2018年02月01日 17時15分

2月1日、DF200がいよいよ登場。

本社がささしまに移転してほぼ日課となっているのがネットでの「ささしまライブ」駅を通過する貨物列車のチェック。最近は2月4日(日)に「チュウキョ~くんの鉄道フェスタ」もあるのでそのネタ探しでもあったりしました。

そうしたら今日の5282レ(四日市~松本)のところにDF200-216と出ていたので、昼休みにその撮影。

今日は会社の中からではなく、あおなみ線「ささしまライブ」駅横の超有名撮影スポットへ。4個のヘッドライトが遠くに見えた時の感想は…。一言では書けない。建物の中からではいつ来るかは通過の直前でないと分からないので寒さに負けず徒歩2分。

試運転からはや1年数か月。どうも今日から定期で走るようです。本日のこの場所での撮影者は私を入れて5名。1週間ほど前にDE10と連結されて走るDF200を見かけているので、そろそろかなという感じはしていました。

2016年10月1日の関西本線の試運転。人で溢れかえる撮影地を生まれて初めて体験したのがこの列車でした。

こちらは2016年6月12日の函館本線野田生駅。北の大地が似合うと思っていたDF200形でしたが、名古屋にもこの「赤」は似合いそうです。

2017年12月10日 14時44分

奥飛騨名物/ガッタンゴー(4)「君の名は。」と「笹すし」。

11月3日の昼食。JR東海の在来線では車内販売がありません。そのため、往路では1715C(美濃太田発下呂行き)で11:18に下呂駅到着後、乗継の25D「特急ひだ5号」が出発する11:33までの15分間が昼食を調達するチャンス。

こう書くと大仰な感じですが、下呂駅では駅弁の販売はなく、駅近くにコンビニもありません。そこまでは承知の上でとにもかくにも駅外に出てみるも、周りには見事にお土産屋さんしかない。そこで“飯もの”は無いにしても何か食べるものはあるだろうと足を踏み入れたところ、「特急ひだでは車内販売なし」の売り文句で売っていたこの「笹すし」を購入できました。地元の名物ではあるもののお土産屋さんはさすがに承知しているのだ。

 

素朴な笹すし。もう少し身が大きいといいなあと毎度思う。

久々野を出て分水嶺である宮トンネルを抜け、飛騨一ノ宮駅を目指して下ってゆく。車窓にこの風景が見えると『飛騨』に来た実感が湧きます。勿論、それまでも『飛騨』を走ってきてはいるのですが…。一方、名古屋に帰る時は「さようなら、飛騨。」という気分になります。

駅舎が新しくなった高山を通り過ぎ、飛騨古川着は12:42。

まず目指すはこの跨線橋。

お立ち台には先客あり。そして私も含め、結構な入れ代わり立ち代わり。鉄道ではなく、車で来ている人も多いのでしょう。

映画「君の名は。」を見た時に不覚にも目頭を押さえたことを思い出しつつ…。というか映画を見た時に、どうしてこの角度の映像なのだろうと思っていたら、こんな橋が出来ていたとは平成29年の1月まで知りませんでした。

この貼り紙に納得。

2017年12月09日 14時42分

奥飛騨名物/ガッタンゴー(3)下呂駅。

飛騨金山~焼石間。

ここ飛騨金山~下呂間の渓谷は中山七里とも呼ばれ、飛騨川に沿って走る高山本線の車窓のハイライトだと私は思っています。かつての国鉄時代、急行や特急では、中山七里の景観を紹介する案内放送もありましたが、今はどうなのでしょう?ワンマンの普通列車ではそうした案内放送がないことを今回、確認しました。帰りの特急列車では、、、寝ていました。

4715Cの下呂着は11:18。普通列車の旅はここまで。ここからは「ひだ5号」(名古屋発飛騨古川行き)に乗車(下呂発11:33)し、先を急ぎます。

何せ次の普通列車は13:56発。それではこの日のガッタンゴーの出発に間に合いません。

駅を出てしばし散策。

多分、25年は降り立っていない下呂駅。プライベートでも仕事でも、そもそも鉄道で来たことが殆どない。

15年ほど前に下呂の温泉旅館から生中継したのは覚えているが、移動は往復とも会社のマイクロバスだった。確実に下車したのはキハ85系が運用を始めて暫くの頃、知人から「キハ85系で行く下呂温泉で昼の宴会」に誘われて以来だと思う。

