2016年03月17日 20時34分

東日本大震災から5年!石巻線女川駅(2)「新」女川駅。

本日(3月17日)、天皇・皇后両陛下が女川町をご訪問され、町民の方たちと触れ合われるご様子をニュースで見ました。後述のシーパルピアを歩かれるお姿には本当に感動し、これをきっかけに女川に多くの人が訪れ、復興が更に進むことを願って止みません。

さて平成25年の9月28日。

浦宿駅から代行バスに乗り女川の町に到着。1時間半ほどの滞在時間の中で、かつては街並みがあった場所を歩きました。

2013_09_28女川3 2015 03 21復旧

女川町地域医療センターから港方面の俯瞰。

2013_09_28女川2 2015 03 21復旧

少し内陸側に目を移すとそこには震災遺構として保存することになった「女川交番」。(⇒の場所にあります)

2016_02_19 仙石東北ライン・女川_97

この2月19日に撮影した「女川交番」。その隠れ具合から盛土されたこのエリアを感じることが出来ます。

2013_09_28女川4 2015 03 21復旧

平成25年に戻って「新」女川駅のある辺り。今は復興工事が進んでおり、町の様子が変わっています。

2016_02_19 仙石東北ライン・女川_80

さて「新」女川駅に戻ります。駅前は整備が進んでおり、3月26日(土)には「女川町復興祭」が開催されるというとこで、当日は多くの人たちで賑わうことでしょう。また多くの人に是非、足を運んで欲しいという思いもあります。

2016_02_19 仙石東北ライン・女川_107

駅舎3階の展望フロアから見た女川の街。プロムナード(遊歩道)が整備され、今見えているのはテナント型の商業施設「シーパルピア女川」(昨年の12月23日にオープン)。様々な店があり、観光バスが到着すると人が行き交って良い感じ。

幟(のぼり)には「START! ONAGAW」「あたらしいスタートが世界一生まれる町へ。」と書かれており、復興への町の意気込みを感じさせます。

2016_02_19 仙石東北ライン・女川_101

女川名物「さんまパン」。さんまの香りはあまりないものの噛んでいると口の中で少しだけ海が広がります。賞味期限が意外と長く、家に持ち帰るつもりで買ったものの、東京に到着する前に私のお腹に納まってしまいました。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!