2017年05月14日 14時40分

ジュメイラ・モノレール(1)絶景の旅。

ドバイ・トラムのジュメイラ・パーム(Jumeirah Palm)駅からほど近い駅が起点のジュメイラ・モノレール(Palm Jumeirah Monorail)。

ゲートウェイ(Gateway)駅とアトランティス・アドベンチャー(Atlantis Aquaventure)を結んでいます。

モノレールの駅へは駐車場の中を通り抜けていきます。

そうすると突然、『モノレール』と『矢印』が書かれた看板が登場。従うしかない。

両開きのガラス扉の向こうがゲートウェイ駅。周りに人がいないので最後まで自分の進む道が正しいのかどうか不安だった。それにしても自動ドアを通り過ぎた瞬間は、確かにgateway(入口)。いえいえ、駅名の由来はこのドアのことではありません。

車両の写真はさておきまずはモノレールからの景色です。モノレールが走るのは世界最大の人工島/パーム・ジュメイラ( Palm Jumeirah)。「宇宙から見える人工島」として知られるようになったこの島ですが、前日にツアーの観光でも行ったものの、道路は地平と海中を走っており、島そのものの景観を楽しむには今一つ。で、この日(1月7日)に全線高架のモノレールに乗ることにした次第。

うっ、美しい。「人工物とは思えない」のか「人の手が作り出した究極」なのかはそれぞれの感想ですが、ヤシの木(Palm tree)を模して造られたのを実感できるモノレールからの眺望です。

モノレールから眺望のクライマックス。

超高級5星ホテルのアトランティス・ザ・パーム。この景色を楽しめるのはモノレールでこの地に到着した者だけ。同行者もモノレールに乗ったことを「プレミアムなドバイ」と納得してくれました。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!