2012年01月29日 18時19分

南海電気鉄道・鋼索線(1)特急「こうや1号」。

今回から関西のケーブルカーです。以前にも中部・関西以西のケーブルカーについてこのブログで書いていますが、これで未紹介の各ケーブルカーについて全てUPし、私のケーブルカー“乗り歩き”は一旦終了です。

さてまずは南海電気鉄道・鋼索線です。一般的には「高野山ケーブル」ですが、正式には『高野山』の文字は線名には入っていません。

その高野山ケーブルに乗車したのは平成15年11月1日で、名古屋を6:40発の「のぞみ39号」で新大阪まで行き、大阪市営地下鉄御堂筋線に乗り継ぎ、南海難波(なんば)発8:10の特急「こうや1号」(今回の写真)に乗車。高野線の終点『極楽橋』を目指しました。
※ホームの行き先案内は「高野山」の文字が大きく、その横に小さく「極楽橋」と表示されていたのには、乗客サービスとしては至極当然と受け止められ、違和感はありませんでした。
実際、極楽橋で『下車』する乗客は殆どいないはずです。

参考までに南海電鉄のHPでも今回の私の目的である「高野山ケーブル」は、「鋼索線」(もしくは高野山ケーブル線)といった独立路線扱いされていません。
どういうことかと言えば、高野線の延長上に「ケーブルカー」と記載はされてはいるものの、高野線の終点「極楽橋」駅に発着する全列車が“直通”する形に掲載されています。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!