• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

海女さんが作る郷土料理「手こねずし」が人気、地元で定番の裏メニューも 三重・志摩市

報道局・遊軍
三重特集 2018/11/13 13:00

 

 三重県で古くから食べられている、絶品郷土料理「手こねずし」。本来は冷たいはずのこの「手こねずし」が、最近、地元海女さんの工夫によって生まれ変わっているといいます。いったいどんな工夫なのか取材しました。

 

「まゆみちゃんのてこねずし」

 取材班は、三重県志摩市賢島(かしこじま)にある、英虞湾(あごわん)に向かいました。

 観光用のクルーズ船が浮かぶその傍らで、地元の海女さんが“ある”ものの販売を始めたといいます。

「手こねずし、いかがですか」(販売スタッフ)

 この地方の郷土料理「手こねずし」のお弁当です。商品名は、「まゆみちゃんのてこねずし」。

 

 

 お弁当を包む帯には、「現役海女さんの手作り」の文字。手こねずしの発祥地とされる、志摩の和具(わぐ)地域の海女さんが作る地元ならではの味を、お弁当にして販売しています。

 このお弁当を作っているのは、現役の海女(あま)・三橋まゆみさん(69)です。

 

 

 実はまゆみさんは、世界的にも名の知られた海女さんで、2016年に賢島で行われた伊勢志摩サミットでは、来日した各国首脳夫人らをおもてなししました。

 サミット終了後、まゆみさんに注目した海外のドキュメンタリー監督が、まゆみさんを主人公に映画を製作。それ以来、海外セレブなどが一緒に海に潜りたい、話を聞きたい、とまゆみさん目当てに人々が殺到しているといいます。

 

 

まゆみさんのてこねずし作りに密着

 そんなスーパー海女・まゆみさんが作る「手こねずし」。そのお味は。

「ほんとにおいしかったです。(今までの手こねずしと)何かちがう」(手こねずしを食べた客)

 この絶品手こねずしのおいしさの秘密を探るべく、取材班はまゆみさんのお弁当作りに密着しました。

 午前5時、早朝から仕込みは始まります。まずお米の炊飯。

 ご飯が炊けたら、砂糖、甘めの酢、漬け汁を混ぜて追い炊きします。そしてできた酢飯とカツオを手でこねます。これは魚の臭みに敏感な海女・まゆみさん独特の作り方です。

「作り方教えたらあかんやん。企業秘密やで。みんながまねしたら意味ないやん」(三橋まゆみさん)

 

 

 作り終えると、地元の魚屋さんや、仲間の海女さんたちが早く食べたいとお店までやってきます。

「(Q.ご自身では作らないのですか?)頂いたほうがおいしいです」(仲間の海女さん)

 地元の人も大好きな味。こうした現役海女のお手製で、地元発祥の「てこねずし」が食べられるのは、めったにない機会です。

 

地元では定番の手こねずし調理法とは、魚の生臭さが苦手な人にも人気

 さらにまゆみさんは、地元で定番だという手こねずしを使った料理を作り始めました。なんと、手こねずしをフライパンで炒めるのだといいます。

「これね、手こねチャーハンです」(三橋まゆみさん)

 出来上がったのは、カツオが炒められパラパラになったホッカホカの、その名も“手こねのチャーハン”です。

 なぜ手こねずしを炒めるようになったのでしょうか。地元の人に聞いてみました。

「チャーハンですね。火を通すと違う味わいになる。地元はみんなやる」(地元の人)
「自分で魚をもっておかず焼いたり、いつもたべてますよ。(Q手こねずしも?)うん、あったらな(焼く)」(地元の海女)

 海女さんたちは、漁を行う時に冷えた体を温めるために小屋で火を焚きます。その火で、手こねずしをおにぎり状にして、あぶって食べたことが手こねのチャーハンの始まりではないかということです。

 

 

 海女さんの生活の中から生まれた、手こねのチャーハン。ちなみにお店では裏メニューだそうです。

「(この時期は)船の行き来だけで、なんか話題性もない。船だけでは寂しい。何かおいしいものもって帰ってもらいたいな」(三橋まゆみさん)

 毎年100万人以上が観光に訪れる志摩市ですが、7月~8月の夏期のピーク期が過ぎると観光客が大幅に減少するといいます。

 しかし、この手こねのチャーハン、最近では意外な反響もあるそうです。

「イッツデリシャス」(アメリカからの観光客)
「全然違う味。生ものがあんまり好きじゃない人はこれのほうがいいかな」(フランスからの観光客)

 

 

 手こねずしを炒めることで魚の生臭さが薄れ、特に外国人観光客にも人気のようです。

 “シーズンオフをあったかい食べ物でおもてなししたい”手こねのチャーハンには、そんな地元住民の思いが込められているようです。

 海女さんの知恵から生まれた志摩の家庭料理、シーズンオフの観光地を変えるかもしれません。

 

海女さんが作る郷土料理「手こねずし」が人気、地元で定番の裏メニューも 三重・志摩市

この記事をシェアする

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

中京テレビNEWS トップへ