ということもあって、これがその当時にあったとしても覚えていないのもむべなるかな。でもこうしたオブジェは観光地の入り口としては良いと思う。

さて閑散期より2両増結で9両編成の「ひだ6号」。下呂で乗客が入れ替わることを見通し、珍しく自由席に乗車。2/3程度の席が埋まっており、海外からの旅行者もいてインターナショナルな車内。

2017年12月08日 20時41分

奥飛騨名物/ガッタンゴー(2)下油井駅。

さて鵜沼から下呂までは普通列車で移動し、そこから特急に乗り換え「君の名は。」の駅に向かいます。

鵜沼発9:32の美濃太田行き3709Dに乗り、続いて美濃太田9:57発の4715C下呂行きに乗車(写真の左側の車両)。キハ25形のクロスシート車。ロングシートだったら風情に欠けるとか(勝手に)思っていたので、ホッとしたというのが本心です。

長良川鉄道は最近、乗っていないなあ。1月から『観光列車「ながら」×岐阜舞妓のおもてなしで極上旅』というイベント列車があるようで、興味はあるもののまだ予定が立たない。

下油井着10:35で発は10:50。ここで2本の列車と交換。まずは4712C(下呂発美濃太田行き)。10:38に到着。

山間(やまあい)の駅で普通列車同士が行違う風景も、キハ25形、75形と言った3扉車の時代が来るとはほんの数年前までは思いもしませんでした。

ちょっと暇になったので自撮り。

続いて「ひだ6号」(富山発名古屋行き)の登場。参考までに先発の4712Cは白川口で15分停車し、「ひだ6号」に道を譲ります。高山本線は駅の交換設備は勿論、信号所も廃止になってはおらず、それでも長時間停車があるというのは考え方によっては単線の典型と言えます。

それにしても列車番号の「****C」の「C」というのはまだ馴染めない。その内に慣れるとは思うけど…。

2017年10月17日 20時36分

英国からのお客さま@豊橋(4)乗り鉄。

この日、24名の参加者の内2名から、豊橋駅から豊川駅までJR飯田線に乗り、その後名鉄豊川線の豊川稲荷から国府経由で豊橋に戻る乗り鉄に出かけたいとのリクエストがあり、それのアテンドもしました。

まずは豊橋駅から飯田線に乗車。(「JAPAN RAIL PASS」を利用)

名鉄豊川稲荷駅に移動。ここからは鉄道パスが使えないので切符は自動券売機での購入ですが、「豊橋」という漢字は読めないので、路線図で豊橋駅の位置を示し、料金を伝えました。また紙幣を入れる場所に少し戸惑ったようでしたが、海外では紙幣の使える自動券売機は少数派かも?

乗車する電車を撮影して乗り込みます。

英語の地図を参考に、1時間程度でこうしたルートが取れるだろうと考えての行程とのことでしたが、まあ少し時間があれば、私もそうしたことをやっている訳で、私にとっても楽しい時間を過ごすことが出来た次第。

2017年08月29日 15時19分

JR東海の軌陸車

今日(8月29日)の昼下がり。12時15分頃。

会社から下の線路を見ていたら、何と軌陸車が走っていく。

毎度様々な車両を見ているので、何が来てもそれほど驚かないがさすがにこれは別格。

クレーン車を挟んだ堂々の3両編成。(クレーン車は台車に乗せられているようでした)

留置線でストップ。

何が始まるかと思いきやいきなりクレーンを延ばし始めた。

そして線路に沿って置いてあった架線ビームを吊り上げ、どうやらそれを設置する模様。

ほぼ毎日見ている風景にも関わらず、ここに架線柱が建っていたとは気付いていなかった。

ここまでで私の時間切れ。昼間に軌陸車が動く(仕事をする)姿を見たのは間違いなく初めて。

ひょっとするとこの留置線を電化するのかな?それにしてはこの場所から名古屋駅方面に架線柱は今のところ見当たらず、詳細は不明。いやあ驚きました。

2017年07月26日 22時28分

名古屋港で遊覧船に乗る(4)ミャンマーに行くはずが…。

名古屋港で遊覧船に乗った理由。それはミャンマーに輸出される予定だったにも関わらず、金城ふ頭に1年以上置きっ放しになっている元JR東海のキハ40系、キハ11形の所在確認。

