中京テレビ

2008年03月12日 21時14分

エコ俳句・・・皆さんもいかが?

エコ俳句・・・皆さんもいかが?

今日は一宮市の赤見小学校にお邪魔してきました。
というのもこちらの小学校はとってもエコ意識が高いんです。

「ゴミを減らそう!」「電気を消そう!」
と言うのは簡単ですが、
この小学校ではそれをしっかり実現しているからスゴイ!

例えば、ゴミを減らすためには・・・
●毎月学校から出たゴミの量をグラフにして
 みんなの見えるところに貼ります。
→去年の夏からのグラフが書かれていたんですが、
 グラフは右肩下がり!!実際にゴミの量が減っているんです。
 やっぱりグラフにして発表したのが効果あり!?

●出やすいゴミをランキングで発表!ちなみに1位はティッシュ。
→出やすいゴミを出にくくするにはどうしたら良いか。
 ティッシュを使わないようにしよう!と考えて工夫をする。

なかなかスゴイでしょ?
これも子供達が中心になって行っていくんです。
全然嫌々やっている感じはありません。
むしろ楽しんでいるという感じでしょうか。

他にも地域のゴミ掃除をしたり、リサイクルを積極的に行ったり、
水や電気の使用量を減らすために、
毎月の使用量を記入して、減らす工夫をしたり・・・と
もう生活の中に自然とエコ活動が組み込まれているように感じました。

その楽しんでやっている・・・という一つの表れがコチラです^^
これ、エコ袋というもので、
リサイクルできる紙切れなどを集るための袋なんですが
そこには子供達が考えたエコ俳句が書かれているんです。

例えば、
☆「すてる前に 本当にごみか 考えて!」
本当にその通り!

☆「とぎじるを お花にやれば 花元気」
可愛い♪お母さんのアイディアだったのでしょうか。
でもお米のとぎ汁を使うのはグッドアイディアですよね。

こうやって自分達が使う袋も楽しいものにしてしまうんです。

では、私もせっかく取材させて頂いたので
ここでエコ俳句、一句詠ませていただきます!!

エヘン・・・

●「家のトマト ゴミの種から 実ったよ♪」

いかがですか・・・?^^
実は去年の夏、食べもののゴミの中にあったトマトの種を
始めは興味本位でプランターに植えてみたんです。
そしたら、びっくり仰天!
芽が出て、葉が出て、すくすくすくすく!!

なんと現在茎が2メートルほどの長さにもなり、
去年の秋から数えて30個も実がなったんです!

おどろき~!

今や真っ赤なトマトがとれて、
今朝も朝ごはんに食べたところです^^
農薬は使っていませんし結構美味しい♪
冬に実がなっているのはちょっと変なのですが・・・。

というわけでゴミから実が出来たというエコ?な出来事です。

皆さんも楽しくエコ活動してはいかがでしょうか?
私は今日、小学生の皆さんに
エコ活動の大切さを改めて教えてもらったように思います。

エコ俳句詠んだら是非書き込みしてくださいね~♪♪♪

2008年03月10日 14時54分

夢列車走ります♪

夢列車走ります♪

先日のブログの続きです^^

明知鉄道のVTRがちょうど終わったところで、
列車が岩村駅に到着するようにしたい。
この演出は成功するんでしょうか。
生中継の予定入り時間は18時50分。
なので、18時50分に列車が駅の手前100メートルほどの
ところにいるとバッチリなんです!!
そうすれば列車が駅に入ってくるところから放送できますよね。

しかし、通常運行中の列車は
時刻表通りに来るかどうか分からないところもあります。
明知鉄道は年に数回、
鹿やキツネなど野生動物が線路に迷い込み、
列車が遅れることもあるそうなんです^^
自然に近いところにあるんですよね。

というわけで、当日15時ごろ岩村駅に到着した私たちは
このタイミングをどう合わせるかとってもハラハラしました><

現場で聞いてみると
夢列車が岩村駅に到着するのは18時50分。
なので、生中継に入った時には、
既に列車が駅に到着していることになります。

本当はタイミングを合わせたかったけれども仕方ないか。
せめて停まっている列車でも見せることが出来れば十分かなあ。
そんなことを考えていました。

しかし・・・よくよく聞いてみると、

「列車が駅に到着するのは18時49分。18時50分は出発時間」とのこと。

えーーーーーー!!これはマズイ!
中継に入った時には、列車が出発してしまうことになります!

すぐさま、ディレクターが中京テレビ本社に連絡し、
「生中継の入り時間を18時48分30秒ごろにして欲しい。
 時間を早めてください!」と伝えました。

ただ、これが16時のこと。もう番組開始まで1時間を切っていました。

本社も本番前のバタバタの中、何とか調整をしてくれたのですが、
返ってきた答えは、
「それは無理。30秒早めるのでそれでお願いします。」でした!

ということは・・・

18時49分30秒に生中継がスタート。
その時に、列車が駅の100メートルほど手前にいるということは
列車の岩村駅の到着が18時50分。

無理を承知で、明知鉄道取締役の今井さん(写真の方です。)にお願いをしてみました。

「大変申し訳ないのですが・・・
 列車の岩村駅の到着を通常より1分遅らせてもらえませんか。
 18時50分に到着するように出来ませんか・・・。」

と伝えました。
通常の運行をしている列車です。乗客もいます。
JR線や名古屋の地下鉄ではこんなことは絶対不可能なお願いです。

しかし・・・意外な答えでした!

「ああ、大丈夫ですよ。じゃあ、車掌に言ってきますね。」

と一言!

「乗客にご迷惑はかかりませんか?」
「多少列車が遅れることは、時々あるんですが、文句を言う人はいませんよ。お年寄りの方が列車に遅れている時は、待ってあげることもあるんです。」

列車が人を待ってくれることがある・・・
そして、それに対して誰も文句を言わない。
すごく温かい人々。温かい鉄道なんですよね。

「じゃあ、本当にすみません。助かります!」

しかし、まだまだ問題は出てきました。
リハーサルをしていくうちに、ある問題が出てきたんです。
私たちは生中継に入ってから、列車が駅に到着するまでの時間を30秒とっていたのですが、
それでは短かすぎるということになったんです。

私も、岩村駅がどんな場所にあるのかを伝えたい。
19時前の静けさを伝えたい。
色々伝えたいことが現場で出てきてしまい、
とても30秒では足りない・・・ということになったんです。

そこで、もう一度今井さんに。
「30秒ではなく、40秒遅らせてもらうことは・・・?」

さすがにこれは厳しいかなと思ったのですが。

「40秒ですか。一応伝えてみますね。良いですよ。
 列車が綺麗に映ることが私たちの願いでもありますから。」
本当にお優しいお心遣いです。

ということで、本番を迎えることになりました!

18時を過ぎたころ、
スタッフ一人と、ゲストとして出演してもらう地元の小学生、
商工会の方にも準備に入ってもらいました。

岩村の2つ前の駅から「夢列車」に乗ってきてもらい、
ちょうど、生中継の時、列車の中でお話を聞こうということです。

ここからは、その「夢列車」に乗ったスタッフとの連絡が勝負です。

2つ前の駅は阿木駅。
「18時40分。阿木駅を時間通りに出発しました。」
という連絡をもらいました。

よーし、時間通り!!

一方、リアルタイムの番組の進行は少し予定より早く進んでいるとのこと。
じゃあ、私が生中継に入ってから、
列車が来るまでにちょっと時間が増えるかな。
何か話をしてつながなきゃ・・・と思いました。

そして列車は一つ手前の飯羽間駅へ。

すぐさまスタッフと連絡を取り合います。
「40秒遅れて飯羽間を出てください。」
40秒遅く岩村駅に到着させるためです。

そしてそのころ、本社でも明知鉄道のVTRがスタートしました。
VTRは3分20秒ほど。
3分20秒後には列車がどこに来ていようが、
いやが応にも中継は始まります。

VTRが始まってすぐ、列車に乗っているスタッフから
「飯羽間をこれから40秒遅れて出ます。」と連絡がありました。

あれ!?

