2018年05月09日 20時17分

台鉄完乗への道/内湾線(7)DR1000型の乗降用ドアスイッチ。

新竹の街が近づいてきました。

田んぼに水が張られ春を感じさせます。もっとも台湾なので2月のこの光景は二期作ならではなのかも知れません。

16:26。間もなく竹中駅。右が台湾新幹線。左が六家線の高架線。そして私が乗っているのは内湾線の高架区間。その三角区間は日常風景。伊勢中川駅の三角線とはちと違う。

DR1000型の乗降用扉には車掌さんのドア扱いのためにスイッチがあります。日本なら特別な場合を除き、中間扉で車掌さんがドア扱いすることはないのですが、ここ台湾では日常の光景。

車掌さんの作業を凝視することはしていませんが、チラ見して「なるほど」。

16:27、竹中駅で下車。

列車はここから新竹方面に向かっていきました。と書いていて、内湾線の列車はどこまで行って折り返すのでしょう?これまで気にせずに乗っていましたが、この写真を撮っていたら気になり始めました。ただ時すでに遅し。新竹方面には向かっていれば確認でしたのですが、私はここから六家に向かいます。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!