2017年04月24日 20時23分

今宵も楽しい鉄呑み会。

2人旅のはずがグラスが3つ。今宵も楽しい鉄呑み会。

最初に来たのは茹でたエビ。結局、もう一皿追加。

見たことのない貝。

イカ炒め。

カキも良いですね。

唐揚げ。絶品。

考えてみれば、いや考えなくても高雄は海に面しています。これまでどうして海鮮料理に気づかなかったのだろう?

高雄にまた来ることがあれば、一晩はこの島で楽しみたい。

(余談)

ここのフェリーは、高雄MRTのICカードが使えます。つまり市内の交通ネットワークに組み込まれているという証ですね。

とはいうものの高雄駅前のホテルにはフェリー乗り場からタクシーに乗車。自転車を漕ぎ疲れ、地下鉄に乗って帰る余力なし。

2017年04月23日 20時20分

台湾/高雄の海鮮食堂。

下船したそこはまるで夜市。

台湾らしい廟もあります。

果物を売るお店。

さて本命。お店の前に魚を並べ、その魚を食堂で調理して食べるスタイル。

こうしたお店が軒を連ねており、私にとってこうしたパターンは台湾では初。

この白魚。フライにしてもらいましたが、ビールに合うあう。

2017年04月22日 20時17分

高雄港から船に乗って夕食の旅。

台湾の鉄道夕景。工夫が凝らされています。必見です。

写真はありませんが、ここ哈瑪星台灣鐵道館では今年(2017年)6月末まで横浜市の原鉄道模型博物館の収蔵の模型を展示しています。模型を作った原信太郎氏はかつて何度も台湾を訪れており、1968年(昭和43年)の台湾を撮影した16ミリの映画はDVD化もされています。

最新の高雄LRTも走っています。

地下にはMRTも走っており、芸が細かい。

さて夕食は合流した鉄友(挨拶が済めばその方は私にとって鉄友です)の提案で旗津島へ。

MRT西子灣駅から徒歩5分ほどでフェリー乗り場。

この可愛いフェリーに乗船。

船から見る街の夜景ってどうしてこうも胸を締め付けるのだろう。なんてね。乗船時間はたったの5分。この島には本土から橋もあるのですが、市街地が島の端っこにあるため、本土(?)と旗津島とはフェリーが交通機関の主役です。

2017年04月21日 20時15分

哈瑪星台灣鐵道館。

哈瑪星台灣鐵道館。哈瑪星=「はません」と読みそうです。高雄MRT西子灣駅が最寄り駅だったので、打狗鉄道故事館と一網打尽にしました。何せ夜の8時まで開館しており、メインの鉄活終了後、夕食前にもう一鉄活にはピッタリ!

高雄市立歴史博物館が運営する鉄道模型等を展示する博物館で昨年(2016年)の7月3日に開館しました。

博物館の前にはミニトレインも走り、気分を盛り上げてくれます。

この蒸気機関車の動輪は回ります!

ここの最大の目玉はアジア最大級と言われる「台湾の鉄道」を再現したHOゲージのジオラマ。

この地、高雄港を始め、地上駅時代の台北駅のみならず台湾の各地の駅も再現されており、恐らく4~50代以上の方には懐かしい風景が広がっているのではないでしょうか?勿論、今、現役の駅もあります。

台湾の鉄道の歴史を知らなくても、ただ列車の走る姿を見ているだけで時間が過ぎて行きます。

阿里山森林鉄道のスパイラル線もありました。模型とは言えここを走る車両には思わず「頑張れ!」と声をかけたくなりました。とは…少し、話を作ってしまいました。反省。

2017年04月20日 20時12分

高雄LRT建設中。

高雄LRTの現在の終点/高雄展覧館から西方向に向かっての延伸工事が急ピッチで進められています。それがここMRT西子灣駅/旧・高雄港駅界隈です。

路面電車の工事はこうして進められるのだ!という勉強中。

高雄港駅の側線群を横切るかの如く。

LRTの工事現場を過ぎるとそこは広い公園。

台湾総督府鉄道50形蒸気機関車。

CK58。

さて高雄港駅(打狗鉄道故事館)を起点にこの公園まで来たのには理由があります。それはまた明日。

2017年04月19日 20時09分

高雄港駅(打狗鉄道故事館)。

MRT文化中心駅から西子灣駅に移動。

その駅直近にかつての高雄港駅があります。

そしてその駅舎はそのまま鉄道資料館/打狗鉄道故事館となっています。「打狗」というのはここ高雄港駅の開業時の名前で、その後「高雄」に改称され、更に「高雄港」駅となっており、そもそもの話ですがここが高雄の鉄道の始まりでした。

