2012年01月31日 18時29分

南海電気鉄道・鋼索線(3)昭和54年の乗車券。

昭和54年10月13日は「『高野山詣で』に出かけた」と言いたいところですが、目的は南海高野線に乗車し「極楽橋駅」に行くこと。この頃『日本の鉄道全線乗破』に向け、まるで“修業”の如く休みになると鉄道に乗り続けていました。

この日と言うか、この前日の10月12日に家を出て、近江鉄道全線、近鉄伊賀線(今の伊賀鉄道)に乗車し、桜井駅の近くの宿で一泊。この日は近鉄吉野線に乗車した後、南海「橋本」12:59の電車で「極楽橋」を目指しました。(極楽橋着13:44)
その乗車券が最上段で、「橋本」~「極楽橋」間は220円でした。(わざわざ書くことも無いですね)
2段目が難波に抜けるために極楽橋で購入したもので、極楽橋発14:15の急行で難波着は15:54でした。

で、私は極楽橋での31分間の折り返しの間に3段目の極楽橋の入場券を購入し、更に最下段写真の乗車券を使ってケーブルカーで「高野山」との間を往復したのでしょうか?
否!であれば私は、平成15年にわざわざ高野山ケーブルカーまで来ることはありません。ではなぜこの乗車券があるのでしょう?
実は、極楽橋駅の駅員さんが、わざわざ“無効印”を押して私にくれたものです。
「極楽橋」まで来て、高野山に向かわず入場券を買って難波までの乗車券を買うという行動をするのは「鉄道マニア」くらいで、それを察してくれた駅員さんから1枚の乗車券が私の手元にやってきたのです。でも「君はケーブルカーに乗りにもう一度ここ(極楽橋)にやってくるよ。だからこのケーブルーの乗車券を1枚プレゼント」とその駅員さんが思っていたかどうかは定かではありません。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!