2018年06月10日 15時05分

マチュピチュへの道(5)マチュピチュ駅に定時到着。

マチュピチュ駅到着は17:02。1時間25分の旅の始まり。乗車したのは4種類ある種別の内、「ビスタドーム」。914ミリのナローゲージにしてはゆったりした座席でティータイム。

ところで標高が下がってきたとはいえ、多分、軽い高山病の症状がある感じ。もっとも頭がフワフワする程度で、歩きさえしなければ何とか大丈夫でした。

途中の信号所(駅とは思えないので…)で交換。後で知ったのですが、オリャンタイタンボ駅~マチュピチュ駅間は、ペルーレイルとインカレイルの2社が運航しており、思ったよりというか勝手に思い込んでいた本数よりも多く、この時も途中で続行運転の2列車と行き違ったりしています。

渓谷美を楽しみつつ列車は標高を下げていく。

折角屋根に窓がついているのに雨模様。

ところで先に書いたバックパッカーのツワモノの経費節約話ですが、オリャンタイタンボからマチュピチュまで40キロ超の距離を線路に沿って歩く人もいるそうで、実際に女性の2人連れが歩いているのに遭遇し、「マジか!」と驚く。(その2人連れの写真はありません)

大きな荷物を背負って歩くことは、若い時の私でも出来ない。

マチュピチュ駅にほぼ定時で到着。何となく「遅れる」イメージを持っていたのでそれは撤回。そして反省。

マチュピチュ駅からの戻りも定時運行でした。

(余談)

ペルーでよく飲んでいたコカ茶。コカの葉を使ったハーブティーの1種だと思って下さい。これ実は、日本では飲めません。コカの葉はコカイン(麻酔薬、麻薬)の原料のため、ペルーではティーバッグも売られているものの日本には持込禁止です。高山病の症状を緩和するとも言われており、私は毎日愛飲。風味が良く、体のために我慢しつつ飲むということはありませんでした。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!