たまたま1週間前、偶然この航路に乗船した知人から「思ったより間近で見る事ができた」との情報をもらい、早速確認に出かけたのです。

総勢15両。

この場所は遊覧船の終点「金城ふ頭」の比較的近くです。もっとも船は近いところを通るといっても航路なのでそこそこ離れています。撮影には望遠レンズが必須です。

今回はこの撮影がメインの目的とは言え、久しぶりに名古屋港を周遊することが出来て充実した20分間でした。

あおなみ線金城ふ頭駅から見た留め置かれている車両たち。知っていれば「おっ!」と気付きますが、知らなければそのまま通り過ぎそうです。いずれにしても一体いつまでこの状態が続くのでしょうか?

2016年11月25日のミャンマー/ヤンゴンで撮影した1枚。こんな日が訪れるのを願うばかり。

2017年07月23日 20時54分

名古屋港で遊覧船に乗る(1)名古屋臨海鉄道の休止線。

昨日(7月22日)は名古屋港の遊覧船・名古屋港トリトンライン(名古屋港水上バス)に乗りに行きました。その心はまた後日ということにしてまず向かったのは「金城ふ頭」行きの起点の「名古屋港」ではなく「ブルーボネット」。市バスでは「ワイルドフラワーガーデン」が最寄りバス停なのですが、因みにここにある施設名は「名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット」です。

10:25着。「名古屋港」ではなくここにやってきた理由は、名古屋臨海鉄道の汐見町線(現在は休止線)を久しぶりというか数十年ぶりに見ること。

バス停直近の歩道橋から東港駅(笠寺駅)方面を見下ろしてみる。線路は草で覆われ都会の秘境。

橋がそこだけ鉄道を主張している。

西側を見ればヤードが広がっているもののどんどん自然に戻りつつある。ここは本当に名古屋???と思ったりして。寂寞たる都会の別世界。

ほとんど廃線状態。

そう言えばどうして廃止ではなく休止なのだろう?

敢えてこんな写真を撮ったりして。昭和55年ごろにこの汐見町線を仕事で撮影した記憶あり。落差が大き過ぎて感想が出てこない。

2016年12月03日 17時20分

名古屋貨物ターミナル駅(5)JR貨物の記念品(ノベルティー)。

2016_11_09 名古屋貨物ターミナル 20

JR貨物さんへの来客への記念品。まずはクリアファイルの数々。現役機関車の大集合。

今の時期、このエリアの注目はやっぱりDF200形式ですね。

2016_10_01 DF200 試運転3

つい先日UPした関西本白鳥信号場の写真の再掲です。

2016_11_09 名古屋貨物ターミナル 21

何故か嬉しいEF66。

登場時にその後、特急旅客列車を牽引するようになるとは思っていませんでした。

1970_-3_31呉線&広島機関区 (4)

この写真は1970年(昭和45年)に広島機関区の構内でC59、C62を撮影した時のもので、特急貨物の先頭に立つ雄姿に感動したものです。

2016_11_09 名古屋貨物ターミナル 22

最後にEF210のUSBメモリー。最近、貨物を牽く大型機関車にも心を奪われて私です。(あまりに個人的なことですいません。)

2016年12月02日 17時17分

名古屋貨物ターミナル駅(4)3キロポスト。

八幡信号場の近くには2つの3キロポストがあります。

2016_11_09 名古屋貨物ターミナル 14

一つは信号場からすぐの場所。

2016_11_09 名古屋貨物ターミナル 11

キロポストの下部に黒い帯があるのが特徴です。

2016_11_09 名古屋貨物ターミナル 12

そこから数分歩いたところにあるもう一つの3キロポスト。

2016_11_09 名古屋貨物ターミナル 13

こちらには黒い帯が入っていません。

この違いはかつて今の笹島駅の地に名古屋駅があった頃の名残だそうで、名古屋駅が今の場所に移転した際に距離が変わったのですが、キロポストはそのままになっているそうです。

知らない歴史をお聞きするのは本当に楽しい。ただこれを見ることは安全上の理由もあって公開されないのが残念です。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!