中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

集客は長良川鵜飼の1/10以下…関市の鵜飼いが東京でPR

報道局・岐阜支局
岐阜特集 2018/4/30 17:20

 岐阜県の鵜が、はるばる向かったのは、東京スカイツリー。そこで岐阜県関市の鵜と鵜匠が行ったイベントは、その名も“東京鵜飼釣り~”。

 

関市 尾関健治 市長:
「私どもが誇る、まだ知られていない小瀬(おぜ)鵜飼を、全国に向けて発信していきたい」


 岐阜県誇る伝統の鵜飼い。清流・長良川の2つの場所、岐阜市と関市で行われています。しかし、関市の「小瀬鵜飼」は、岐阜市の「長良川鵜飼」に比べると知名度が低いのが現状です。

街の人(名古屋在住):
「おぜ…?知らないです」
街の人(岐阜在住):
「岐阜に住んでいるんですけど、知らなかったです」

 実際に、関市に鵜飼いを見に来る客は伸び悩んでおり、去年の乗船客数は岐阜市の11万412人に比べ、10分の1以下の8238人。関市の鵜飼いの知名度アップという大きな目的を果たすために、今回のイベントは行われました。

大都会東京、鵜も怖い?

 しかし、鵜匠・足立さんは、イベントへ向かう鵜を心配そうに眺めていました。その理由は。

小瀬鵜飼 鵜匠 足立太一さん:
「(人込みを)怖がりますね。本当にストレスが一番心配です。やってみないとわからないけど魚を本当にとるのか」

 初めての大都会東京。鵜へのストレスが気がかりです。東京へは車で移動。親代わりの足立さんと別れ岐阜を出発し、東京スカイツリーに到着。しかし、やはり普段とは様子が違うようです。

鵜匠 足立太一さん:
「よーしよーし、いい子いい子」
「元気はいいんですが、怖がっている。(普段は)ペタッと寝たような恰好はしないので」

本番、5匹捕らえましたが…

 迎えた、初日の公演。

鵜匠 足立太一さん:
「じゃあいきます。ホーホーホーホー」


 心配をよそに、次々とアユを捕らえる鵜。

 見事5匹のアユを捕らえ、はき出します。しかし出て来たのは、2匹…。

鵜匠 足立太一さん:
「3匹くらいお腹の中に入っちゃった」

 大都会東京で緊張したのか、鵜は捕らえた3匹のアユを食べてしまいました。しかし、その後は調子を取り戻し順調に鵜飼いを披露。

客:
「なんかすごかった」「面白かったです。初めて触ったんですがツルツルですね」

鵜匠 足立太一さん:
「(小瀬は)開発のされていない静かな場所です。手を伸ばせば触れる距離で鵜飼いが見られるのが醍醐味だと思います」

 岐阜県関市の「小瀬鵜飼」。この地方だけでなく全国の人に知ってもらおうとPRは続きます。


この記事をシェアする

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

中京テレビNEWS トップへ