• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

「水うちわ」猛暑で人気 風情ある不思議なうちわ 岐阜・長良川鵜飼がはじまり

報道局
岐阜特集 2018/8/6 12:00

 

 岐阜県美濃市にある、和紙の専門店。水の入った桶に浸して用いる“水うちわ”が、猛暑で人気です。

 

 

「今年は暑いので店頭にある物を見ていかれる方も多いですし、遠方に送られる方もみえる。水うちわ目指して買いに来る人が増えた(気がする)」(カミノシゴト 神谷文与さん)

 うちわとしては高価なものですが、今年は続く異常な暑さのためか、すでに去年よりも5パーセントほど売り上げが増えているそうです。

「水が飛んで気持ちいい」(観光客)
「こういう伝統・文化に触れる機会ができて、暑い中でも来てよかったなと思います」(観光客)

 水うちわが登場したとされるのは、100年以上前の明治時代。当時は長良川鵜飼いの船上から、水うちわを川につけ、見物客が涼んだという逸話もあります。

 

 

 そんな水うちわですが、最盛期には200人以上いた職人も、いまでは数人に。1965年頃~2005年頃までの期間には、完全に生産がストップしていました。

 その要因の一つが、水うちわに使われる特殊な薄い紙、雁皮紙(がんぴし)が手に入らなくなったことでした。

 

 

2005年の愛・地球博 “水うちわ”復活

 水うちわの復活に一役かったのが、岐阜市内で和紙の会社を営む家田学さんです。

「(2005年の)愛・地球博のときに、和紙の新しい商品の展覧会を岐阜駅でやらせていただいて、その中に水うちわも展示した」(家田さん)

 

 

 愛・地球博の際に、限定100本で水うちわを製作し販売したところ、即完売。その後も、復活を望む多くの声あったことから、生産を再開することに踏み切りました。

 そして、それ以外にも、家田さんにはある思いがありました。

「和紙の市場はどんどん衰退し、若者が育っても仕事がない。水うちわがブレイクしてくれなかったら、もしかしたら職人たちの何人かはやめていたのでは」(家田さん)

 水うちわの人気が出たことで、若手和紙職人たちの仕事が増えたといいます。

「まとめて2~3本買う人も多く、どうも海外に持っていくお土産にしているようです。この10年間まったく人気が衰えず、作っている側も驚いています」(家田さん)

 人気が拡大している“水うちわ”、皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか?

岐阜特産“水うちわ”猛暑で人気 歴史ある不思議なうちわ 伝統文化で涼む

この記事をシェアする

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

中京テレビNEWS トップへ