サッカーオリンピック代表に三重県菰野町出身の浅野拓磨選手が選出!

7月4日の『キャッチ的リオ』は、サッカーJ1サンフレッチェ広島所属の浅野拓磨(あさの たくま)選手です。

トレードマークは、ゴールを決めたときのジャガーポーズ。

そんな浅野選手は、三重県菰野町出身の21歳。

主に23歳以下の選手で構成される、オリンピック代表メンバーに選出されました。

9人家族7人きょうだいで、男6人、女の子1人の3男です。

2

大家族ゆえ、経済的な理由でサッカーを諦めかけたこともありましたが、プロで活躍して家族を楽にしてあげたいと努力を重ねてきました。

浅野選手が高校生のときに末っ子となる女の子が生まれました。初めての妹です。

練習で疲れて帰ってきても、お風呂に入れるほどの可愛がりよう。浅野選手は「癒しです」とほほを緩めていました。

高校はサッカーの名門、四日市中央工業高校でプレー。2年生のときは準優勝、そして得点王に輝きました。

卒業後はJリーグ・サンフレッチェ広島に入団。

そして、先日イングランドのアーセナルという強豪チームに移籍することが発表されました。

『キャッチ!』は、代表選手に選出された7月1日に浅野選手のふるさと、三重県菰野町を訪れました。

代表選出が発表された午後2時過ぎの町役場では、早速、横断幕が張られ、1階ロビーには、浅野選手の展示コーナーも。

そこには、浅野選手の実物大の足形がありました。

役場の方によると、菰野町出身のオリンピック選手は、浅野選手が初めてだそうです。

さらに浅野選手の母校、四日市中央工業にも訪れました。

浅野選手を3年間指導した樋口士郎(ひぐち しろう)監督は、「あの子は、大事な場面で点を取る、ロスタイムで点を取った試合が2試合連続で

続いた。ここぞというところで点を取ってくれるので、大舞台になればなるほど何かやってくれる。そこで点を取ってくれる星を持っている。」

ゴールを決めるのはもちろん、浅野選手は感謝の気持ちも忘れませんでした。

「今まで、お世話になった関係者からもメールでお祝いのことばをいただきました。たくさんの人から応援されていると実感した。

この人たちのためにも頑張らなければいけないと思った。」と、心配りも忘れません。

さらに、中学3年の時の担任、中村真弓(なかむら まゆみ)先生にも話しを伺ってきました。

先生は「彼の人柄が人を集める。応援しようという気持ちになる人がすごく多い。」と、浅野選手の人柄の良さを教えて下さいました。

世界を舞台に活躍が期待される浅野選手。

彼がサッカーの基礎を築いたのは、小学校1年から6年まで所属していた、ペルナSC。

後輩たちから憧れの浅野選手に、メッセージを送ってくれました。

「浅野先輩、ゴール決めてください、ガォー!」と最後はチーム全員でジャガーポーズ。

1

地元・三重県菰野町では8月11日の試合のパブリックビューイングを予定しているそうです。みんなで浅野選手を応援しましょう!

ゴールデンルーキーが ナゴヤに!!

現在、沖縄でキャンプ真っ只中の地元チーム

プロ野球「ドラゴンズ」&Jリーグ「グランパス」

 

昨シーズンは共に良い成績を残せませんでしたが…

 

今シーズンは大いに期待できそうなんです!

 

なぜか???

 

それは今年、ドラ&グラに加入したルーキーがスゴイから

 

ドラゴンズ新人 小笠原慎之介投手(18

グランパス新人 和泉竜司選手(22)

 

2人とも “高校日本一” を成し遂げた逸材なんです!

 

 

ドラゴンズ小笠原投手は

今年度「夏の甲子園」で日本中を沸かせた優勝校・東海大相模のエース。

時速150㌔を超えるストレートが武器の “高校ナンバー1のサウスポー”。

沖縄キャンプはケガで出遅れ気味、

「まだ100%じゃない」と話す小笠原投手ですが…

その実力は

「まだ高校を卒業していない子が投げる球じゃない!」

とブルペンでの投球練習を見ていた谷繁監督が太鼓判を押すほど。

谷繁監督は小笠原投手の球を受けるためミットを持参しているんです!

