• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

高級「クロスズメバチの巣」 巣作り名人が今年、大ピンチのワケ

報道局・遊軍
愛知岐阜特集 2018/10/29 15:00

 

 今、愛知県内の各地で毎年行われる「伝統のハチ祭り」が相次いで中止になっているといいます。一体なにが?

 

 取材班が訪れたのは、静岡県との県境も近い奥三河の町・愛知県東栄町。この地方で中止が相次いでいるという、ハチ祭りについての手掛かりを求めて、地元のハチ名人を訪ねました。

 名人の巣箱から出入りしているハチをよく見てみると、日ごろよく見るミツバチとは少し色合いが違いました。

「これはクロスズメバチです。(Q.クロスズメバチを、地元では何と呼ぶ?)ヘボですね」(とうえいヘボ会 伊藤孝 会長 74歳)

 ちなみに、名人の伊藤会長は、ヘボ歴60年の大ベテランです。

 

 

クロスズメバチの巣の大きさや重さを競う

 伊藤さんが飼っていたのは、クロスズメバチというハチ。一体何を競うのでしょうか?

「(巣の)大きさと重さです」(とうえいヘボ会 伊藤孝 会長)

 今年で15回目を迎えるという、巣の大きさや重さを競う「ヘボサミット」。ヘボ愛好家が自慢の巣を持ち寄ります。東栄町のみならず、毎年この時期に愛知県内の各地で開かれているといいます。

 

 

 また、会場では“巣そのもの”を買う人もいるといいます。一体、巣を買ってどうするのでしょうか?

「食用ですね。つくだ煮が多いですね。砂糖としょうゆで煮て」(とうえいヘボ会 伊藤孝 会長)

 巣に住み着いている、ハチの子を食べるのが目的。愛知県奥三河地方や岐阜県東濃地方では、古くからハチの子を食べる習慣があります。ハチの子は山間部での貴重なタンパク源として、昔からその食文化は根付いてきました。しかも、この巣はかなりの高級品で、1キロ9000円の値がつくほどだといいます。

 

 

 しかし、今年は問題が・・・

「(巣の成育が)悪いことは事実ですよね、今年は全体に」(とうえいヘボ会 伊藤孝 会長)

 例年に比べると、発育が悪いといいます。順調に育っている巣は、ハチが大量に住み着いているため危険なので取り出せませんが、うまく育たずハチがいなくなってしまった巣を見せてもらいました。

「(Q.(クロスズメバチが)少し残っていますが?)これはすぐ死んでいきます。(原因は)やっぱり夏場の暑さじゃないかと思います。台風もあったし雨も多かったし」(とうえいヘボ会 伊藤孝 会長)

 

 

 今年襲った台風などで湿度が上がり巣にカビが発生したこと、大雨でハチが外へ出られず十分なエサを取れなかったのが、巣が育たなかった原因だといいます。

 本来であれば取って来た巣を上の箱に入れ、ハチを増やしながら下の箱へ大きく育てるはずでしたが、今年は難航し、小さな巣ばかりなのだといいます。そのためか、今年愛知県内で行われる予定だったコンテストは、豊田市・設楽町・新城市など、軒並み中止となる事態になっています。

 

 

 しかし、東栄町では何とか参加者を確保し、例年通りヘボサミットを開催できることになりました。

 

クロスズメバチの巣の育て方は?

 そもそも、このクロスズメバチの巣はどのように育てるのでしょうか?

 巣作りの名人に、伺いました。案内してもらったのは山中。巣の制作は、7月に巣を取る所から始まるといいます。

「(Q.巣はどこにある)巣はずっと山の高い方。木の根元とか、巣は全部土の中にあるんです」(とうえいヘボ会 山本敏夫さん 70歳)

 

 

 ハチの巣といえば家の軒先に巣を作っているのをよく見かけますが、クロスズメバチが巣を作るのは、土の中。古い切株の横などに埋まっているといいます。

 掘り起こした巣は大切に持ち帰り家で育てますが、そこで大切なのが「エサ」です。

「これ全部鶏のささ身です。ハチは脂身のある所はダメなんですよ。ささ身は脂身がないからいいんです」(とうえいヘボ会 和合克美さん 73歳)

 脂身の少ないささ身肉は、クロスズメバチの大好物。さらに砂糖水も好物だそうで、3か月で砂糖を10キロ使うといいます。

 

 

 コンテストへは出さない巣を、特別に見せて頂きました。名人は煙でハチを気絶させ、巣箱から巣を取り出します。取り出した巣を見た記者は思わず、

「でかい」(記者)

 記者が驚くほどの、この巣の大きさはほぼ2キロ、約2万円だといいます。

 

 

 また、スギの大木をくり抜いた巣箱で巣を育てる人もいるそうで、大きなものは6キロにもなるといいます。

 

 

「自分が納得する大きさにしたい」(とうえいヘボ会 伊藤孝 会長)
「何とか上の順位にならんかなと思っています」(とうえいヘボ会 山本敏夫さん)

 一時は開催も危ぶまれた、ヘボサミット。ハチの「巣作り名人」たちが地元の文化を守っています。

 

高級「クロスズメバチの巣」 巣作り名人が大ピンチのワケとは

この記事をシェアする

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

中京テレビNEWS トップへ