放送内容

護身術で人気!伝統武術カリ

1月28日(日)あさ5:45〜放送

今回のテーマは武術!「伝統武術カリ」をご存じですか?「カリ」とはフィリピンに伝わる古武術でアメリカでは海軍やFBIでも攻撃・防御のトレーニングに取り入れられていいるとの事。古くはカンフー映画「燃えよドラゴン」でブルース・リーの戦闘シーンにもカリの技が。日本ではテレビ・映画のアクションシーンで話題になり、今、エクササイズと共に護身術として習う人が増えて来たそうです。教児さんも教室を訪ね「カリ」に初挑戦。

精巧!木製カーモデル作り

1月21日(日)あさ5:45〜放送

精巧に作られた木製のモデルカー。ドアやボンネットの開閉はもちろん、エンジン・足回り・シートなど細かな内装まで12分の1サイズでリアルに再現された木工作品です。作者は木が大好きでクルマも大好きという家具工房を営む落合匡暢さん。趣味で始めた「木製のモデルカー作り」はリアルさを追求するあまり細かなパーツがぎっしり!1台製作するのに最低でも3か月位から、中には半年もかけた作品もあるそうです。スバル360やトヨタ2000GTなど、日本の名車から海外のスポーツカーまですべてが一品モノのモデルカーです。

究極の香りと旨み!燻製づくり

1月14日(日)あさ5:45〜放送

秋冬のアウトドアと言えば燻製作り。今回は燻製の出前教室も行う達人、尾藤さんに弟子入りし究極の香りと旨み味を堪能するため燻製作りに挑戦。まずは段ボール箱を使った簡単燻製器の作り方を教わります。完成したらその中にチーズ・ゆで卵・ウインナー・ナッツを置き、お気に入りの燻煙材を使いスモークするだけ。その他、ベテランキャンパーの作るベーコンやニジマスにも舌鼓。人類が火と同時に手に入れた調理法、燻製の魅力に迫ります。

名古屋の市電と共に暮らす

1月7日(日)あさ5:45〜放送

今回の主役は元美術教諭の加藤さん83歳。市電や古民家など経済成長と共に失われていく日本の原風景を写真や絵に残し続けています。かつて名古屋の街を走っていた路面電車は昭和49年に廃止。加藤さんは市電好きが高じて、なんと本物の市電を買い取り自宅の庭に。つり革や降車ボタンなど当時のまま。今にも走り出しそうな位、手入れされた市電の中は、まるで記念館のように写真や模型のコレクションが飾られています。

民族楽器アンクロンを楽しむ

12月24日(日)あさ5:45〜放送

インドネシアの民族楽器・アンクロン。一見「一輪挿し?」のような簡素な竹の楽器は2010年、ユネスコの世界無形民族文化遺産に登録されました。アンクロンは一つの楽器から「1音」しか出せないため「ハンドベル」のように皆で集まって音楽を奏でます。今回、紹介するグループは、かつて愛知万博で演奏するため結成された100名の中から再結成された60代主婦がメインの16名のグループ。インドネシアのみならず昭和の名曲・クラシック・ジャズ・民謡など幅広いジャンルを演奏します。

大空へ舞え!熱気球

12月17日(日)あさ5:45〜放送

大空高く舞い上がり老若男女、誰でも楽しめるスカイスポーツ、熱気球。そんな世界を満喫しているシニアグループ「すずか熱気球市民クラブ」の皆さんが今回の主役。鈴鹿市を熱気球の聖地にしようと立ち上がったチームですが、今ではレースやイベントに参加したりボランティアで子供たちの飛行体験を行ったりと大忙し。熱気球初体験の教児さん、高度100メートル、約1時間のフライトで知られざる熱気球の魅力に迫ります。

ビンテージカーを楽しむ

12月10日(日)あさ5:45〜放送

小牧市郊外の喫茶店に続々とやって来るビンテージカー。ホンダS800・
コロナGT・いすずベレット・シトロエン・オースチンなどなど日本車から外国車まで10数台が集まった。50~70代のビンテージカーが大好きなおじさん軍団の愛車自慢で会話がはずみます。「小さなエンジンだが航空機のような空力抵抗で走りが素晴らしい」とサーブを2台所有する佐藤さん。今回はビンテージカーの魅力に迫ります。

消防車両のペーパークラフト達人

12月3日(日)あさ5:45〜放送

消防車両のペーパクラフトを製作している元消防士の加藤さんが今回の主役。消防官時代に火災報告書の図面作成の練習で、パソコン画面に消防車を描いたことがきっかけでペーパクラフトを製作するようになったそうです。その出来栄えが「本物そっくり」と大評判で地元はもちろん、全国の消防署や自治体から依頼を受け、10年間で1000点以上の車両を製作、防災イベントなどでは子供たちに作り方指導も行っています。

砂の芸術 サンドアート

11月19日(日)あさ5:45〜放送

大人が夢中になる「砂遊び」,それは砂の芸術「サンドアート」なんです。
今年で29回目を迎える「稲沢サンドフェスタ」は全国でも珍しい河川の砂丘で開かれる砂の造形展なんです。毎年参加している小山さんの今年のテーマは藤井聡太くんと加藤一二三さんの対局シーンです。教児さんもほんの少し手伝わせてもらいました。地元をはじめ石川・高知・神奈川などから1人・親子・仲間で参加と11チームが集まり、見事な大型砂像が作られました。果たして金賞はどのチームの手に?

戦国武将の魂!甲冑に魅せられて

11月12日(日)あさ5:45〜放送

武将の魂!甲冑がひそかなブームだそう。昨今、全国で群雄割拠する武将隊の影響や本物志向のクラフト、大河の主人公になったかの気分。その魅力にはまった皆さんが今回の主役。趣味が高じ、昔の作り方を再現し手づくりで甲冑をつくる工房を教児さんが訪ねます。リーダーの森 章さんは熱田神宮や地元武将の甲冑復元なども手掛けるプロ級の腕前。教児さんは甲冑制作をプチ体験し、その後甲冑を試着し街に繰り出します。