期待の大きさが現れていますよね。

ちなみに小笠原投手、ご飯好きで、太ももは67センチもあります!

 

 

そして、グランパス和泉選手は三重県四日市市出身。

4年前、高校3年生のときに

サッカーの甲子園にあたる「全国高校サッカー選手権」で

2ゴールを決める活躍を見せ

負けていたチームを逆転優勝へと導いたエースストライカー

グランパス入団会見では

「目標は、レギュラーをとって1年で10ゴール決める」

「日本代表で活躍して、将来はドイツでプレーしたい」

と話し、会場を沸かせていました。

先月のタイキャンプ、今月の沖縄キャンプでも随所に良いプレーを見せ

存在感を放っていましたよ!

 

グランパスの開幕戦は2月27日(土)

ドラゴンズの開幕戦は3月25日(金)

 

2人のゴールデンルーキーの活躍にも注目です!

 

名古屋の女子サッカーチーム

名古屋に拠点を置く女子サッカーチーム「NGU名古屋FCレディース」。

今季、なでしこリーグ3部にあたる

“チャレンジリーグ”に晴れて昇格しました。

 

日本女子サッカーリーグは

澤穂希選手たちが活躍するなでしこリーグ1部(10チーム)があり

その下に2部(10チーム)、チャレンジリーグ(全12チーム)。

さらにその下に地域リーグや県リーグなどがあるんですが、

名古屋FCレディースはこのたび

地域リーグからいわば全国デビューとなるチャレンジリーグへ

去年11月、3度目の挑戦で昇格。

チーム結成19年目の悲願達成でした。

 

これは、そのときの1枚。

女子サッカー 小川親子

名古屋FCレディースのキャプテン小川由衣選手(26)と

由衣さんをずっと支え続けた母・菊代さん

 

小学3年のときサッカーを始めた由衣さん。

1年後、名古屋FCレディースに加入し、以来、チーム一筋16年。

ずっとプレーを続けてきました。

 

大学を卒業し、夢だった保育士になりましたが、わずか1年で退職。

そこには、サッカーへの思いがありました。

 

由衣さん「サッカーの方が大事だったっていうか・・・」

 

由衣さんは今、昼間スポーツクラブで仕事をし、夜は2時間ほど練習

週に6日両立させています。

 

自宅に帰るのは毎日ほとんど夜10時過ぎ。

 

疲れて帰ってくる由衣さんのために

お母さんが毎晩食事を作ってくれます。

 

この日のメニューは、ボリュームたっぷりのパスタとサラダ。

 

由衣さん  「甘えています」

母・菊代さん「恵まれていますよ、いろいろと、ね。

        洗濯ひとつするわけじゃないし・・・(笑)」

 

一生懸命だからこそ支えたい。

娘の頑張りを母はいつでも応援しています。

 

親子の思いが1つになったチャレンジリーグ昇格。

 

先週末行われた開幕戦は1-0で惜しくも負けてしまいました。

 

そんなNGU名古屋FCレディース
今週末には2戦目が名古屋で行われます。

 4/11(土) 15:00  kick off    港サッカー場      入場無料

 

 

地元チームを応援しましょう!

 

グランパスに必要不可欠な人

今月7日に開幕したJリーグ。

熱い戦いを見ると
選手ばかりに目が行きがちですが・・・

実は、地元・名古屋グランパスには
あの本田圭佑選手や吉田麻也選手が惚れ込む「職人」がいるんです。

 

松浦紀典さん。

「サッカーに集中できる環境作りにこだわっている」

 

グランパスで“用具係”のプロとして働く松浦さんは
300足以上ものスパイクを すべて1人で手入れ、管理しています。

 

サッカー選手にとって、何よりも大切なスパイク

ポジションやプレースタイルによって、 選手が靴に求めるものは様々です。
それをすべて把握し、 常に最高の状態に仕上げる細やかな作業は
まさに“職人技”そのものです。

ヨーロッパや南米などサッカーの本場ではチームに必ずいる、この用具係(=ホペイロ)。
日本にはまだ数人しかいません。
日本代表チームにすらいないんです。

松浦さん、選手からの信頼も厚い!

