2012年01月12日 21時51分

「東京駅」6・7番線間のゼロキロポスト。

こちらは「東京駅」6番線(京浜東北線)と7番線(東海道本線)の間にあるゼロキロポストです。

先回同様、如何にも本来のゼロキロポストとは異なる明らかに『モニュメント』風です。
「0」の台座となっている「台座」部分に「JR JUNE 23 1996」との刻印が読み取れ、平成8年6月23日に建立されたことは間違いなさそうですが、会社設立は昭和62年ですし、一体に何のモニュメントかは直ぐには分かりません。
でその後、結構自分としては調べたつもりですが、JR東日本のHPを含めその建立理由は見つけられませんでした。
私の努力不足と言うか力不足ですね。

このブログが「中京テレビの取材」の結果の“報道”であれば確実で詳細な情報が提供もできるのですが、何分、このブログは私の趣味ですのでご容赦ください。
(今シリーズは言い訳が多くて申し訳ありません)

それはさておき、台座の矢印が如何にも、「東京駅」が“日本の鉄道の起点”と主張しているようで面白く感じましたが皆さんは如何でしょうか?

(余談)
当たり前と言えば当たり前ですが、ゼロキロポストは東京駅のどの番線にあってもほぼ同じ位置にあります。

勾配標がセットになっていることからもそれが見て取れるのが面白いですね。

●撮影日…平成22年10月12日



ADVERTISEMENT

カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!