2018年03月13日 20時47分

台東~大武間で下見(1)台東の宿。

2018年(平成30年)2月24日(土)。台湾2日目。

この日は翌日のD51(DT668)の撮影に備え、非電化つまり電柱の無い南廻線(台東/Taitung駅~枋寮/Fangliao駅間)の撮影ポイントの下見。ところで鉄道写真の撮影で下見をするのは私にとって珍しいこと。もっとも番組を作っていた頃は、ほぼ下見(ロケハン/ロケーション・ハンティング -)を行った上で撮影に取り組んでいるので、単に撮影に力を注いでいなかっただけです。

さて今回の台東でのホテル。

中庭を取り囲むように部屋が配置されたお洒落なホテル。

きっとデザイナーがちゃんとしたコンセプトをもって取り組んだのでしょう。気持ちいい空間が広がっています。

ロビーの椅子は用が無くともつい座りたくなります。

バスルーム&トイレ。バスタブが無いのは良くある話なので構わないのですが、シャワーを使うとトイレの場所までビショビショになるのは慣れない。

ベッドはありません。少し高い位置にある台の上に布団が敷いてある感じです。因みに板の下の空間には荷物を入れることも出来ます。

※掛布団が乱れているのは使用後のため。

なおテレビや電話はありません。連泊時にホテルのスタッフが部屋に入り、掃除をすることやゴミが片付けられることもありません。タオルもそのまま。

しかし2泊で朝食付き7千円以下。場所が台湾であるにしてもこれはお得感あり。

必要にして十分、日本でもこのタイプのホテルがあればきっと泊まると思う。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!