2017年08月10日 20時06分

土佐電(11)続・昭和53年4月15日。

昭和53年4月15日の『乗りつぶしノート』。

伊野からは国鉄で高知駅まで戻り桟橋線の乗りつぶし。

40年前の桟橋通五丁目。

高知駅前に11:55に戻り、12:41の226レ高松行きに乗車しています。それにしても客車列車とは言え、高知から多度津までの所要時間は約5時間。参考までに今のダイヤと比較すると4232D高知発10:43に乗れば多度津着は14:46。

1時間の短縮となっているのはディーゼルカー効果もありそうです。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!