中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

新幹線内殺傷事件で問われる車内の安全対策 危機管理専門家が有効性指摘「ランダム荷物検査」

報道局
愛知三重岐阜特集 2018/6/12 9:50

 衝撃が広がる、9日夜に発生した新幹線車内で3人が死傷した事件。

 走行中の新幹線内での事件は、過去にも。2015年6月、走行中の新幹線で71歳の男が焼身自殺し、乗客の女性が巻き込まれ死亡した事件。新幹線の車内カメラには、油のような液体が入ったポリタンクをリュックサックに入れて持ち込む様子が映っていました。

 この事件を受けてJR東海は、ほぼすべての新幹線の車内に防犯カメラ(客室・デッキ部)を設置、また不審者情報を収集し駅員たちで共有するなど、対策強化に乗り出しました。

 さらに今回は、座席を外して盾にするということを指示されたと当該車両の乗客は話します。新幹線の座席の座面は上に持ち上げると簡単に外れるように作られていて、JR東海によると、乗務員教育の一環で凶器を持った人間と対峙するとき座面シートを盾に使うというマニュアルがあるといいます。今回、乗客に身を守る手段として車掌が乗客に手渡したとされていますが、これが有効だったのか、今後検証していくということです。

 未然に防ぐには、乗客の「荷物検査」の必要性が議論に上りますが、危機管理の専門家で公共政策調査会の板橋功さんによりますと、満員で約1300人が乗車し4分間に1本のペースで運行されている新幹線での全乗客の荷物検査は、最大のメリットである利便性が損なわれるため不可能だといいます。

 板橋さんが提案しているのは「ランダム検査」。事前に告知をせずに不特定な時間に不特定な人を乗車前検査するというもので、チェックされるかもという気持ちにさせることで、一定の抑止力が期待できると指摘します。

この記事をシェアする

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

中京テレビNEWS トップへ