構内に展示されているDT609。日本の9600形です。

2010年にこの施設がオープンして以来、行こうと思えばいつでも行けると思っていたものの今回、やっと来ることが出来ました。

もっとも今回も南廻線/太麻里に行っていたら、きっと来ることは無かったでしょう。と言いつつそれを高雄にまた来る言い訳にしたかも知れません。

旧高雄港駅の広大なヤード(操車場)。

2017年04月18日 20時58分

高雄の職員輸送列車

2月10日、虎尾糖廠への撮影行から高雄に戻り、今回も台湾鉄道の工場職員の輸送列車(高雄駅~高雄工場、朝夕に1日2往復)を撮影。違いは、先回は朝だったのが、今回は夕方であること。

※16:19~撮影

高雄駅発は時間的に間に合わないかな?と思っていましたが、MRT文化中心駅近くの踏切でギリギリセーフ。

名古屋市の人口が230万人に対し、高雄市の人口は270万人。単純比較はしない方が良いのかもしれませんが、例えて言うなら金山辺りの国道19号線に踏切があり、機関車+青色客車1両の超シンプルな列車がそこを通り過ぎてゆくというイメージ。

※16:46~撮影

昨年の4月18日にUPしたこの列車を撮影した場所と多分、同じ場所。

違いはここで今回の同行者の友人が合流したこと。

海外に進出する鉄道愛好家が確実にいるということです。

2017年04月17日 20時15分

虎尾糖廠/シュガートレインが走る。

今日は虎尾糖廠のシュガートレインの動画。

2月9日と10日に撮影した3本の動画を編集で1本に繋いでいます。

3本目はシュガートレインの最後の貨車が通り過ぎるまでをノー編集でご覧いただきます。

※トータルで1分53秒あります

2017年04月16日 16時52分

台湾/虎尾糖廠(12)さらば虎尾のシュガートレイン。

※13:37~撮影。

そろそろお暇する時間も近づいていたので、市街地の踏切で撮影。

台湾らしさを意識してみました。

虎尾駅の中はこんな感じ。

駅のホームから見た虎尾糖廠。

高鐵雲林発14:41に乗車。佐営着は15:25。

今日も今日とて車内で遅めのお昼ご飯。安くて旨い!

さて2日間通ったので、状況はほぼ分かりました。時期によりというより、その日の作業状況で柔軟に運用されていると思います。

虎尾糖廠を出る時間は比較的定まっている感じですが、戻り時間は読めません。

また雨や雨の翌日は、刈り取り作業の都合で運転されないと聞いています。現場を見て納得です。

かつてここを訪ねた強者はバスで移動とかもしていますが、タクシー代がそれほど高くないので少なくとも高鐵雲林~虎尾、台湾鉄道斗南~虎尾はタクシー利用が圧倒的に便利です。一方で、言葉の問題もあるので、撮影地にタクシーで向かう場合は、印刷した地図を持っていくことをお勧めします。

レンタサイクルですが、時間に余裕があれば一番お気楽です。ただ一番奥の積込所までは市街地から10キロを超えるので、ママチャリではきついと思います。

撮影に適した場所の周りに何もお店がありません。最低限、水は持っていくのは必須です。

今回の心残りは新幹線+シュガートレインの2ショットが撮影できなかったこと。ただ、これを撮影出来たら一生分の運を使う覚悟が必要かもしれません。

このブログを書いている4月は、ここ虎尾のシュガートレインは既に今シーズンの運転を終えています。

来年もこの地に立てること祈るばかりです。

2017年04月15日 20時50分

台湾/虎尾糖廠(11)レンタサイクル04号。

※11:15~撮影。

11:14に9号積込所を出発。今シリーズ(8)の場所と近い場所ですが、アングルを変えました。

日本より南に位置する台湾は2月10日にして田植えの直後。

この日のお供。昨日と同じ04号。自転車に何年振りに乗ったのかが思い出せない。

※11:52~撮影

午前中に虎尾糖廠を出た列車の最後の戻り。

晴れていれば水鏡がもっときれいだったはずとは思いつつ、まずは上首尾&上出来。

土埃を上げて勇ましく走る自転車よりもきっと少しだけ早いシュガートレイン。

列車の線路に落ちているのはサトウキビ。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!