2017年09月09日 20時23分

昭和53年の伊予鉄道郊外電車

昭和53年(1978年)4月13日の伊予鉄道の高浜線、横河原線、郡中線に乗車。

この日、市内電車に乗車後、郊外電車を制覇しました。

最初に向かった高浜駅。折り返し時間が2分なのでこれが限界だったのでしょう。

なぜか伊予鉄道の郊外電車の写真は1枚も残っていない。多分、撮っていない。でも駅舎の写真だけはかろうじてある。横河原駅の写真はバスを楽しんで下さい。3分で折り返し。トホホ。

郡中港も3分折り返しゲーム感覚でただ乗るだけのある意味修行時代の私です。映画のポスターが懐かしいけど、このポスターに反応できるのは多分アラカン世代以上の方でしょう。

電車がかろうじて、しかもチラッとだけ写っている松山市駅。この写真はフィルスキャンを始めたころにデジタル化したモノで、何せスキャナーの性能に限界がありこれが精一杯で、何卒それを含みつつご覧いただきたいのですが、実は時刻表に松山から各地への航路の時刻表も掲出されています。その中には今は運航されていない岩国や尾道の名前を見られます。改めて時間の経過を感じます。

時間の経過と言えば、広島と松山の間に船ならぬ飛行機が飛んでいた時代があったのを知っている人ももうほとんどいないかも。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!