2017年03月18日 17時27分

豊橋おでんしゃ(6)夜の帳(とばり)。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_69

運動公園前。ええなあ、おでんしゃ。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_71

みんな下車して、撮影したり、トイレに行ったり、参加者で記念写真を撮ったりそれぞれの25分を過ごします。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_73

夏のビール電車はもうちょっとすっきりしていた記憶がありますが、おでんしゃはコテコテの装飾。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_81

今年のおでんしゃはこうして終わりを告げました。

電車の前で参加者の皆さんと名残を惜しみ、18:38に最後の写真を撮って名古屋に戻りました。

全参加者29名。来年も会えると良いなあ。おっとその前にビール電車がある。

2017年03月17日 20時24分

豊橋おでんしゃ(5)豊橋「駅前」。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_64

世の中に「**駅前」を名乗る電停、バス停は数多くありますが、「駅前」という何とも潔い名前。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_65

赤提灯が出され、「おんでしゃ」っぽくなってきました。昼のおでんしゃも良いですが、やはりおでん屋さんは薄明り~夜のイメージ。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_63駅前に着くまでに1回戦終了。おでんを完食。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_68

ここからは2回戦ということでおつまみ弁当で一杯やります。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_67

東京から参加された方のお土産(差入)は都電もなか。以前(2010年9月3日)、このブログでも紹介していますが、変わらぬ味が懐かしい。

東京に行ったら都電に乗りがてら買いに行こうかな。

2017年03月16日 20時21分

豊橋おでんしゃ(4)おでんしゃスタート。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_56

運転体験を行った後のお楽しみ、「おでんしゃ」は赤岩口の車庫内からスタートです。16:21に出発し、駅前に16:48着。折り返し17:14に出発し、運動公園前17:41着。18:06に再び動き出し駅前は18:31着。堂々の2時間10分コースのスタートです。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_54

そうそうっ、今年はおでんしゃの10周年。

パチパチ!おめでとうございます。

さて私は毎年参加とまではなっていませんが、その半分は乗っているはずです。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_55

おでんしゃのメニュー。このブログでは、鉄道事業者の名前は日常的に出していますが、特定の「お店」の名前はあまり出していません。でも地元のおでんしゃは別格。ヤマサのおでんは美味しいです。そうでなければ毎年その席の争奪戦が起きるはずがありません。如何に雰囲気が良く、乗って楽しい電車でも「基本」は食事の味です。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_57

おなじみのカップ酒が10周年で「純金箔入り」となったカップ酒。木の升がついて楽しさ“ますます”UP。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_61

10周年の今年は、いつものセット+シードル(2月の場合)が1回に4本ついていますが、持ち込み自由なので地元の日本酒持参の方もおられ、これは桑名の「純米酒 かれがわ」。桑名市嘉例川地区の酒米を使っているとのことですが、「嘉例川」と言えば、鉄ちゃんはどうしても鹿児島県の「かれいがわ」と思い出してしまいます。でもこちらは「かれがわ」。それにしてもまだまだ知らない日本酒(地酒)は山ほどあると認識。酔うほどに、揺れるほどに心も楽しくなっていく。名古屋に帰りたくない。でも帰らなければならない。

2017年03月15日 20時18分

豊橋おでんしゃ(3)運転体験中。

豊橋鉄道3502号。通称「ヤマサちくわ号」。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_25

もともと東京都電ですが、「豊橋」らしさが全開です。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_29

運転する距離はわずか70メートル。運転体験を行っている鉄道事業者の中でも群を抜く短さです。でもここの醍醐味はブレーキ。停止位置のすぐ先がエンドで、目の前に迫る電柱と土盛りは、タイミングが遅れるとまるで乗り上げるような錯覚を覚え、たった70メートルの運転にも関わらず、停止位置の手前で止まる人が続出です。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_32

