• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

イケメンゴリラ・シャバーニの新居 日本最大級の広さ 巨大タワー完備 東山動植物園

報道局
愛知特集 2018/9/6 12:30

 

 名古屋市千種区にある東山動植物園では、旧ゴリラ舎が6日にリニューアルオープン。その特徴とは?

 シャバーニといえば、今年6月、新施設への引っ越しのため見納めとなり、見納めの日には大勢の人が旧ゴリラ舎の前でシャバーニを見送りました。

「ゴリラの屋内展示室ですけどこの広さ、これが一番の売りです」(東山動植物園 茶谷公一 副園長)

 一番のポイントは、“日本最大級の広さ”。

 地下に屋内展示室を完備。289平方メートルの広さは、日本最大級。

 

 

「屋内の展示室にいても快適な本来の野生にできるだけ近づける必要があるので大きくしました」(東山動植物園 茶谷公一 副園長)

 屋内では、今までよりもさらに近くで動物たちの様子を見ることができるため、迫力満点。シャバーニも近くまで顔を見せに来てくれました。

 

 

 さらに、屋外にもポイントが。

 設置されたのは、巨大タワー。このタワーの高さは8メートル。しかし、シャバーニといえばいつも地面にいる印象ですが、タワーのような高いところに登るのでしょうか?

 

 

「ニシゴリラ(シャバーニの種類)は樹上性(樹上で生活する習性)ではないが、野生でも木を利用することが多いので、本能的に登りますね」(東山動植物園 茶谷公一 副園長)

 実はシャバーニ、高いところが大好きだといいますが、しかし

「いまは慣れていないので、外に出ているところをご覧いただけないんですけど」(東山動植物園 茶谷公一 副園長)

 8メートルの巨大タワーに登ったシャバーニを見ることができるのは、もう少し先になりそうですが、新施設では“シャバーニの知られざる素質”を見ることができるかもしれません。

 新しく完成した新施設に、動物園側の期待は膨らみます。期待が膨らむその背景の一つに、東山動植物園の入場者数の問題がありました。

 実は、去年までの同時期と比べると、入場者数が減少傾向になっているといいます。

 

 

 この施設の開設に伴い、下半期でなんとか入場者を取り戻し挽回したいと考えているのです。

 その期待は、園内のグッズ売り場でも

「3段の棚と入口すぐの2段のとこに(売り場の変更をして)シャバーニのグッズを置こうかと」(ズーボゲート 責任者 古橋由英さん)

 シャバーニのグッズコーナーを拡大・新商品も増やすといいます。

 

【中京テレビ 「キャッチ!」 9月5日放送より】

イケメンゴリラ・シャバーニの新居 日本最大級の広さに巨大タワーを完備 東山動植物園

この記事をシェアする

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

中京テレビNEWS トップへ