅野選手の人柄の良さを教えて下さいました。

世界を舞台に活躍が期待される浅野選手。

彼がサッカーの基礎を築いたのは、小学校1年から6年まで所属していた、ペルナSC。

後輩たちから憧れの浅野選手に、メッセージを送ってくれました。

「浅野先輩、ゴール決めてください、ガォー!」と最後はチーム全員でジャガーポーズ。

1

地元・三重県菰野町では8月11日の試合のパブリックビューイングを予定しているそうです。みんなで浅野選手を応援しましょう!

陸上&体操女子 オリンピック選手 決定!

6月27日の「キャッチ!的リオ」は、パロマ瑞穂陸上競技場で行われていた陸上日本選手権で、リオオリンピック出場を決めた

地元出身の2人の選手に迫りました。

まずは、男子走り高跳の代表を勝ち取った、三重・鈴鹿市出身、AGF鈴鹿所属、衛藤 昂(えとう たかし)選手。

衛藤選手は、「いろんな思い出の詰まった瑞穂競技場でオリンピックを決めることが出来て、一生忘れられない思い出になったと

思います。三重県は愛知県に近いので、会社や高校の同級生がたくさん応援に来てくれたので勇気をもらい、今回の標準記録突破に

すごく力になったと感じています。」と喜びを語ってくれました。

そして1万メートルと5千メートル代表、愛知・豊橋市出身、日本郵政グループ所属、鈴木 亜由子(すずき あゆこ)選手。

鈴木選手は、「大歓声の中で走れて、すごく幸せでした。今回決める事が出来たので、よかったと思います。」と安堵の表情を

みせました。

また、会見には出席されていませんでしたが、

三重・伊勢市出身 尾西美咲(おにし みさき)選手 5000メートル

三重・紀宝町出身 高見澤安珠(たかみざわ あんじゅ)選手 3000メートル障害

愛知・岡崎市出身 山本聖途(やまもと せいと)選手 棒高跳

愛知・岡崎市出身 中村明彦(なかむら あきひこ)選手 十種競技

など、地元出身の選手が陸上競技のリオオリンピック代表に選ばれました。

 

1

さらに体操女子もリオオリンピック代表が決定しました。

オリンピックで着用する、桜の花が大胆にデザインされたレオタードに身を包み、意気込みを語ってくれたのは2大会連続出場となる

愛知・小牧市出身の寺本明日香選手。

「正式にリオオリンピックの代表に選ばれて、キャプテンにも指名されました。しっかりみんなを引っ張って、団体でも個人でも

メダルを目指して、良い成績を取れるよう頑張ります。」

チームで唯一、オリンピックを経験している寺本選手。チームリーダーとして、しっかりとメンバーをまとめていく強い思いを見せて

くれました。

2

続々と決定する地元出身選手!

皆さんの活躍に期待しましょう。

水球男子日本代表 岐阜県各務原市出身 足立聖弥選手

6月20日の『キャッチ!的リオ』は、水球男子日本代表の足立聖弥(あだち せいや)選手。20歳。

1984年のロサンゼルスオリンピック以来出場の水球。去年12月のアジア選手権で中国との決勝戦に勝利して、オリンピック出場を

決めました。

その決勝戦で2つのゴールを決めたのが将来のエース候補、足立聖弥選手です。

足立選手は岐阜県各務原市出身。

小学校3年の時、通っていたスイミングスクールで水球と出会い、大垣市にある水球クラブに中学生まで所属。そこで全国大会準優勝も

経験しました。

現在、日本体育大学の3年生。

昼休みには水球部のチームメイトとランチを楽しみます。

足立選手の人柄を聞いてみると…

「私生活では抜けた感じが多く、オリンピックに出る人はもうちょっとしっかりしている人かなと思っていた。」

その友達の答えに…

「自分でも意識してオリンピック選手らしくなっていきたい」と話します。

2

しかし、練習になると人が変わったように水球に取り組みます。

代表選手には日体大出身の先輩が多く、一緒に大学のプールで練習し、日々成長を続けています。

水球のプールの深さは2メートル以上あり、選手たちは巻き足という立ち泳ぎのままプレーをします。

またシュートを放つ時には、不安定な体勢から一気に伸び上がり、上半身を水上に浮かせシュートを放ちます。

試合中は選手同士の激しい接触が多く、水球は別名「水中の格闘技」とも呼ばれていて、実際にぶつかり合う練習もします。

身長172センチ、体重67キロと水球選手としては小柄な足立選手は、体の大きな選手に沈められないよう、15キロの重りを

背負って立ち泳ぎのトレーニングも行っています。

これも、大柄な外国人選手に負けないようにするためのトレーニングです。

こうして鍛えられた体がこちら!