不安になりました。
VTRは3分20秒で終わり。

確か、事前に話を聞いたとき、
「飯羽間から岩村はどれくらいかかるんですか?」と聞いたとき、
「4分だよ。」と聞いていたんです。

さらに、今日は40秒遅れて発車します。

つまり、今から4分40秒後に「夢列車」は岩村駅へ。
VTRは3分20秒で終わるから、生中継に乗ってから1分20秒もある・・・!!

予定では40秒のはずだったのに、
番組の進行が早い!?列車が遅れている!?

予想通り生中継に乗ったとき、列車の光すら全く見えません。

どうしよう!!めちゃくちゃ焦りながら、
岩村駅の場所の説明、駅舎の話などをして時間をつないでいきました。

この駅舎が出来たのは今から70年以上前。
開通当時のものなんですよ

2008年03月05日 13時51分

明知鉄道に夢を乗せて♪

明知鉄道に夢を乗せて♪

先日、岐阜県恵那市の明知鉄道の中継に行ってまいりました。

明知鉄道は恵那駅から終点明智駅までを結ぶ鉄道ですが、
年々乗客が減り、今では年間6000万円の赤字を生んでいるのです。

このまま乗客が減れば、廃線・・・
そんな言葉も聞かれるようになりました。

そこで、皆さんもお聞きになったことがあるんじゃないでしょうか?
「寒天列車」や「きのこ列車」など^^
車両の中で、食事が出来るというとても珍しいサービスを
始めて人気が出ているんです。

実際にお料理凄く美味しそうです♪

明知鉄道も乗客を増やそうと努力をされているのですが、
今回私が中継で訪れた理由は、
「地域の人たちが自ら列車を残すために立ち上がった」という
ことだったんです。

鉄道側だけでなく、地域からも・・・
地元の人たちに愛されている列車なんだろうな、と思いました。

そして、実際に訪れてその思いは確実なものになったんです。

2月29日の金曜日、つまりうるう年で4年に一度の日。
凄く天気の良い日で、青空がとても綺麗でした♪
訪れたのは恵那駅と明智駅のちょうど中間にある岩村駅。

これは、岩村駅で記念に買った切符です。
「硬券」という国鉄時代からの切符で
珍しいものだそうです。
確かにちょっと分厚くて硬い切符^^

使用済みのものも1枚20円で改札で販売していました。
赤字だから色々と工夫しているとのことですが、
ファンの方は100枚単位で買っていくそうです^^

その岩村駅は山に囲まれていて、
まだ駅のホームにも雪が残っていました。
日中は日差しが暖かかったのですが、
だんだん日が沈んでくると、急に冷えてくるんですね。

さむ~い。と思わず声に出してしまうほど。
また、ちょっと驚いたのですが、
日が沈むととっても静かになるんです。
名古屋とは全然違う静けさ。

そして、列車の音だけが聞こえてくるんです。

カタンカタン・・・ゴトンゴトン・・・

あっ、列車来た来た!と思わずその方向を見てしまいます。
これが何故かとても温かく優しい音なんですよね。

中継は夜の7時前だったので
そんな夜の静けさの中で列車の音を聞くことができました。

さてさて、実は中継はとってもハラハラする状況だったのです。
なぜかというと、
生中継の前に明知鉄道のVTRが3分ほどあったのですが、
そのVTRがちょうど終わったところで、
まさにそのタイミングで列車が岩村駅に到着するようにしたい・・・という演出があったからなんです。

リアルタイムはご存知の通り生放送の番組。
時間通りに番組が進むとは限りません。
そしてもちろん列車は通常運行中。
お客さんを乗せて走ってきます。
本当にそんなことが出来るのか!?

