2018年05月06日 15時13分

台鉄完乗への道/内湾線(5)新設の転車台。

確か去年完成した転車台。(私の記憶間違いでしたらすいません)狭い場所を最大限活かして作った感じ。

蒸気機関車が牽く観光列車を走らせることを目指していると聞きましたが、完成後に何回この転車台が使われたのでしょう?台鉄の幹線である縦貫線新竹駅からここ内湾駅までは、ローカル列車で片道約1時間。台北から日帰りで来るには良い距離でしょう。

良く分かっていませんが、内湾駅と転車台を結ぶ道路で見かけた小学校?の入り口。蒸気機関車がモチーフになっているのは多分、間違いない。

内湾駅に戻る。15:47発なので滞在時間わずか13分。我ながら時間の使い方が趣味に偏りすぎ。転車台までは走って往復。何をやっているのやら。

DR1000型のトイレ。日本のローカル列車ではトイレがついていない車両も珍しくありませんが、ちゃんと車椅子対応の設備がついています。

1両(単行)での運転が可能なこの形式。椅子の奥に何かを入れる箱があるのですが、この箱に座っている方をよく見かける“台湾”鉄道事情。

2018年05月05日 15時11分

台鉄完乗への道/内湾線(4)内湾駅に到着。

平成30年(2018年)2月26日(月)15:34、定時に内湾/Neiwan駅到着。これで内湾線を全線乗車。以前にも乗りたいと思っていた時期はあるのですが、六家線の工事に伴う内湾線の休業期間があり、なかなか思いは遂げられませんでした。

内湾駅の先に線路は続いています。そこには蒸気機関車の運転用時に使用する転車台が新設されています。大井川鐡道の新金谷駅と同様でしょう。

内湾の街は想像とは違って観光地でした。ネットで調べると確かにここは観光地。台湾の支線である平渓線や集集線で終点や途中駅が観光地となっているのはこれまで見てきましたが、ここも人が集まるエリアなのですね。

内湾駅の前は工事中。駅と商店街には標高差があり、スロープを使って上り下りを楽に行えるようにしていると思えましたがさて如何?

こうした風情は台湾らしさを感じ、時間はあればゆっくりしたいと思いましたが、今回は時間がない。残念。

2018年05月04日 15時09分

台鉄完乗への道/内湾線(3)合興駅は愛情駅。

15:25、合興/Hexing駅。信号扱い所があるので、かつてはそれなりの規模だったのでしょう。

ネット情報では『愛情』駅の愛称があり、観光地となっているそうです。平日の月曜日にも関わらず確かに観光客を多く見かけました。以前は貨物の積み出しが行われるスイッチバック式の駅で、それは実際にこの駅を通ると分かります。

旧型客車はカフェ?のようです。明知鉄道山岡駅にある森の列車カフェを思い出していました。

時間があれば再訪しても良さそう。

2018年05月03日 15時08分

台鉄完乗への道/内湾線(2)竹東駅。

内湾線竹東/Zhudong駅。交換可能駅。

対向列車をしばし待つ。私のこれまでの勝手なイメージですが、内湾線は新竹を出てから終点の内湾まで田園風景~山の中を行くものだと思い込んでいました。この竹東は市街地で、それはこの写真からも分かります。

しかし列車はのんびりとした感じゆっくりと近づいてくる。

これぞローカル列車です。

右側が内湾行きで15:10発。左側が竹中行きで15:12発。1時間に1回、ここで交換。

車窓。この風景だけを見ればここが台湾なのか日本なのかわからない。

2018年05月02日 15時03分

台鉄完乗への道/内湾線(1)まずは竹中へ。

平成30年(2018年)2月26日、さてここからまずは在来線乗り鉄。

これから

1)縦貫線台南/Tainan駅~縦貫線中洲/Zhongzhou駅~沙崙線沙崙Shalun駅

2)台湾高鐵(台湾新幹線)台南/Tainan駅~台湾高鐵新竹/Hsinchu

3)六家線六家/Liujia駅~竹中/Zhuzhong駅

4)内湾線竹中/Zhuzhong駅~内湾/Neiwan駅

以上の4列車を乗り継ぎます。

で、この4)がまだ乗っていない区間です。

台鉄(在来線)から高鐵(新幹線)台南への乗換駅である沙崙駅で見かけたポスター。姉妹鉄道である「台湾鉄道」と「近畿日本鉄道」の写真コンテストの募集ポスター。5月20日まで応募できますので我こそはという方は参加されては如何でしょうか?ただ応募要項を読むと応募した段階で写真の著作権が主催者に移転する条件となっており、撮影した自分が自由に使えなくなるのでご注意を。もっとも撮影者が主催者に使用申請をすれば、よほどのことがない限り使用許可は出るような気もします?

ところでふと思ったのが、著作権の存続期間。個人が撮影したものは死後50年ですから今回の応募作品を、主催者は今後100年近くは管理する必要がありそうで、それはそれで大変そう。

台鉄六家線六家駅。14:29発新竹行きに乗車。

竹中に14:33着。

竹中14:52発内湾行き。いざ未乗区間に突入。初めて乗る路線というのは、もう数え切れないほど経験しているのですが、毎度わくわくどきどき。

2018年05月01日 15時00分

DT668の回送を狙う@台南駅(4)汽笛一声。

ホームにいた台湾の鉄ちゃんが、前の駅を通過したよ!と教えてくれてスタンバイ。ツイッターにOO通過の情報が上がっているようで、世界中どこへ行っても情報の更新は早い。そして同好の士の連帯感に感謝です。

DT668は11:19台南駅通過。

私は場所が分かる「台南」の駅名標+給水塔狙いにしました。蒸気機関車に似合う駅名標がそこにあったからと言えますが、駅が地下化されればこの風景ともおさらばです。ところでホームの駅名標が線路に直角に設置されている例を日本では知りません。もっとも台湾でも他にあったっけ?