1

足立選手は2つ上の兄・未遼(みはる)さんとともに「大垣市水球クラブ」で水球を始めました。

未遼さんは「中学2年くらいから高校生と同じくらいうまかった。全国の中で本5本の指に入る選手になるかなと思っていた。」と

期待を寄せていました。

さらに中学時代の恩師も足立選手の将来性を感じていたそうです。

「(中学校1年の頃)体は小さかったんですが、ちょこちょこ動きまわるのは、(周りとは)少し違ったかなと当時から感じていた。」

現在のクラブの生徒も偉大な先輩へエールを送ります。

「自分たちもオリンピック選手になれる希望が出てきたので、世界を舞台に頑張ってください。」

足立選手は現在中国で合宿を行い、そのあとは本場、ヨーロッパで大会に出場してからアメリカを経由して、リオに入ります。

未来のエース候補・足立聖弥選手のリオオリンピックでの活躍に期待しましょう。

 

「孫」と「おじいちゃん」? 女子柔道48キログラム級 近藤亜美

 

6月13日の「キャッチ!的リオ」は女子柔道、48キログラム級の代表・近藤亜美選手です。

48キロ級といえば、“ヤワラちゃん”こと谷(旧姓田村)亮子選手!彼女はオリンピック5大会連続(金2銀2銅1)メダル獲得という

素晴らしい成績を残しました。

その伝統の階級に出場するのが、“愛知のヤワラちゃん”近藤選手です。

近藤選手は名古屋市出身。大成高校(一宮市)を卒業し、現在は三井住友海上に所属しています。

19歳で世界選手権優勝。10代での優勝は日本人4人目です。

3

5歳で柔道をはじめ、小学2年のときに大府市の大石道場に入門しました。

道場主は、大石康(おおいし やすし)さん。

大石康さんはバルセロナオリンピックで金メダルを獲得した、吉田秀彦(よしだ ひでひこ)さんや

アテネオリンピック、北京オリンピックの2大会連続で金メダルを獲得した、谷本歩実(たにもと あゆみ)さんなどを育て上げた

名指導者です。

 

その大石さんは、近藤選手に柔道の基礎を徹底的に叩き込みました。ただ近藤選手は基礎練習が嫌いで、よく大石さんに叱られ、

正座させられていたというエピソードも。

1

厳しい師弟関係の大石さんと近藤選手も、今はまるで「孫」と「おじいちゃん」のようです。

今年4月、リオオリンピック女子柔道代表選考会を兼ねた体重別選手権で優勝し、見事48キロ級代表の座を勝ち取った近藤選手。

柔道人生がかかった試合を、スタンドの最前列で大石さんはじっと見守っていました。

「リオに応援に行く」と言う大石さんに「心配だから誰かついてきてほしい」と言う近藤選手。

またこれまでは、大会で優勝するとお寿司や焼肉をねだっていた近藤選手が、今度は大石さんにごご馳走すると言ったそうです。

「こんなことは、誰も言わなかった」と話す大石さんですが、なんとなくうれしそうでした。

2人はゆるぎない師弟関係にありながらも、「孫」と「おじいちゃん」のような感情も持ち合わせているようでした。

開会式の翌日、8月6日に女子柔道の先陣を切って行われる48キロ級。

一番輝く色のメダルを獲得して、柔道の、そして日本の勢いをつけてほしいです。

 

今井月(るな)選手を恩田アナウンサーが直撃インタビュー

 

今週から新コーナーが始まりました。

地元にゆかりのあるリオデジャネイロオリンピックに出場する選手の素顔を紹介する

「キャッチ!的リオ」です。

第1回にふさわしいアスリートは、いま大注目のニューヒロイン!

