2020年に向けて始動!

9月5日のスポッチ!はリオデジャネイロオリンピックが終わって2週間が経ちましたが、三重県では吉田選手が9月5日に地元、津市役所を訪問。

市長から花束が贈られ、出迎えた市民や職員らの前で銀メダル獲得の報告を行いました。

そして、吉田選手の気になる今後については・・・

「引退とは言わないので。日本でオリンピックが開催されるのは私が生きている中であるかないかだと思いますし、出られるなら出たいという気持ちはあります。」

と、現役続行の意思を話してくれました。

そして、4年後の東京オリンピックに向けて既に動き出している選手がいます。

それは、今井月選手と土橋ココ選手です。

1

今井月選手は現在、水泳の強豪校、豊川高校の1年生で、8月に行われたオリンピックから帰国したまま広島県で行われた高校総体に出場し、大活躍を見せました。

今井選手は4人ひと組で競うメドレーリレーに参加して、第2泳者として出場。

オリンピック直後とは思えない泳ぎで体一つリードして第3泳者に繋ぎ、そのままゴール。豊川高校は見事優勝!

そして、9月5日、豊川高校でオリンピック報告会が行われました。

「オリンピックで結果を出すことがどれだけ難しいかを痛感しました。それと同時にオリンピックで結果を残したいと言う気持ちになりました。4年後の東京オリンピックに向けてトレーニングを積んでいきたいと思います。」

そして、もう1人は体操の土橋ココ選手です。

土橋選手は現在、名古屋経大市邨高校の2年生です。

彼女が注目を浴びたのは、リオネジャネイロオリンピックの閉会式で東京を紹介するプロモーションビデオ。制服姿の女子高校生が渋谷のスクランブル交差点でアクロバティック演技を見せるシーン。

このシーンに抜擢されたのが名古屋の女子高校生、土橋ココ選手だったのです。

4年後の東京オリンピックで活躍できるアスリートとして出演が決まったそうです。

「まずは、代表選手に選ばれて4年後に向けて、練習を必死に頑張っていきたいと思います。」

2

地元選手の4年後の東京オリンピックの活躍に期待したいですね。

今井月(るな)選手を恩田アナウンサーが直撃インタビュー

 

今週から新コーナーが始まりました。

地元にゆかりのあるリオデジャネイロオリンピックに出場する選手の素顔を紹介する

「キャッチ!的リオ」です。

第1回にふさわしいアスリートは、いま大注目のニューヒロイン!

岐阜市出身、競泳・200m個人メドレー代表の今井月(るな)選手です。

 

今井選手の得意種目は平泳ぎ。

しかしリオオリンピック出場を決めたのは、昨年の秋から練習を始めたという

200m個人メドレーでした。

わずか半年ほどの練習で、誰もが憧れる夢舞台・オリンピック出場の切符をつかんだ

まさに天才スイマーです。

3

そんな今井選手を「キャッチ!」の恩田千佐子アナウンサーが直撃インタビュー。

高校入学で初めて親元を離れて暮らす生活の変化やオリンピックでメダル獲得に向けての課題、

8歳の時に亡くなったお母さんとの思い出、そして男手ひとつで育ててくれた

お父さんの存在についてなど、普段なかなか聞くことの出来ない話をしてくれました。

2

5月29日(日)には、お父さんと一緒に自宅近くにあるお母さんのお墓にお参りに。

練習が忙しく、なかなか自宅に帰ることができないという今井選手。

久しぶりのお墓参りでは、丁寧に掃除や草取りをしていました。

今井選手は、大きな大会の前には必ずお母さんのお墓に手を合わせに来ます。

今回は、リオネジャネイロオリンピックへの意気込みを伝えたそうです。

1

6月1日から、合宿のためヨーロッパに出発。

日本には戻らず、そのままリオネジャネイロに入ってオリンピックに備えます。

持ち前の明るさと練習で鍛えたバイタリティで、きっと活躍してくれることでしょう。

 

ちなみに…、オリンピック出場を決めて、今井選手は一躍有名人に。

高校入学当初は校内を歩くだけで、サインや写真を求められてちょっと困ったこともあったそうです。

そして、いまハマっているのは、コーナーのBGMで使った歌手の「Little Glee Monster」。

その理由は「聞くと癒されるから。」だそうです。

 

 

 

 

 

広告