• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

オウム 松本死刑囚ら7人の刑執行 後継団体施設を警戒 河野義行さん「晴れやかにはなれない」

報道局
愛知特集 2018/7/6 18:04

 地下鉄サリン事件など、世間を震撼させたオウム真理教の一連の事件。

 法務省は6日、オウム真理教の教祖・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら7人の死刑を執行しました。 

死刑執行を受け後継団体の動きを警戒

 この地方には、オウム真理教の後継団体が2つあります。死刑執行を受け、名古屋市中区にある「アレフ」の施設では。

 「今扉が開きました。11時50分過ぎですね。これから公安調査庁の職員らによる立ち入り検査が行われます」(森 葉月 記者)

 公安調査庁の検査は、施設の実態の把握を目的に行われたとみられ、約2時間半続けられました。

 ほぼ同時刻には、元オウム真理教幹部の上祐史浩氏が立ち上げた「ひかりの輪」の施設でも。

「ひかりの輪名古屋支部前です。現在公安調査庁による立ち入り検査が進められていますが、中の様子は確認できません。」(谷口知輝 記者)

 愛知県警は、これら関連施設周辺への警備体制を整えていて、“死刑執行の余波”への警戒を強めています。

河野義行さん 死刑執行については

 24年前、松本サリン事件で妻を亡くし、今は愛知県に住む河野義行さん(68)。

 先月、中京テレビの取材に応じました。

「仮に死刑執行されたらどう思うか」との質問に対し。

「失ったものは帰ってこないわけですから、相変わらず寂しいとか悔しいという思いは残ると思うんですね。だから仮に(死刑)執行があっても、晴れやかにはなれないと思っています」(河野義行さん)

 名古屋拘置所には、一連の事件に関与した岡崎一明死刑囚と横山真人死刑囚が収監されていますが、死刑執行の日程などについては明らかにされていません。

この記事をシェアする

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

中京テレビNEWS トップへ