2015年01月17日 18時18分

阪神・淡路大震災から20年

きょうで、あの震災から20年です。

 

 

もう、20年・・・というのが正直な気持ちです。

大学を卒業するまでは、兵庫県神戸市中央区に住んでいました。

もちろん、あの震災のときも。

 

 

 

 

あの日から、しばらくは電気・ガス・水道のない生活が始まりました。

 

学校も休みになり、見なれた三宮の街は壊滅状態。

学校の友だちや塾の友だちのなかにも、連絡が取れない子がしばらくはいました。

 

当時は中学3年生。

2月には、第一志望の受験を控えているなかでの被災。

 

「いつまでこの生活は続くんやろ」

 

「受験は大丈夫なんやろか、あかんのちゃうか」

 

「元通りの生活って、ほんまにできるんかな」

 

 

 

考えれば考えるほど(なんの根拠もないんですが)物事を悪い方へ悪い方へと、一人で考えていました。

ところが、その考えから僕を救い出してくれたのは、

 

たしかな「情報」です。

 

「JRの一部区間が復旧し・・・・」

「支援物資が送られて・・・・」

「ボランティアの皆さんが・・・・」

 

新聞・ラジオ・テレビが伝える報道。

もちろん、中には増え続ける死者数や、倒壊家屋の数など、震災のつらい惨状を伝える情報もありました。

 

 

ただ、自分の中に、少しずつ明るさを取り戻してくれたのは、やはりメディアが伝える、一番新しい「情報」だったんです。

「自分が置かれている現状がこうなっている」と認識することが、当時の自分の安心感につながっていったんだと思います。

 

 

 

 

 

 

いま、こうしてこの仕事をしているのも、あの地震があったからなんだと、改めて感じる20年目の1月17日です。

 

 

 



ADVERTISEMENT

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031