この続きは、番組になった方はご存知と思いますが、
次のブログでお話します^^
お楽しみに~♪

2008年02月22日 14時12分

行ってきて本当に良かったです

行ってきて本当に良かったです

だんだん日差しが暖かくなってきましたね☆

毎日のように外で取材をしていると
天気の変化をすごく感じます。

街頭インタビューでは、
晴れで、暖かい日の方が、
やっぱり皆さん声をかけると足をとめてくれる率が高いです。

これは、私にとって、とても嬉しいことです^^

そして、今日も良いお天気でした。
凄く綺麗な青空で、
陽気も暖かくて、風も気持ち良い一日。

今日は午前中、弥富市に出かけてきました。
以前このブログでも書きましたが、
世界交通事故犠牲者の日の取材でお世話になった方に
会いたいという気持ちと、
その方が中心になって開く展示会を見たいという気持ちからでした。

展示会を見て・・・

「行って本当に良かった」と思いました。

すごく大切なことを教えてもらいました。

自分が忘れてたことに気づかせてくれました。

今日から3日間
「生命のメッセージ展」が
弥富市立白鳥小学校で開かれています。

もし、お時間ある方いましたら
ほんの少しの時間でもいいんです。
一度出かけてみてください。

週末で予定があるかもしれませんが、
もし、少しでもお時間作れるなら
是非見ていただきたいと思うんです。

訪れたら絶対に感じると思います!

「来て良かった」って。

そして、私みたいに誰かに
「行ってみて!」て伝えたくなると思います。
本当にこの生命のメッセージ展にはそんな力があるんです。

私は行ってきて、
メッセンジャーの皆さんに会えて本当に良かったです。

そして、また会いに行きたいと思います^^

生命のメッセージ展 公式サイト
www.inochi-message.com

2008年01月30日 20時49分

放置自転車どうしたら良いの?

放置自転車どうしたら良いの?

今日も自転車の問題を放送しました^^

前回のブログでも多くの方から
ご意見頂き本当にありがとうございます☆

しっかりと熟読させて頂き、
なるほど!ふむふむ!と
参考にさせて頂きました^-^v

自転車の問題は本当に私達に身近なもので、
毎回毎回、私自身も凄く考えさせられます。

特に今日は・・・

以前も取材したことのある
「名古屋駅周辺の放置自転車」の問題です。

駐輪場に入りきらない自転車が
歩道に溢れて、
歩行者や近隣に迷惑をかけている問題です。

正直びっくりするほどの、放置自転車の数です。

これは、解決するのは
とても難しい問題だと思っているんです。

単純に考えると、
・「放置自転車が多い!」
 →なら、「駐輪場を作れば?」
と思うかもしれません。

でも名古屋駅にはそんな土地ももう無く、
作るとしても駅から遠い所になってしまいます。

・「放置自転車が多い!」
 →なら、「自転車を皆さん使わないようにしましょう。」
と思うかもしれません。

でも、これだけ「環境」「環境」と叫ばれている世の中、
本当に自転車を使わなくすることが
良い方法なのでしょうか?

私自身、自転車は正しく乗れば
とても良い乗り物だと思っています。

もちろん、放置自転車はいけないし、
今日も現場を目の当たりにして
歩行者への危険性、近隣の方への迷惑を
改めて実感したのですが、

ただ、一方で、
「自転車で生活しやすい街作りも大切なのでは・・・」と
思っているんです。

これは、自転車にまったく乗らない方にとっては
もしかしたら、反論されてしまうかもしれません。

でも、私自身は
正しく乗ればとても便利で、
車よりもずっと経済的で、環境にも優しい乗り物だと思うんです。

「自転車で生活しやすい街づくり」

そう考えると凄く、難しくなってしまいました。

何故なら、
今回、名古屋市が打ち出した方針は
「自転車放置禁止区域を大幅に拡大するもの」

これは、もちろん目的は放置自転車を減らすためです。

だから、名古屋駅周辺の歩行者・近隣の方々のためには
必要なことと思いました。

しかし、現場で取材をしていると

「子供がいて歩いてくるのは大変。」

「歩いたら1時間。でも自転車なら15分。
 バスも無いし困る。」

こんな声も沢山聞かれました。
やっぱり、自転車を必要として生活している人は
大勢いるのです。

名古屋市は禁止区域の拡大と同時に
「自転車の駐輪場の整備」も行います。

駐輪できる台数は増えるのですが、
今まで無料だったところもすべて有料になるんです。

金額は1日100円。

この問題皆さんはどうお考えですか?

