2013年10月31日 20時40分

N電No.2の今。

N電「貳第」号。(旧字の「2」の字が表示されない方、すいません)

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_151

品川燈台に置かれたNo.2。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_153

カラーコーンに取り囲まれているのが何故かよりものの哀れを感じさせます。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_161

雨ざらしのため痛みが進んでいます。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_162

明治村では今、蒸気機関車・京都市電動態展示募金を受け付けています。

2013年10月30日 20時36分

博物館明治村のN電。

博物館明治村の元京都市電。N電の方が通りが良いかもしれません。今も元気に村内を走っています。

1970_04_29明治村_1

と言ってもこの写真は平成25年ではありません。昭和45年(1970年)4月29日の撮影です。まずこの電車がNo.2で、今は動いていない電車です。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_137

平成25年10月26日のN電。N電の楽しみはこのポール回しにあるのですが、どうやらそう思っているのは私だけのようで、観光客で撮影していたのは私だけでした。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_138

トロリーホイールがトロリー線に接触する瞬間は一寸興奮します。本音では一寸どころではないですね。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_142

今動いているNo.1。運転士気分で写真を撮ってもらいました。(嬉)

2013年10月29日 20時22分

明治村蒸気機関車9号で撮り鉄気分。

蒸気機関車12号はそもそも動態保存車ではありませんでした。

1970_04_29明治村_3

1970年頃はこんな感じで、静態保存の雰囲気がバリバリです。よもやその後、これが動き出すとは夢にも思っていませんでした。それは良いとしても明治村の蒸気機関車列車はかって(昨年の復活以降ではなく、それ以前)乗車しているのですが、仕事だったのか写真は撮っていません。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_109

さて12号の『価値』は、ただそれが動くだけで『素晴らしい!』の一言ですが、個人的な好みとしては9号の方が好きです。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_120

この写真は何となくナローの森林鉄道っぽい感じに見えませんか?やっぱり私の単なる思い込み…。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_127

ともあれ単なる駅撮りなのですが、私はこの程度で結構満足していました。単純な神経の持ち主ですね。でも良いでしょ。分かる人には分かってもらえると信じています。

2013年10月28日 20時15分

明治村の蒸気機関車9号。

東京駅では12号は見当たりませんでしたが9号に火が入っていました。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_81

普段は非公開のこの機関車、特定の日に何度か公開になっているのですが、ここまでちゃんと走るとは思っても見ませんでした。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_96

ちゃんと煙を吐いていますし、何と大きく吹かした時には、蒸気に交じって石炭の燃えカスも大量(機関車が小さいので実際にはそれほどではありません)に吐き出しました。そのおかげで頭から水蒸気と黒い小さなツブツブの洗礼を受けたのですが、それだけで幸せな気分になってしまうのは何故でしょう?

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_91

私がSL東京駅にいたのは20分足らず(14:30~14:50頃)でしたが、その間、機回し線から本線と、何度も何度も往復していました。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_105

家族連れの方たちも熱心に記念写真を撮って戻られていきました。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_124

肝心の12号は車庫の中。どんな状態だったのでしょうか?

2013年10月27日 20時16分

明治村・蒸気機関車12号は臨時休業中。

10月17日(木)の大阪話しが全然進んでいないのですが、10月26日(土)の物館明治村を続けます。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_59トリミング

「SL名古屋駅」の時刻表の上の張り紙。「…運転を休止…」の文字。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_61

〔人影の見えない名古屋駅。〕

明治村に行った前日の25日(金)、明治村のHPには『蒸気機関車12号運休のご案内(10/25~)』が掲載されていました。その内容は・・・。

「10月24日の点検の際、車輌に不具合が見つかったため、緊急に修理を行います。

この修理に伴ないまして、当面の間、SL12号の運行を休止させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

なお、運行再開につきましては、運行開始日が決まり次第、ホームページにてご連絡させていただきます。」とありましたが現時点(27日午後8時)ではまだ修理が終わっていないようです。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_62

所在無げな3両の3等客車。

とまあそういう事でしたので、12号の様子を一応見て行こうと思い、車庫のあるSL東京駅を目指しました。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_68

六郷川鉄橋に静態保存されている尾西鉄道蒸気機関車1号を高台から見下ろしつつ足を速めます。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_70

明治村は仕事で何度も来ているのですが、いつも取材場所にピンポイントで出かけており、昨日の様に村内を一周したのは一体いつぶりでしょうか?

1970_04_29明治村_2

因みにこの写真は1970年(昭和45年)、高校の遠足で出かけた時の1号の写真。(2012年9月6日にUPした写真を再掲)

2013年10月26日 22時11分

「スギテツ」in明治村。

今日(10月26日)は「スギテツ」さんのコンサートが博物館明治村で開かれました。それも今回は「名鉄ブラスバンド部」の方たちとの共演。

2013_10_26明治村/スギテツ

この写真は2回あったコンサートの内、11:30からの1回目の模様で、実は私はこの時間に間に合っておらず、名古屋鉄道のUさんが撮影されたものをメールで送ってもらいました。

この回は、本当は「SL名古屋駅」で行われる予定だったのですが、台風の通過の影響を受け、「市電名古屋駅」に場所を変えてのコンサートとなりました。

で、私が明治村に到着したのは午後1時。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_56

取り敢えず13:30~の2回目のコンサート会場であった「聖ザビエル天主堂」に向かいました。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_73

