中京テレビ

2018年01月29日 13時58分

雪の中観た「ブリューゲル」!

先週、大雪の日に訪れた

東京「ブリューゲル展」開会式。

う~ん、結構降りましたよ。

本当に大雪!!!

ピーテル・ブリューゲル1世は農民の生活や

風景を描いた画家として知られていまして、

少し皮肉を交えて描き、

思わず「クスっ」と笑ってしまう作品が

数多くあるんですよね。

もちろん今回もそんな作品が展示されていましたが、

今回、私が感動したものの一つが「花」です。

写真撮影が許可され、

ほんの少しですが撮影してまいりました。

東京の会場では

2階フロアの一部屋は花の作品で埋め尽くされていて、

それはそれは美しく華やかでした。

↑その中の一点。

ヤン・ブリューゲル2世、

フランス・フランケン2世の作品

「彫刻と鍍金の施された花瓶に入った花束」。

いかがです?

縦1メートル以上の迫力ある作品、

自然と白い花に目が行くように

計算して配置されているように思います。

大雪の日でなければ

もっとゆっくり鑑賞したいところでしたが、

どうしても帰りの新幹線が気になって・・・(泣)

4月に始まる愛知展でゆ~~~~~っくり観たいところです!

◆「ブリューゲル展」愛知展◆

4月24日(火)~7月16日(月・祝)

豊田市美術館



カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー