放送内容

ビンテージカーを楽しむ

12月10日(日)あさ5:45〜放送

小牧市郊外の喫茶店に続々とやって来るビンテージカー。ホンダS800・
コロナGT・いすずベレット・シトロエン・オースチンなどなど日本車から外国車まで10数台が集まった。50~70代のビンテージカーが大好きなおじさん軍団の愛車自慢で会話がはずみます。「小さなエンジンだが航空機のような空力抵抗で走りが素晴らしい」とサーブを2台所有する佐藤さん。今回はビンテージカーの魅力に迫ります。

消防車両のペーパークラフト達人

12月3日(日)あさ5:45〜放送

消防車両のペーパクラフトを製作している元消防士の加藤さんが今回の主役。消防官時代に火災報告書の図面作成の練習で、パソコン画面に消防車を描いたことがきっかけでペーパクラフトを製作するようになったそうです。その出来栄えが「本物そっくり」と大評判で地元はもちろん、全国の消防署や自治体から依頼を受け、10年間で1000点以上の車両を製作、防災イベントなどでは子供たちに作り方指導も行っています。

砂の芸術 サンドアート

11月19日(日)あさ5:45〜放送

大人が夢中になる「砂遊び」,それは砂の芸術「サンドアート」なんです。
今年で29回目を迎える「稲沢サンドフェスタ」は全国でも珍しい河川の砂丘で開かれる砂の造形展なんです。毎年参加している小山さんの今年のテーマは藤井聡太くんと加藤一二三さんの対局シーンです。教児さんもほんの少し手伝わせてもらいました。地元をはじめ石川・高知・神奈川などから1人・親子・仲間で参加と11チームが集まり、見事な大型砂像が作られました。果たして金賞はどのチームの手に?

戦国武将の魂!甲冑に魅せられて

11月12日(日)あさ5:45〜放送

武将の魂!甲冑がひそかなブームだそう。昨今、全国で群雄割拠する武将隊の影響や本物志向のクラフト、大河の主人公になったかの気分。その魅力にはまった皆さんが今回の主役。趣味が高じ、昔の作り方を再現し手づくりで甲冑をつくる工房を教児さんが訪ねます。リーダーの森 章さんは熱田神宮や地元武将の甲冑復元なども手掛けるプロ級の腕前。教児さんは甲冑制作をプチ体験し、その後甲冑を試着し街に繰り出します。

世代を超えて楽しむ チアダンス!!

11月5日(日)あさ5:45〜放送

名古屋市千種区にあるチアダンススクール「セイラーズ」。チアダンスというと艶やかな衣装とポンポンで応援する元気一杯の女の子を想像しますが、ここには学生さんやOLさんや主婦の方、少し年配のおば様まで、世代を超えてダンスに汗を流しています。チームを組んでスポーツイベントで披露するためや、自らのエクササイズの為に通われてる方も多いそうです。教児さんもポンポンを手にレッスンに参加、チアの魅力を体感します。

空中ブランコで夢を叶える!

10月29日(日)あさ5:45〜放送

日本で唯一、空中ブランコができる室内施設(名古屋市千種区)で猛特訓する会社員の斎木さん(56)が今回の主役。小学校の時にオリンピックで見た塚原選手のムーンサルトに憧れ、「自分もやってみたい」と体操を始めるが中学で挫折。その後40年近く経った今、夢を叶えることができるのはこれ(空中ブランコ)しかないと1年半前から空中ブランコ教室に通うことに。週2回のトレーニングで今では、ブランコから手を放し1回転できるようになった。

絵のような詩 詩画書 !?

10月22日(日)あさ5:45〜放送

詩であり、画であり、書でもある芸術!? ありそうで無かったアート・象形詩文書が、注目されています。これを書いているのは、名古屋市在住の藝術家、小林勇輝さん(37歳)。これまでに植物・動物・昆虫など百種類を超える作品を仕上げました。この象形詩文書はまだ発展途上のアートですが、今年7月ニューヨークで開かれた個展では大絶賛を浴びたそうです。日本ではまだほとんど知られていない新しいアートの魅力に迫ります。

Sail on ! 海へ誘うヨット

10月15日(日)あさ5:45〜放送

Sail on! 夢をのせて海へ羽ばたけ!加山雄三に憧れ、その世界を満喫しているヨット好きなシニアが蒲郡市にいます。ヨット名はYAKOⅢ(やこさん)長さは25フィート。高価なイメージが強いヨットですが、学生時代の仲間,中村さんと佐藤さんは共同購入でヨットオーナーの夢を叶えました。
今回は西浦港から佐久島へ向かう2人のヨットに教児さんも同乗し,操船にも挑戦,ヨットの魅力を探ります。

プロレスで街を元気に!今池プロレス商店街

10月8日(日)あさ5:45〜放送

今回は地域密着型で活躍するプロレス団体「今池プロレス商店街」を紹介。中でも注目は今池プロレスの花形「マグナム今池」。彼のもう一つの顔は、老舗焼き鳥店の大将として腕をふるう料理人、田中兼ニさん(54歳)。子供の頃からなりたかったプロレスラーの夢を叶えつつ、自分を育んでくれた今池をプロレスで盛り上げるようと奮闘する熱きナイスガイ!「今池まつり」に向け仲間のレスラーと汗を流すリングを教児さんが訪ねます。

アンサンブルの魅力 大正琴

10月1日(日)あさ5:45〜放送

名古屋発祥の楽器、ノスタルジックな音色が心地よい大正琴。今の主流はソプラノ・アルト・テナー・ベースの4種の大正琴で奏でるアンサンブルが人気。教児さんが訪ねるのは尾張旭市の大正琴グループ「琴伝流・旭会」の皆さん。メンバーは音楽的経験はなく音符も読めないところからスタートしましたが簡単な操作で演奏できる大正琴の魅力にはまり、30数年、一緒に演奏をしてきたご近所さんの仲良しグループです。