宇野昌磨選手 アメリカへ

フィギュアスケートの宇野昌磨選手。

 

今シーズン、シニアデビューした宇野選手、

先日の「ジャパンオープン」では見事な演技を披露し

錚々たるメンバーの中で1位を取れたことに

「満足いく素晴らしい出来だった。練習してきたことを全て出せて嬉しい」と話し、

元同じクラブの先輩、浅田真央選手にも絶賛されました。

 

宇野選手をこの世界に誘った浅田選手、

「お母さん気分になりました。

 スケートを始めた時から知っていて成長するの早いなぁと思って…」

とも言っていましたよ。

 

20151019

そんな宇野選手、

今週月曜日、セントレアからアメリカに向けて出発しました。

今週行われる「グランプリシリーズ アメリカ大会」参戦のためです。

 

出発前、空港で意気込みを聞かれ

「1年目でこわいものはない。本当にやってやるぞ!という気持ち」

と力強く話した宇野選手。

2015101901_link1_0_news_if02

 

週明けには良い報告を期待したいですね!

 

 

浅田真央選手 さすが!!

先週土曜日、

フィギュアスケートの「ジャパン・オープン」が行われ

浅田真央選手が553日ぶりに

競技の場で演技を披露しました。

20151003_171909

 

 

前日練習でも好調だった浅田選手。

本番も…冒頭のトリプルアクセルを見事におりたほか

「蝶々夫人」を表現力たっぷりに演じきり、

ソチ五輪で出したフリーの自己ベストに迫る高得点をマーク。

さすがでした!

 

「ジャパン・オープン」は3地域対抗戦。

日本、北米、ヨーロッパから男女各2人が出場、

フリーの演技のみを行いその合計得点で争うチーム戦。

日本は女子シングルが、浅田真央、宮原知子が1,2フィニッシュ

男子もシニアデビューの宇野昌磨がダントツ1位と活躍し

総合で圧勝!

2年ぶりに1位の座を手に!

 

世界王者やソチ五輪金メダリストなど

錚々たるメンバーが揃った今回のジャパン・オープン。

その中でも日本人選手たち、シーズン初めから好調でした。

 

演技後の会見で、

「初戦としては多分、今までにないくらい良いが

 私の目標としては休養前の世界選手権。

 もっともっと上を目指せるということで自己採点は55点」

と話した浅田真央選手。

「今日の精神状態はとても良かった。次の試合に向けてのすごく良い演技だったと思う。」

「今回得たものは次の試合で必ず生きる」

とも話しました。

 

今回は試合ではフリースケーティング「蝶々夫人」のみの披露。

その後のショーでは、この夏「THE ICE」でも披露したエキシビションのほか

大歓声でのリクエストに応え、ショートプログラムも少しだけ披露した浅田選手。

ショート、フリー共を演じる

11月のグランプリシリーズ中国大会

ますます楽しみになりますね!

広告