中京テレビ

2011年07月26日 8時02分

レンブラントと日本のつながり

レンブラントと日本のつながり

「光と影の魔術師」と呼ばれた天才画家、
レンブラント・ファン・レイン。

名古屋市美術館で行われている
「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」に行ってきました。

レンブラントといえば、版画。

エッチングという技法によって表現された、繊細でやわらかな曲線と
光と影の濃淡は、まるで油彩画のような色彩さえ感じます。

なんでも、レンブラントは、刷る紙にもこだわりをもっていて、日本の和紙や中国紙、洋紙などを使い分けていたそうです。

和紙と洋紙に刷られた同じ版画を見てみると、
その仕上がりは違う表情をみせていました。

和紙は、温かみとやわらかさがあり、
洋紙は、濃淡がはっきりした、鮮やかな仕上がり。

例えてみるならば、和紙が白熱灯で洋紙が蛍光灯・・・
といったところかしら?(^^;)
(拙い表現でごめんなさい!)

レンブラントが和紙を使っていたという事実。

世界的な芸術家と日本とのつながりが見えて、
なんだか嬉しかったです。

この「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」は、
9月4日(日)まで、名古屋市美術館で行われています。



カレンダー

2011年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

いままでの記事