放送後もあっという間にすぐには読みきれないほどの
FAXやメールをいただきました。

この禁止区域に賛否両論ありましたし、
駐輪場の有料化にもいろんな意見がありました。

また、放送の中で皆さんからのご意見を
ご紹介出来たらと思っています。

今日、取材をしていて感じたのは、
名古屋駅はミッドランドスクエアが出来るなど、
開発が進んでいて、
駐輪場を広く作るような土地がもう無いんです。

車の駐車場は民間のものも多くありますが、
自転車の駐輪場になると、
名古屋駅という地価が高いところでは、
駐輪場を経営したとしても利益が出ません。
なので民間が率先してやらず、
駐輪場はいつも行政任せになってしまっているんです。

名古屋駅周辺の自転車は
ほとんどが通勤・通学・買い物と思うのですが、
例えば、買い物に来る人たちが利用できる
デパートや百貨店専用の駐輪場がほとんど無いんです。

駐輪場に入りきらない自転車。

→であるなら、自転車を使わないべき?

→それとも、駐輪場を何とかして作るべき?

凄く難しい問題と思います。

でも、私としては
まず、歩行者、
そして次に自転車に優しい名古屋であってほしいと思うんです。

みんなが譲り合って、協力しあえば
マナーが良く、住みよい名古屋になるのでしょうか?

皆さんはどうお考えですか?
またブログにもコメントを寄せてください^^

難しい難しいと、私は沢山書いてしまいましたが、
率直な感想頂けたら嬉しいです^ー^

2008年01月23日 22時28分

自転車のルール!第2弾をやります!

自転車のルール!第2弾をやります!

先週水曜日に、
今後自転車を利用するときのルールが変わるかもしれないという
放送をしたところ、
視聴者の方からもの凄い反響がありました。

何かというと、問題は二つ。

一つ目は、
「子供は一人は乗せても良いが、二人はダメ」というルールについて。

もう一つは、
「傘を自転車に固定する器具を使って運転するのはダメ」というルールについてです。

安全に自転車を利用していくために
上の二つのように
今後ルールが厳しくなるかもしれないのですが、
これを紹介し、視聴者にご意見を伺ったところ・・・

放送直後から凄いことに!!!

FAXやメールが次々届き、
その数は、私が今までに見たことがないほどでした。

内容は、
「どうして傘を固定する器具がいけないのか理由が知りたい。」

「子供が2人いて、幼稚園の送り迎えに2人乗せている。
 他にバスもないし、車で送ることも出来ない。
 どうしたら良いのか?」

「傘の代わりにレインコートを着て運転したことがあるが、
 逆に顔の周りが隠れて視界が悪く危ないと思う。
 この器具は使わせて欲しい。」

など、
実際に普段自転車を利用している方々からの
切実な思いばかりでした。

私達はこれはもう一度取材する必要があると思いまして、
明日、第2弾を放送いたします。

上のような視聴者の皆さまからのご意見を参考に、
本当に自転車のルールが実態に即したものなのかどうか
考えたいと思っています。

是非、皆さんもご覧頂き、
ご意見、ご感想を頂けたら嬉しいです!!

1月24日(木)のニュースリアルタイム(午後4時41分~午後7時)で放送予定です。
※ニュース番組ですので内容が急に変更になる場合があります。
 その場合はご了承ください。

そして、いつもブログに書き込みをして下さっている方々
本当にありがとうございます^^

自転車はとっても身近な乗り物、
環境にもやさしい乗り物です。

是非皆さんの本音も聞かせてください^^

また、犬山の成人式でお世話になりました
実行委員長の土井くん、司会を務めたお二人も
書き込みありがとうございました!

