水球男子日本代表 岐阜県各務原市出身 足立聖弥選手

6月20日の『キャッチ!的リオ』は、水球男子日本代表の足立聖弥(あだち せいや)選手。20歳。

1984年のロサンゼルスオリンピック以来出場の水球。去年12月のアジア選手権で中国との決勝戦に勝利して、オリンピック出場を

決めました。

その決勝戦で2つのゴールを決めたのが将来のエース候補、足立聖弥選手です。

足立選手は岐阜県各務原市出身。

小学校3年の時、通っていたスイミングスクールで水球と出会い、大垣市にある水球クラブに中学生まで所属。そこで全国大会準優勝も

経験しました。

現在、日本体育大学の3年生。

昼休みには水球部のチームメイトとランチを楽しみます。

足立選手の人柄を聞いてみると…

「私生活では抜けた感じが多く、オリンピックに出る人はもうちょっとしっかりしている人かなと思っていた。」

その友達の答えに…

「自分でも意識してオリンピック選手らしくなっていきたい」と話します。

2

しかし、練習になると人が変わったように水球に取り組みます。

代表選手には日体大出身の先輩が多く、一緒に大学のプールで練習し、日々成長を続けています。

水球のプールの深さは2メートル以上あり、選手たちは巻き足という立ち泳ぎのままプレーをします。

またシュートを放つ時には、不安定な体勢から一気に伸び上がり、上半身を水上に浮かせシュートを放ちます。

試合中は選手同士の激しい接触が多く、水球は別名「水中の格闘技」とも呼ばれていて、実際にぶつかり合う練習もします。

身長172センチ、体重67キロと水球選手としては小柄な足立選手は、体の大きな選手に沈められないよう、15キロの重りを

背負って立ち泳ぎのトレーニングも行っています。

これも、大柄な外国人選手に負けないようにするためのトレーニングです。

こうして鍛えられた体がこちら!

1

足立選手は2つ上の兄・未遼(みはる)さんとともに「大垣市水球クラブ」で水球を始めました。

未遼さんは「中学2年くらいから高校生と同じくらいうまかった。全国の中で本5本の指に入る選手になるかなと思っていた。」と

期待を寄せていました。

さらに中学時代の恩師も足立選手の将来性を感じていたそうです。

「(中学校1年の頃)体は小さかったんですが、ちょこちょこ動きまわるのは、(周りとは)少し違ったかなと当時から感じていた。」

現在のクラブの生徒も偉大な先輩へエールを送ります。

「自分たちもオリンピック選手になれる希望が出てきたので、世界を舞台に頑張ってください。」

足立選手は現在中国で合宿を行い、そのあとは本場、ヨーロッパで大会に出場してからアメリカを経由して、リオに入ります。

未来のエース候補・足立聖弥選手のリオオリンピックでの活躍に期待しましょう。

 

広告