1978年(昭和53年)のローレル賞受賞車。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_34

緊張感が全身を包みます。運転中の撮影をお願いしているにも関わらず、カメラ目線を投げる余裕は無く、ただひたすらにブレーキ弁を握り、前方を見るのみ。

長い距離を走る運転体験ですと、ブレーキの『圧』を見たりしているのですが、ここでそれをやれば指導運転士さんの手が出て強制ブレーキの刑が下りかねません。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_43

さて運転中の写真は、参加者の方で取り合うのがいつもの倣い。今回は鉄道アーティストの小倉沙耶(こくら さや)さんにお願いしました。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_42

多分、こんな風に私を撮っていたはず。

盗撮写真。ではなく、ちゃんと本人の了解を得てUPしています。車内は結構揺れるので、撮影する方もこんな風にマジな顔をしています。

2017年03月14日 20時17分

豊橋おでんしゃ(2)赤岩口車庫に乗り入れ。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_13

運転体験付きコースの“大”特典はお迎え電車に乗ったまま車庫まで行ける事。もう先に線路が無いところで停車。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_15

車庫に入るべく手動ポイントが切り替えられ、いよいよ本線を離れます。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_16

車庫に入ってきました。先頭でみても今回のように最後尾で見ても楽しいものは楽しい。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_22

下車して運転体験の順番待ちの間に車庫内の撮影。右側のオレンジ色の電車が今日の運転体験用電車。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_24

ついでに赤岩口の停留所でも撮影。やっぱり路面電車が好きです。

2017年03月13日 22時08分

豊橋おでんしゃ(1)今年も行ってきました。

2月28日に今年の運転を終了した豊橋鉄道の「おでんしゃ」。今年も2月18日(土)に行って参りました。

今年は10周年という記念すべき年で、最初の頃は「どうなるのだろうか?」と思ったのが正直な感想ですが、今や豊橋の冬の風物詩。何せ、予約開始日の開始時間に席が埋まることも珍しくない人気ぶり。今回も幹事さんがもの凄く頑張ってくれてやっとこさ乗ることが出来ました。実際のところ涙の飲んだ方も多いはず。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_4

今回も「運転体験」付きコースということで赤岩口の車庫まで行くお迎え電車あり。今回は801号(安全安心号)。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_7

ここは「貸切」電停で13:00に出発。おやっ?駅前のはずが…。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_8

東八町で今日乗車する「おでんしゃ」昼行便と行き違い。

2017_02_18豊橋おでんしゃ_11

赤岩口停留所には、通常の電車よりゆっくり走って13:30頃の到着。去年というか昨年度は2015年12月12日に来ているのですが、誤差の範囲と言うことで1年ぶり。

2015年12月19日 13時38分

おでんしゃに乗ろう!(7)サボ。

お隣の方に協力してもらい、方向幕とは言えなさそうな行先票(サボ)の撮影。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_87

  • 競輪場前⇔駅前。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_88

  • 運動公園前⇔駅前。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_89

  • 赤岩口⇔駅前

これで市内電車の全系統が揃いました。「赤岩口」の文字が赤いのは豊橋鉄道の方の心意気?

この撮影は普段やっているものでは無いと思いますが、たまたま「窓の所に何かある」などと話していたら係りの方が出してくれました。「おでんしゃ」「ビール電車」でもう何度も乗っているこの電車ですが、これは初めての体験でした。(嬉)

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_68

この方が今回の幹事さん。豊橋鉄道の「安全輸送」前掛けが粋ですね。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_92

豊橋駅東口のぺデストリアンデッキのイルミネーション。多くの方がシャッターを押していました。今度来るのは夏かな?