本当に素晴らしい仲間ですね^^

来年もまた取材に行くかもしれませんので、
その時は、よろしくお願いいたします☆

2008年01月18日 16時21分

成人式・・・私は出られなかったんです。

成人式・・・私は出られなかったんです。

あ・・・気がついたらもう1月18日。

毎日が本当にあっという間に過ぎてしまいます。

今年が始まったと思うと、もう1月も後半ですね。
一日、一日が過ぎ去る速さと、
一日、一日の大切さを
年を重ねるごとに強く感じるようになりました。

さて、先週の日曜日に
犬山市の成人式に取材に行ってきました^^

月曜日にリアルタイムで放送しましたので
ご覧くださった方々ありがとうございました。

とても良い成人式でした。

普通は、成人式は市や区の方が企画・運営すると思うんですが、
犬山市では7年前から
新成人の有志でつくられる実行委員が企画運営を行っているんです。

私は当日だけお邪魔したのですが、
実行委員の皆さんは5月から集まって話し合いを進めていたそうで、
半年以上かけた大仕事だったんです。

当日も朝8時前には集まって大変そうでしたよ。

ステージ上での出し物の準備に、リハーサル、
スライドショーでは映像と音がなかなか合わなくて、バタバタ。
みんな時間が無い中、焦る中、
でも声をしっかり出し合って、
誰も文句を言わず助け合って準備をしているように思いました。

正直な感想・・・

大変そう・・・でも、羨ましかったです!

今、私が携わっている「テレビ」という仕事も
決められた時間までに協力し合って準備するというのは
同じようなところがありますが、
20歳という年齢で、
人生で一度きりの大舞台でそれが出来ることが
何より羨ましいと思いました。

この写真は式の後に撮影したものですが、
(よく見ると何故か、実行委員長の土井くんが写っていない・・・この時も忙しかったのかな・・・。ごめんなさい。)

皆さんの顔を見るとその達成感と充実感が本当に伝わってきます。

すごいなあ~と思ったのが、
去年、おととしの実行委員が当日来ていたことなんです。

「今年は仕事ないですよね?でも来ているのはどうして?」

と、私が何も聞くと

「後輩に伝えていくことが仕事。実は打ち合わせの段階から来ているんです。」

と答えてくれました。

それだけ、この式は特別なもの、
実行委員同士のつながりは年を越えても深いなんだなと改めて実感。

そんな仲間は本当に素敵です。

と、成人式の取材をしていると
ふと、自分のことも思い出しました。

が・・・

思い出がありません><

実は、私は成人式に出ていないんです。
というのも、理由がありました。

大学生で、アナウンサーを目指して
アナウンス学校に通っていたのですが、
初めてテレビに出るお仕事がもらえると言われたのが
20歳のこの時期だったんです。

いつでも仕事を受けられるようにと、
東京から離れずにいたのを覚えています。

それで式に出なかったんです。

というわけで、成人式に出られなかったのは残念だったのですが、
その代わり、テレビに出る仕事を頂き、
(CS放送の深夜のニュースでした!)
今の仕事につながる一歩を踏み出したという意味では
自分の中ではそれが「成人式」です。

でも、私もこれでも女ですから振袖は着ましたよ(笑)
それだけは、どうしてもと親に叶えてもらいました。

まあ、今とあまり変わっていないですけどね♪ 

(涙)

皆さんは成人式には出席しましたか?

その時に抱いていた夢や希望は何だったか
覚えていらっしゃいますか?

過去を振り返ること、
昔の夢を思い出すことって、時には大切ですね。

伊勢神宮にお参りしたお話をすると言っていまして、
内容が変わっていたことに気がつきました。

また、次回書きます!!

2008年01月04日 9時00分

あけましておめでとうございます^^

あけましておめでとうございます^^

あけましておめでとうございます!

2008年になりましたねー。
私も今年でアナウンサー6年目になります!!

一歩一歩ですが、
今年も前に進んでいけるように一生懸命がんばろーっと
元日に心に決めました。

年末年始皆さんはいかがお過ごしでしたか?

ちなみに私は年末はちょっとしたトラブル続き・・・
だったんです。

去年一度もひかなかった風邪を年末になってひきずっと体調不良。
有馬記念は惨敗><
さらに車のマフラーをぶつけてマフラー交換。

カウントダウンは友人達と
志摩スペイン村のよしもとのイベントに行ったのですが、
そこで、現地に着いて入場する時に、
なんと友人がチケットを紛失!!