中は荘厳そのもの。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_76

今回は「鉄」&「クラシックを遊ぶ音楽実験室」だけではなく、教会と言う場所に合わせて『クラシック』も選曲されており、生のピアノ・バイオリンの音色は、教会という建物の独特の反響と言うか余韻もあり、私は心安らかにしばしその空間の時の流れに酔っていました。

ところで今回のタイトルは「スギテツ コンサートwith名鉄ブラスバンド」。前半は「スギテツ」さんのお二人の演奏で、後半は名鉄ブラスバンド部の皆さんとの共演でした。その最初の曲は、中京競馬場で開催される「名鉄杯」の時に名鉄ブラスバンド部によって演奏される「(パノラマカーの)ミュージックホーン」をアレンジしたファンファーレ。私は初めて聞きました。良いですねえ。

2013_10_26しまかぜ~明治村(SL&N電)_77

演奏を終えた「スギテツ」さん。余裕が見えます。

来年の3月30日には名古屋市芸術創造センターでの『~クラシックで遊ぶ名曲選~スギテツ10周年記念ツアー』開催が決定しています。

2013年10月26日 20時06分

赤川鉄橋(赤川仮橋)のんびりと…、そしてウヤ?それとも。

午後2時から2時半過ぎにこの橋を通過する1092レと3082レ~5087レは、運転本数が少ないこの線にあって効率よく撮影できる2本とあって人気があるそうです。

その待ち時間の間は、天気が良ければ下流側の風景を撮影したり、

上流側の風景を撮影したり、

時には「鉄」の構造物から空を仰いだり、

大阪・伊丹空港に着陸する飛行機を眺めたり、

でも待てど暮らせど3082レ~5087レはその姿を見せず、午後3時を回ったところでギブアップ。

18連の美しいトラス橋を後にしました。それにしても1本だけでも撮影できたから良かったのですが、撮影できなかった人もいたのでは?

ウヤ(運休)になったのかそれとも前日(10月16日)の台風の影響による大幅遅れだったのかまでは分かりませんでした。

※ギブアップを決断したのは、橋の北端にいた大型機材を持ち込んでいたテレビクルーが撤収を始めたからです。

2013年10月25日 21時13分

赤川鉄橋(赤川仮橋)渡り初めそして渡り納め。

次の狙いは3082レ~5087レ(北海道・北旭川発百済貨物ターミナル行き、吹田貨物ターミナル発14:22)。ここには14:32頃に現れるはずです。

そこで橋の半ばで撮影すべく、赤川鉄橋(赤川仮橋)渡り初めそして渡り納めを始めました。

橋の北端から見た城東貨物線の線路。

約610メートルの距離感は長く感じます。それにしてもこの風景の素晴らしさは筆舌に尽くし難いものがありました。

2013年10月24日 21時07分

赤川鉄橋(赤川仮橋)貨物列車通過。

この瞬間を待っていました!

橋を渡る貨物列車の速度は思いのほか遅く、振り返って一枚。

もう一度橋の方を見て一枚。長大な貨物列車をこんなような手を伸ばせば届きそうな距離で見たのは初めての様な気がしました。

もう一度振り返って最後尾を見送り。

私は乗り鉄ですので、貨物線での撮影は生まれて初めてのこと。まして葬式鉄(とはちと違う?かな)に出かけたことは殆ど無い(無いとまでは言いませんが…)のですが、ここ赤川鉄橋だけは『併用橋』という珍しい形態のため、もう何十年も前から行ってみたいと思いつつなかなか行く機会がありませんでした。「渡れなくなる」が私を後押ししてくれました。

2013年10月23日 22時04分

赤川鉄橋(赤川仮橋)貨物列車との出会いの一瞬。

“大阪名物”「赤川鉄橋」の銘板は「赤川仮橋」となっていました。さてこの橋が有名なのは全国でも珍しい鉄道と歩行者の共用橋だからで、その風景を目指してこれまでも多くの「鉄」ちゃんを集めてきました。

「赤川鉄橋」=「淀川橋梁」は大河である「淀川」に架けられており、そもそも複線の線路が敷ける橋なのですが、これまではそこに単線の線路があっただけで、もう単線の部分を利用し、人(自転車を含む)が渡ることが出来るようになっていました。しかしこれまで貨物列車専用だったこの城東線は旅客列車も走る線として生まれ変わることになり、今月限りで「人の道」が閉ざされることになりました。

人が歩く部分を下から見たら板張り。大阪市交通局のHP「大阪ディープスポット(赤川鉄橋)を紹介します」によれば、昭和4年(1929年)からもう80年の歴史があるそうです。(検索でこのHPを見つけた時は笑えました)

さて14時頃近くなり、EF200-4が牽く1092レ(佐賀・鍋島発百済貨物ターミナル行き、吹田貨物ターミナル発13:50)が見え始めました。私のいた橋の南端だけでも20人近くの同業者+市民の方がおられ、橋の上に50人近くはいたような気がしました。平日(木曜日)の日中にも関わらず…。もっとも私もそこにいたのですから人のことは言えませんね。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2013年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!