• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

【新型コロナウイルス】東海3県への影響
投稿BOX

高齢化に伴う支出増加と増えない税収、お金がない三重県が事業実現のため頼ったのは

報道局
三重特集 2018/8/22 15:00

 

 三重県は東海三県で一番お金がないという話を聞き、三重県の財政の状況を調査するため、取材班は三重県庁へ向かいました。

 

節電のためなのか? 県庁内は薄暗い

「節電ということで、廊下は暗いです」(佐藤和輝 アナ)

 

 

 三重県のお金を管理する、三重県庁内にある財政課に伺いました。

(Q.三重県の財政って正直どうなんでしょうか?)
「正直申し上げて、大変厳しい状況にあります。予算を編成するのも大変な状況です」(三重県 財政課 富永隼行 課長)

 高齢化に伴い社会保障費が増える一方、税収などは増えない現状で県の公債費(借金)も毎年増え続けているといいます。今年度の予算も愛知県が2兆4940億円、岐阜県が8130億円なのに対して、三重県は6968億円と東海三県で最も少ない額です。

 

 

さまざまな事業の実現のための、資金集めの方法を考えた それは“クラウドファンディング”

 そこで三重県では、県の事業の資金集めを行うため、“ある方法”に頼ることにしました。

「サンアリーナでのマットの設置についても“クラウドファンディング”を活用して、みなさまからの寄付をお願いしているところ」(三重県 財政課 富永隼行 課長)

 インターネットを通じて県民らに寄付を呼びかける、クラウドファンディングを活用。

 

 

 例えば、マットの設置には420万円以上を目標金額に設定しています。

 さらに、飼い主のいないネコの不妊・去勢手術にも120万円の寄付を募集。先月まで約2か月の間募集しました。

「募集額120万円に対して、217万5000円の寄付が集まりました」(三重県 財政課 富永隼行 課長)

 そして、ヘルプマーク。外見からは分からなくても障害や病気で、援助をしてほしい人が身に着けるマークです。この作成費用も寄付を募集し、さらにダムをPRするためのダムカードの作成費用、三重県立美術館が若手作家の作品を購入するためにも寄付を募集しています。

 

 

 今年度、8件もの事業が寄付頼みの、三重県。

(Q.他の自治体のクラウドファンディングはだいたい年間で何件?)
「(年間)多くても2~3件、多くは1件のクラウドファンディングしかやっていないところがほとんど」(三重県 財政課 富永隼行 課長)

 この解決策に、三重県の人はどう思うのでしょうか?

「寄付はしたい人がするので、それでやっていけるのならいいかなと思います。アーティストの作品を集めるのは面白そうだなって思います」(会社員)
「(寄付を)自分がやろうとはあまり思わないです」(小学校教諭)
「市民から集めてやるっていうのは、参加意識が出るのでいいと思います」(高校生)

 もし、寄付が目標金額に達しなかった場合は、不足分に別途予算を充てることはなく、集まった寄付金の範囲で事業を進めるということです。

 

高齢化に伴う支出増加と増えない税収、お金がない三重県が事業実現のため頼ったのは

この記事をシェアする

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

中京テレビNEWS トップへ