岐阜市出身、競泳・200m個人メドレー代表の今井月(るな)選手です。

 

今井選手の得意種目は平泳ぎ。

しかしリオオリンピック出場を決めたのは、昨年の秋から練習を始めたという

200m個人メドレーでした。

わずか半年ほどの練習で、誰もが憧れる夢舞台・オリンピック出場の切符をつかんだ

まさに天才スイマーです。

3

そんな今井選手を「キャッチ!」の恩田千佐子アナウンサーが直撃インタビュー。

高校入学で初めて親元を離れて暮らす生活の変化やオリンピックでメダル獲得に向けての課題、

8歳の時に亡くなったお母さんとの思い出、そして男手ひとつで育ててくれた

お父さんの存在についてなど、普段なかなか聞くことの出来ない話をしてくれました。

2

5月29日(日)には、お父さんと一緒に自宅近くにあるお母さんのお墓にお参りに。

練習が忙しく、なかなか自宅に帰ることができないという今井選手。

久しぶりのお墓参りでは、丁寧に掃除や草取りをしていました。

今井選手は、大きな大会の前には必ずお母さんのお墓に手を合わせに来ます。

今回は、リオネジャネイロオリンピックへの意気込みを伝えたそうです。

1

6月1日から、合宿のためヨーロッパに出発。

日本には戻らず、そのままリオネジャネイロに入ってオリンピックに備えます。

持ち前の明るさと練習で鍛えたバイタリティで、きっと活躍してくれることでしょう。

 

ちなみに…、オリンピック出場を決めて、今井選手は一躍有名人に。

高校入学当初は校内を歩くだけで、サインや写真を求められてちょっと困ったこともあったそうです。

そして、いまハマっているのは、コーナーのBGMで使った歌手の「Little Glee Monster」。

その理由は「聞くと癒されるから。」だそうです。

 

 

 

 

 

フィギュア 四大陸は・・・

先週行われていた

フィギュアスケートの四大陸選手権

SPが終わった時点で

女子は 村上佳菜子選手が2位、本郷理華選手が4位。

男子は 宇野昌磨選手が2位。

逆転優勝なるか!!!と思い迎えた週末のFS。

 

結果は、女子は

宮原知子選手が“宮原選手らしい完璧な演技”を披露、

自己ベストで初優勝!

本郷選手は3位で表彰台に。

村上選手は7位となりました。

 

男子は

日本勢は宇野選手が4位、

去年の5位よりひとつ順位を上げましたが表彰台は逃しました。

また、無良崇人選手が5位、田中刑事選手が6位となりました。

 

優勝は、カナダのパトリック・チャン選手。

SP5位からの逆転優勝でした!

お見事!!!

“復活”を印象付けましたね。

ちなみに、チャン選手のスケーティングは世界一とも言われていますよ。

 

また今回、男子2位に入った中国の金博洋選手は

FSで史上初!

4回転ジャンプを3種類計4回跳んで成功させるという快挙も!

 

来月末からは、フィギュアスケートシーズン後半の山場ともいえる

「世界選手権」が始まります!

 

日本からは浅田真央選手、羽生結弦選手も出場!

 

今季このあとのフィギュアも楽しみですね~♪

 

 

愛知県 最下位・・・

去年12月に発表された全国体力テストの結果、ご存知ですか?

小学生の頃、学校でやりましたよね?

今は50m走や長座体前屈、上体起こし、20mシャトルランなど8種目。

そんな体力テスト、「小学生」では5年生の結果を元に各都道府県の順位が出るんです。

 

ベスト3は男女とも ①福井県 ②茨城県 ③新潟県

一方、ワーストは…

男子ワースト1が愛知県女子もワースト3に愛知県。。。

しかも男子は2年連続の最下位という不名誉な記録でした。

 

愛知県教育委員会に聞いても「残念な結果」とは言うものの

「分析はしているものの何が原因かつかめていない…」とのお答え。

考えられる理由として

▽大都市(名古屋)、中核市(岡崎、豊田、豊橋)が多い

▽校区が狭いため通学で歩く距離が短い

▽体力テストを4、5月に実施(1学期中にやればよいそう)

とも述べていましたが、専門家によるとコレは愛知じゃなくても…とのお話しも。

 

愛知県最下位のワケ。

一体なぜなのか?