チケットがない~!!
入れない!志摩まで来たのに!どうするの~!

という状態だったんです。

でも、助かったのは当日券。
事前の情報ではチケット完売と聞いていたので
もう無理かも・・・と思っていたのですが、
なんとか当日券を購入して入ることが出来ました。

もちろんチケット代は倍になりましたけど><

でも、入れて良かったです^-^

というちょっとしたトラブル続きだったんです☆

よしもとでカウントダウンをしたのは初めてでしたけど、
生のライブの良さをまたひしひしと感じました☆

テレビで見る漫才はその後も録画を再生して見たり
再放送で見たり出来ますが、
ライブってその場で終わりですものね。

なんかとっても貴重だなーなんて思いながら
よしもとの皆さんの漫才・コントを見ながら
新年を迎えました^^

でも実は「その場で終わり」というのは
ニュースも一緒です。

伝えたいことはしっかり伝えないと、次のチャンスはありません。
撮り直しもなければ、再放送で訂正を入れることもありません。

勝負は生放送の一回。

一生懸命準備をして、伝えたいことを分かりやすく伝える大切さを改めて思った年明けでした。

今年はどんな一年になるんでしょうか♪

私はとても楽しみです^^

ちなみに初詣は伊勢に行きましたが
その話は次のブログで書きますね。
(もう少し早く更新します♪)

それでは、
今年一年もどうぞよろしくお願いいたします!

2007年12月07日 14時43分

大学時代の夢が実現しました!

大学時代の夢が実現しました!

皆様、お元気でしたか?

と、私がとても久しぶりになってしまいました。
すみません^^

私は元気にしております♪

先週は遅い夏休みを頂いたんです。
リフレッシュ出来まして
ありがとうございました!!

ちなみに、夏休みでしたが、
北海道でスノーボードを楽しんでまいりました☆

夏休みなのに雪山・・・
滑って転んで、
全身筋肉痛で帰ってきました^^

イタタタ・・・。

でも怪我は無く、無事に帰れたのは本当に良かったです。

さて、この写真なんですが、
実は私がとてもとても尊敬している方で、
ついに人生28歳にしてお会いすることが出来ました!!

こちらの方は
デニス・L・メドウズ氏。

環境学者で、1972年『成長の限界』を発表し、
人口60億やCO2濃度の上昇を予告した方。
私は大学時代に経済学部で
環境経済学を学び、
この「成長の限界」を必死になって読みました。

ものすご~く簡単に要約すると、
地球が吸収出来る、汚染やCO2などの「限界」を
超えてしまうと、
地球の環境を取り戻すことが不可能になる。
その「限界」が来る前に対処しなさい。

というもので、
地球をシステムとして捉えて、
分かりやすく説明してあるんです。

大学のときに、この本を読み、
私は環境の現実を知ってショックを受けて、
環境について興味を持ったきっかけになりました。

それだけに、
このデニス氏にお会い出来るというチャンスは
どうしても逃したくなく、
先月、来日して東京で講演会があったので
駆けつけたんです^^

お会い出来た感激は物凄かったのですが、
それよりも
デニス氏の一生懸命な講演に
すぐ引き込まれました。

およそ4時間の講演会でしたが、
最初の2時間半は全く休み無く、
環境の問題点について熱く語ってくれたんです。

話を聞いていて、
自分が本当に無知だなぁと感じつつ、
もっと勉強したいとも思いました。

正直、なかなか個人レベルで
環境に貢献出来ることは多くないのかもしれませんが、
でも、
「意識を高く持つ」
ということは大切ですよね。

デニス氏は、
今も各国を回って講演活動を続けています。

加えて、
最近ではアル・ゴア米元副大統領の
ノーベル平和賞受賞が決まりましたが、
その「不都合な真実」を日本語に訳し、
自身も環境ジャーナリストの
枝廣淳子さんという方がいらっしゃいます。