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_93

2015年12月18日 20時28分

おでんしゃに乗ろう!(6)車内には市内電車90年の歴史解説あり。

車内には市内電車90年の歴史が分かるように展示されています。(ピントが少々甘いのはご容赦を)

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_76

そこには路線の歴史と当時の日本と世界の出来事が書いてあります。その中に路線図を見ていて今と走っている場所が異なっているところがあるのを発見しました。知っている人は知っているということにはなるのですが、少なくとも私には「へえー」と相成りました。

とまあそれは良いのですが、出来事の中に「【映画】戦艦ポチョムキン」があったりして、この映画をどれだけの人が知っているのかが心配になりました。マニアック!と一言。これを作った人と会いたくなりました。(笑)

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_78

一方、こちらの車両の変遷はオーソドックス。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_85

おでんを食べながら、ビール+日本酒を呑みながら、、周りの初対面の方たちと歓談している内に電車はいつしか折り返し電停の「運動公園前」に到着。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_90

そして乗車時間約2時間のミニトリップが終わりました。

  • 「赤岩口車庫」を午後3時の少し前に出発。
  • 「駅前」に着いたのが3時半過ぎ。ここでトイレ休憩を兼ねて約20分停車。そして4時頃出発。
  • 「運動公園前」は4時半頃に着いて7分ほどで出発
  • 「駅前」には5時過ぎの到着でした。

のんびりゆったり走る市電の中でのおでん宴会。また来年も来たいと思っています。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_86

ところで車内にあったステッカー。車輪の数が…?誰か知っている方がいたら教えて欲しいと思いつつ、それはそれで知らなくてもいいか、とかね…。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_94

今回の収集品。

  • 運転体験証明書
  • 市内電車運転体験のクーポン
  • 市内電車スタンプ台帳(スタンプは車庫で押しました)
  • 市内電車ガイドブック
  • 豊橋名物「ポンポコラーメン」…これは豊橋に住んでいる幹事さんからのお土産。

■この他にも日本酒用のマス(「おでんしゃ」はビール呑み放題+カップ酒がありそれ用)のなどもあります。

2015年12月17日 19時14分

おでんしゃに乗ろう!(5)おでんのネタ。

ヤマサちくわの暖簾もかかる電車内。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_75

地産地消というかこうした地元志向も案外市民に愛される理由かもしれませんね。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_69

さあ出発準備完了!赤ちょうちんが良い雰囲気。

運転体験からの流れとなる「おでんしゃ」は、赤岩口の車庫内からの出発で、通常の豊橋「駅前」発の電車よりほぼ片道分長い時間が楽しめるロングコースとなっています。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_70

いざ宴会のスタート。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_72

おつまみ弁当とおでんの掛紙(包み紙)は、くるくると丸め弁当用の輪ゴムで閉じるのが“通”だと、スタッフの方から教えられました。本当かいな?まあご愛嬌ですね。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_79

さて熱々のおでん。ふう~、ふう~。ちくわ、ごぼう巻、青じそ揚、大根、うずら卵、こんにゃく、結び昆布。全部書く必要ないかもしれませんが、途中で「…その他」としようにもどれもが主役であり、結局取捨選択は出来ませんでした。

2015年12月16日 20時17分

おでんしゃに乗ろう!(4)ピット見学。

運転体験が一息ついて、おでんしゃの出発までの時間を使ってピット見学。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_51

ここ豊橋鉄道赤岩口のピットはもう何度かもぐっていますが、そこはなかなかで毎回新鮮な気分で見ることが出来ます。ということでこの日は『お迎え電車』3202号を“検分”。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_53

注目したのはブレーキ関係。まずは空気圧を調整するコンプレッサー回り。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_54

車輪を押しているブレーキパッドを、係りの方の説明を聞きながらこうして改めて見てみれば成程納得。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_56

こちらは1つの台車に1つ付いているモーター。

ピット体験も何度か経験すれば少しは慣れてきます。何に慣れるかというと、安全のために被っているヘルメットを電車にぶつけることが無くなった事。(^^;)

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_64

そうこうしているうちにおでんしゃは出発準備中。

2015_12_12 豊橋 運転&おでんしゃ_66

おでんしゃのイラストは何度見ても楽しい気分にさせてくれます。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!