 

 高木選手「松ちゃんがいるといないとでは天と地くらいの差がある」

田口選手「プロフェッショナルだし選手のことを第一に考えて何もかもやってくれる」

 

かつてグランパスに在籍した本田圭佑、吉田麻也選手は
海外で活躍する今でも  スパイクのケアを松浦さんに頼みに来る程です。

「このスパイクを履いて活躍してほしい。それだけです。」

 

スパイクのケアは1人で静かにやりたいという松浦さん。
選手全員がクラブハウスを出た後に本格的な作業を始めるため
日付をまたぐことも少なくないといいます。

 

試合当日にはチームトラックと共に誰よりも早くスタジアム入り。
当日の天気、グラウンドの芝の状態など あらゆる条件に対応できるように
選手たちのスパイクを一足ずつ最終調整します。

 

スパイクのケアだけが仕事ではありません。

選手が使うシャワールームには整髪料やシャンプーなどを丁寧にセット。
気持ちよく試合に臨めるようロッカールームにはアメやガムなども用意。

 

また、勝利を望みながら、監督の革靴も毎回ピカピカに磨き上げます。

 

まさに、縁の下の力持ち

 

そんな強力なサポートを受けるグランパス、早く勝って喜ぶ姿が見たいですね!

 

 

Jリーグ開幕!

20150307_140100

3月7日、Jリーグが開幕!

名古屋グランパスの開幕戦の相手は、松本山雅FC

今年、J2昇格からわずか3年でJ1に昇格した 今、注目のチームです。

 

豊田スタジアムには33,558人の大観衆。

 

グランパスの応援もすごかったですが―――

20150307_135539

 

松本山雅の応援もすごかったです!

アウェーとは思えない勢いを感じました。

山雅側の応援には、アウェー開催では過去最多となる約1万人が来場したとのこと。

緑色のユニホームを着たサポーターが飛び跳ね、大きなうねりになっていました。

20150307_135310

 

試合は前後半とも同点、3-3引き分けで終了。

初勝利はお預けとなったグランパス。

次こそは・・・!

 

グランパスも沖縄キャンプ!

プロ野球だけではなく、サッカーJリーグ

多くのクラブが沖縄でトレーニングキャンプを行っています。

1月と2月の2ヶ月間で、実に14チーム!

名古屋グランパスも、2月9日~17日まで 沖縄キャンプ していました。

グランパス①

 

場所は、南風原町

なんて読むか分かりますか?

沖縄には知らないと読めない地名がいっぱいありますよね…

これで「はえばるちょう」と読みます。
南風原町でプロサッカーチームのキャンプが行われるのは初めてということで

町民の皆さんの注目度も高かったようです。

キャンプを見に訪れるファンの数もすごかったですよ!

 

中でも特に大きな声援がおくられていたのは、

沖縄県出身のJリーガーとして史上2人目の日本代表に選出された田口泰士選手

サポーターからは「地元の誇りです!」という声があがっていました。

 

グランパス虹

↑こちらはキャンプ初日、練習場を訪れたときの1枚。

グラウンドには きれいな

今年のグランパスには、何か良いことが起こる予感がします^^

 

グランパスは、タイ&沖縄での充実のキャンプを経て

きょう20日からはトヨタスポーツセンターで練習。

 

開幕は3月7日。

初戦の相手は、話題の松本山雅FCです。

 

 

キッズ大喜び! サッカーを楽しもう!

1030

来たる3月7日、愛知県で

サッカーの

“グラスルーツフェスティバル”

開かれます。

 

グラスルーツ???

 

これは

grass=草、roots=根っこ ということで、

要は草の根活動ということ。

 

「グラスルーツサッカーは、
年齢、性別、体格、体形、レベル、国籍、信仰、人種に関わらず、
すべての人たちのためにある」もので、 どこでもでき、誰でも関われるもの。

つまり、初心者も参加OK! 気楽にサッカーを楽しめるんです!

 

今回は 愛知・岐阜・三重の小学校2年生、3年生を対象にした

サッカーを通じて 遊んで、学べるフェスティバル。

詳しくは「中京テレビ キッズサッカー」を検索!

 

★キッズサッカーフェスタ2015 in モリコロパーク★

2015年3月7日(土) 9:30~17:30

広告