この方とも、
その講演会でお会い出来て
お話したのですが、
英語はペラペラ、
(翻訳が出来るほどですものね)
環境にはめちゃ詳しい、
それで海外に行くことも多数、
毎朝2時に起きてバリバリ働くキャリアウーマン、
と、
スゴイ方だなぁと感心することばかりでした。

その枝廣さんから言われた言葉です。

「メディアの役割ってとても大きいですよね。
 大切なことを東海地方の皆さんに伝えてください。」

私の頑張りどころはそこです!
環境はもっと勉強したい分野なので
大切なことをお伝え出来るように頑張ります!

ちなみに、
以前、中京テレビのなでしこのページでも
ご紹介したのですが、
もし、ご興味がありましたら
「地球のなおし方」という本はとてもお勧めです。

これはデニス氏と枝廣さんが書かれたものですが、
とても環境のことが分かりやすく説明されています。
もし、よかったら、読んでみてください。

そして
皆さんも環境について考えていることなど
ありましたら是非是非教えてください^^

ちなみに最近私は外でビニール袋を
ことごとく断っています。
ビニール袋は無くても何とかなるものです^^

後は、「成長の限界」のシリーズ3作目を
必死に読んでいます。
難しいですが・・・
ちょっと学生時代を思い出しています。

2007年11月19日 20時08分

黄色い風車・・・

黄色い風車・・・

昨日は国連が定めた
「世界交通事故犠牲者の日」でした。

昨日の昼頃、栄に取材に行くと、
黄色い上着を着た方々が大勢集まっていて、
道行く人達に
チラシなどを配っていたんです。

その方々は、
交通事故の被害者か、
交通事故で家族や親戚を亡くした遺族でした。

「これ以上犠牲者を出さないために。」

その思いで、
チラシを作り、人通りの多いところで
声をかけていたんです。

そして黄色い風車は、
遺族や被害者が
事故現場に供えるように作ったものでした。

昨日はとても風が強い日でしたよね・・・。

もの凄く寒かったのですが、
風が強い分、
栄で皆さんが持っていた風車は
とっても早くクルクルと回っていたんです。

遺族のお一人、阪口さんは
「今日は風が強いから、
 風車が送る大きな風が、
 若葉にも届いているんじゃないかな。」
とおっしゃっていました。

若葉くんは、
5年前に当時6歳で、
交通事故で亡くなった阪口さんの長男です。

東名阪で、渋滞中に停まっていて、
後ろから来た居眠り運転のトラックに追突され、
亡くなったんです。

昨日は、阪口さんのご自宅にもお邪魔して
お話を聞いたのですが、
こんな言葉が印象に残りました。

「車って怖いですよね。
 ひと一人を一瞬で、簡単に殺せるんですから。」

ちょうど、今阪口さんの次男は6歳。
この話を聞いているとき、
目の前でおもちゃで遊んでいました。

若葉くんが亡くなったときと同じくらいの
身長に背が伸びていました。

そして・・・

「若葉くんが、今日お父さんとお母さんが行ったことを
 見ていてくれていると嬉しい。」

と話してくれました。

昨日、栄で行われた活動は
とてもとても大切なことと思います。

もし、全国で一斉に、
事故現場に風車や花を置いたら、
きっとあちこちに、
たくさんの場所にこの風車が置かれるんでしょうね。

それだけ、
交通事故は身近で恐ろしいものです。

昨日、街中で
チラシを配っている様子を側で
取材させていただいたのですが、
チラシを断る方々は結構多くいました。

単純に、何のチラシか分からず、
受け取らなかった方もいらっしゃると思いますが・・・

チラシを渡そうとしている方に向かって
「うるさい!」
と言った方がいるそうです。

「うるさい」はひどいですよね。

そう思うのですが、実際に不愉快に思われたんですね。
その方のことを思っての活動なんですが、
すごく残念に思います。

11月の第3日曜日は
「世界交通事故犠牲者の日」。
昨日、来年のカレンダーに書き込みました。



カレンダー

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

いままでの記事