愛知教育大学の教授であり、小学校の校長先生もしている森先生に伺うと---

 

「まずその前に、そもそもなんですが… 体育の授業の質が低い!」とのこと。

年間200回以上小中学校の体育の授業を視察し、

県下の先生たちを相手に“体育の授業のあり方”について講義も行っている森先生。

コレは一体どういうことか伺うと

「私が視察した現場では、たとえば

 ・小学校45分授業のうち身体を実際に動かす時間が短い

  運動の時間が10分ほどの授業もあった

 ・若い先生は、タブレットで授業を撮影しそれを見せているだけの人も…

  また、作戦会議だったり話し合いの時間が長い

 ・ベテランの先生は、安全を優先して回数をこなさせない」 のだそう。。。

 

実はここ数年の文科省の方針として

「言語活動の充実(=コミュニケーション力のアップ)」

「ICT教育(=タブレットやコンピュータを活用した教育)」が打ち出されているそうで・・・

とはいえ、コレは各学校、各先生の捉え方だそうですが、

特に若い先生たちはある意味それ重きを置きすぎて指導してしまっているんだとか。

 

体育の授業なのに体を動かさないの!? タブレットで!? 座学!?

スタジオでもさまざまな感想、思いが飛び交いました。

 

その影響もあってかはわかりませんが、データで見ると昔より今の方がやはり体力落ちていました。

例えば50m走。

1985年 8.75秒 → 2015年 9.37秒 【全国平均】

 

やはり運動は

“実際に行う回数に比例し上達する” “運動実施回数を増やすことで伸びる” そう。

 

 

先生はスタジオで『運動が好きになる簡単なトレーニング』も教えてくれました。

今回は縄跳び。 二重跳びが簡単にできるようになるワザ

①縄跳びを半分に切る

②片手に持ってぐるぐる回す

これだけです!

二重跳びができない子にとって、できるようになるまで練習するのは苦痛。つまらない。

そこで、二重跳びの「音」を聞いて覚えその音と同じ音が出せるよう手首を回す練習をする。

実際に授業でこれを教え、できるようになった子が結構いたそうですよ!

三重跳びやあや跳びなどでも同じこと。

これでできたら楽しいですよね!

苦手だった縄跳びが好きになるのでは?

 

先生いわく「“楽しい”“できる” は セット」

 

運動することが好きになるよう学校や家庭の果たす役割が大切なんだそうです。

 

 

 

ゴールデンルーキーが ナゴヤに!!

現在、沖縄でキャンプ真っ只中の地元チーム

プロ野球「ドラゴンズ」&Jリーグ「グランパス」

 

昨シーズンは共に良い成績を残せませんでしたが…

 

今シーズンは大いに期待できそうなんです!

 

なぜか???

 

それは今年、ドラ&グラに加入したルーキーがスゴイから

 

ドラゴンズ新人 小笠原慎之介投手(18

グランパス新人 和泉竜司選手(22)

 

2人とも “高校日本一” を成し遂げた逸材なんです!

 

 

ドラゴンズ小笠原投手は

今年度「夏の甲子園」で日本中を沸かせた優勝校・東海大相模のエース。

時速150㌔を超えるストレートが武器の “高校ナンバー1のサウスポー”。

沖縄キャンプはケガで出遅れ気味、

「まだ100%じゃない」と話す小笠原投手ですが…

その実力は

「まだ高校を卒業していない子が投げる球じゃない!」

とブルペンでの投球練習を見ていた谷繁監督が太鼓判を押すほど。

谷繁監督は小笠原投手の球を受けるためミットを持参しているんです!

期待の大きさが現れていますよね。

ちなみに小笠原投手、ご飯好きで、太ももは67センチもあります!

 

 

そして、グランパス和泉選手は三重県四日市市出身。

4年前、高校3年生のときに

サッカーの甲子園にあたる「全国高校サッカー選手権」で

2ゴールを決める活躍を見せ

負けていたチームを逆転優勝へと導いたエースストライカー

グランパス入団会見では

「目標は、レギュラーをとって1年で10ゴール決める」

「日本代表で活躍して、将来はドイツでプレーしたい」

と話し、会場を沸かせていました。

先月のタイキャンプ、今月の沖縄キャンプでも随所に良いプレーを見せ

存在感を放っていましたよ!

 

グランパスの開幕戦は2月27日(土)

ドラゴンズの開幕戦は3月25日(金)

 

2人のゴールデンルーキーの活躍にも注目です!

 

広告