中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

日本の横断歩道、外国人から見ると「殺人横断歩道」

報道局
愛知特集 2018/4/25 17:15

 「信号のない横断歩道」を渡ろうとしても、なかなか車が止まってくれない。そんな経験ありませんか。

 街で取材すると、安全なはずの横断歩道に、思わぬ危険が潜んでいました。

歩行者がいても止まらない車が9割以上!

鈴木康一郎記者:
「中学生でしょうか、横断歩道を渡ろうとしていますが、なかなか車が止まってくれません」

 通勤・通学の時間をむかえた名古屋駅の近く。“信号のない横断歩道”で渡るタイミングに戸惑う歩行者の姿が。

 歩道から大きく身を乗り出す自転車の男性。車3台が通りすぎたあと、ようやく渡ることができました。

歩行者:
Q.信号のない横断歩道でヒヤリとしたことは?
「ありますね、過去には」「止まってくれるとは思わない」

 歩行者がいる場合、一時停止することが法律で定められている信号のない横断歩道。しかし。

歩行者:
「近所のスーパーでも、自転車から降りて待っていても止まってくれんよ。パーパーっと行っちゃう。みんな冷たいなと思う」
歩行者:
「止まってくれると思って行ったら止まってくれなくて、(自分の)自転車の前の車輪と車がぶつかって。」

 JAF(日本自動車連盟)の調査によると、歩行者がいるのに止まらない車は実に91.5%。全国94か所の信号のない交差点を調査したところ、停止した車は8.5%しかなかったというのです。

 4月22日、名古屋市天白区中平の「信号のない横断歩道」でも事故が発生。警察庁によると、信号のない横断歩道で起きた交通事故は、去年1年間で全国3897件。愛知県でも、315人が負傷しています。

 どうして一時停止しないのでしょうか。

ドライバー:
「この人歩き出しそうだなと思ったら止まるけど、そうじゃなかったら止まれない。急に止まったら追突される可能性はある」
ドライバー:
「対向車が止まらなかったら一緒に行っちゃいますね、その流れで。『いけよ』ってたぶん後続車も考えると思うので」

「殺人横断歩道」

 この状況が危険だと訴えている人がいました。名古屋市内の大学で勤務するイギリス出身のマーク・リバック准教授です。

リバック准教授:
「(日本で)両親が事故に遭いそうになった。イギリスと同じように 止まってくれると思い込んでいたから。母は(日本の横断歩道を) 殺人横断歩道(キラーゼブラ)と呼んでいた」

 名古屋城へ来ていた外国人観光客に“信号のない横断歩道”について聞いてみると。

スイスからの観光客:
「スイスでは絶対止まります。高い罰金を払うことになるので」
ドイツからの観光客:
「日本の横断歩道はドイツと違って車がブレーキをかける気配がなかったので、自分が進むべきか止まるべきか困惑しました」

 横断歩道に潜む危険。どうすれば身を守ることができるのでしょうか。

 

 歩行者が渡ろうとしていたらドライバーが止まることが大前提ですが、警察では、歩行者も運転手の目を見て渡りますよ、という意思表示をするなどコミュニケーションをとることも大切だとしています。

日本の横断歩道、海外から見ると「殺人横断歩道」

 

この記事をシェアする

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

中京テレビNEWS トップへ