連写。

振り返って最後の一枚。これで台湾のD51とも(しばし?)の別れです。写真で見て分かるようにDT668には火が入っており、何と通過の際に汽笛一声。感動。

本当は、お約束で撮影しただけのE1000型自強号。改めて見ていたら「風の谷のナウシカ」に出てくる「蟲」の顔に似ていると思ったので…。

2018年04月30日 14時48分

DT668の回送を狙う@台南駅(3)EMU600型。

さてDT668の通過予定時間が近づいてきたのでホームに戻る。

車掌さんの交代風景。乗務員扉がないためお客さんが使う乗降用のドアから出入りされていますが、私にとっては慣れない風景。所変われば品変わる。

最新の電車と古典とも言える給水塔のツーショット。因みに給水塔の手前にいるのは同好の士。

EMU600型も登場から随分経ち、ちょっと疲れ始めた感じ。ただ台湾の普通「電車」と言えば私の中ではこのデザインです!と断言。もっとも同じEMUでも400、500、600の違いは撮影後に車体番号を確認しないと私には区別出来ません。

風格のある駅に停車中の電車。昭和の駅舎には昭和の電車が似合うとは日本で時折思っていることですが、このちょっと武骨な感じさえする一連の形式ならば結構ありだと個人的な感想。

2018年04月29日 14時46分

DT668の回送を狙う@台南駅(2)昭和の駅舎。

駅名標と旗とデジタル時計のある今の台南駅。そう言えばかつて駅のシンボルだった円形のアナログ時計。今はあっても少数派でしょう。

駅舎は台鉄のHPによれば1936年〈昭和11年〉3月竣工。特色は「近代折衷式樣風格」とあり、これはなるほど納得。

駅前を見る。

駅の正面入口。

とても立派な「無菸車站」の看板。「菸」を辞書で引くと「煙」らしいのだが、「禁煙」ですか?

駅の窓口にあった便條紙。筆談するために置かれているようです。因みに便條紙=ノートでした。

2018年04月28日 14時42分

DT668の回送を狙う@台南駅(1)蒸気機関車時代の給水塔。

今日からゴールデンウィーク!ですが、このブログは通常運行です。私個人としては5月5日(土)に丸栄の「第15回鉄道模型展」に行くのは決定していますが、このイベント、来年はどうなるのでしょうか?私は模型鉄ではないので、毎年行っていたわけではありませんが、今回が最後かと思うとやはり淋しい。

2月23日(金)に始まった今回の台湾/鉄道の旅。25日(日)に主たる目的は終えているもののそれで直ぐに帰国とならず、27日(火)に帰国することに。

その理由は

1)台湾新幹線を完乗する。

2)台湾鉄路管理局(台鉄)の未乗区間2線区を乗り、完乗するという目的達成のため。

で、その前にDT668の彰化機務段(彰化機関区)への戻しの回送を撮影すべく台南へ。自強号の乗車券は当日購入。立ち席とならず一安心。

台南駅にはほぼ定時で到着。ホームの屋根が何とも懐かしい風情。日本でも少し前まではどこでも見られましたが、これだけの規模の駅ともなると最近はあまり見かけないと思う。

画面の中央にあるコンクリート製の“構造物”は蒸気機関車時代の名残の給水塔。今回、トラベルライターの白川淳さんに教えてもらいました。今も残っているのですね。

台南駅でも地下化工事が始まっています。昨年の11月に始まり、完成は2021年の予定。

工事を行うための壁には工事についての案内とともにかつての姿の写真も展示されていました。もっとも「かつて」と言っても、今も現役の駅舎です。

2018年04月27日 14時40分

台湾/高雄駅にて。

タクシー移動で高雄駅到着。台湾はどこでもタクシーが使いやすいので、高雄に限らず有効利用しています。

さて到着した高雄駅の地下化工事は着々と進んでおり、この風景もあと少し。今回が見納めかな?この感想はほとんど日本国内の鉄道と同感覚。何度も利用しているが故ですね。

ところで高雄駅の北側と南側(が正面です)は、一般の道路で行こうとするともの凄く大回りで、また時間がかかります。そのため、入場券(月台票)を買わずとも高雄駅構内を無料で行き来できるようになっています。その案内自体は前からあったのですが、今回、日本語、ベトナム語、インドネシア語の案内を発見。インターナショナルですね。

その日本語の案内。「駅」が「驛」なのはご愛嬌として、多分、初めてここに来てこれを読んでも理解できそう。

2008年に初めて高雄駅の北側に宿泊した時にはこうした案内はなく、そもそも無料通行が出来たかも不明。そして「月台票」を買おうにもそんな用語を記したガイドブックは存在せず、片言の英語で「ホームを通り北側に行きたい」と説明し、やっとこさで通り抜けた記憶あり。当時、「ホーム」が「月台」は分かっていた記憶がありますが、日本語の感覚で「駅の構内に入る」ことをどう分かってもらおうかと苦戦し、「ホームに入る」という説明が思いつきませんでした。

地下駅となった時の新駅舎。その全容が分かるようになってきました。

一方で、台湾南部の屏東線(潮州~枋寮)、南廻線(枋寮~台東)電化工事による夜間運休、バス代行の案内。

※屏東線の内、高雄~潮州間は電化済み。

その地図を見て、前日私たちが移動してきた行程を再確認。全ての駅名があるので分かりやすい。宜しければこれを参照して2月25日にどの辺で撮影していたかを照らし合わせてみて下さい。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!