中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

ソ連兵への“性接待” 73年間語られなかった乙女の犠牲 岐阜・白川町黒川地区

報道局・遊軍
愛知三重岐阜特集 2018/12/6 15:00

 

 今から77年前の1941(昭和16)年12月8日は、旧日本軍がハワイのアメリカ軍基地に奇襲攻撃をかけ、太平洋戦争が始まった日として知られています。1945年8月15日に終戦を迎えてからも、一部の日本人には過酷な運命が待ち受けていました。

 70年以上タブーとされ、公に語られることがなかった悲惨な出来事。その悲惨な経験を後生に伝えようと、事実を語り続ける女性がいます。女性たちの命を懸けた犠牲についての証言です。

 

 

 岐阜県白川町・黒川地区。ここに「乙女の碑」という1体の像があります。

 

 

 この像がここに立つ意味。それを地元の人は語りたがりません。

「ずっとタブーにしてきた」
「そんなもん言えるわけはない」(地元の人)

 タブーとされ、秘密にされた出来事。それは70年以上前の出来事です。

 

 

 1932(昭和7)年から、日本が事実上の植民地としていた中国北部の満州。日本は国策として、本土から満州に移住する人を募りました。

 

 

 この時、黒川地区からも多くの人が開拓団として海を渡りました。

 しかし、1945年8月、ソ連軍が満州に侵攻。その後、日本の敗戦が決まると中国人が暴徒と化し襲ってきたのです。

 集団自決を選ぶ開拓団もあるなか、黒川開拓団はある決断をします。

 それは、侵攻してきたソ連兵に若い女性を差し出し、「性接待」を行うその見返りとして、暴徒から守ってもらうというものでした。

 

 

 開拓団の中から選ばれ、ソ連兵に差し出されたのは、当時18才から21才ぐらいまでの女性15人。その内の1人が佐藤ハルエさん(93)でした。

 

 

「ソ連の兵隊に(暴徒からの安全確保を)頼むには、女を提供するということで、私どもは犠牲になったわけ。(開拓団の男性たちに)どうかあんたら体をはって頼むといわれましたので、仕方ないわ、ここのためならと思いまして」(佐藤ハルエさん(93))

 ソ連兵に差し出された15人の女性のうち、4人は性病などで死亡。彼女たちの犠牲のおかげで、開拓団の7割以上にあたる約450人が、無事に日本に帰国することができました。

 

 

 この事実を忘れまいと、建てられたのが「乙女の碑」だったのです。

 

 

 しかしその後、悲惨な過去を語ることはタブーとなっていき、世間に広く知られることはありませんでした。ソ連兵に差し出された15人のうち、存命なのは、ハルエさんを含む3人だけ。ハルエさんは自らの体験を何とか後生に伝えたいと、30年以上も前から事実を隠さずに話し続けてきました。

「恥ずかしい目にも遭い、一歩間違えれば死ぬ境を通ったのに」(佐藤ハルエさん(93))

 ハルエさんの証言が注目され、広く知られることになったのは、ここ1、2年のことです。

「口を閉ざしていてはだめでしょう。悔しい体験であろうとも、話して残していくことが人間の社会の歴史じゃないですか」(佐藤ハルエさん(93))

 

 

 そんな彼女たちの言葉が、地元の遺族会を動かします。地元の女性たちや遺族などへ、ソ連兵に対し女性を差し出した事実を、公にするよう理解を求めました。

 

 

「一定の(元開拓団員)には回ってもらわないことにはいかん。賛成でない人もいるし」
「わたしは賛成。助けてもらって、おかげさまで帰ってこられた」(元黒川開拓団員の女性)

 

 

 そして11月18日。「乙女の碑」の脇に、新たに「碑文」が建てられました。

 

 それは開拓団を守るために、ソ連兵に差し出された15人の女性たちが、どのような目に遭い、犠牲となったのかを記すものでした。碑文には生々しい言葉が並べられ、壮絶な出来事を正面からつづるものとなっています。

「若き女性の取り戻すことができない、奪われた青春。大変申し訳ない思いでいっぱいです」(黒川分村遺族会 藤井宏之 会長)

 

 

 地元の遺族会は、これまで事実を公にしていなかったことを正式に謝罪しました。

「(犠牲となった女性たちも)よくわかってくれると思います」(佐藤ハルエさん(93))

 

 

 この碑文が完成したことで、新たに分かってきたこともありました。当時現場にいた人たちが、胸にしまいこんでいた事実を話し始めたのです。

「今日の今日まで知らなかったんですけども、松花江(旧満州を流れる川)を渡るときに、現地の中国人に(川を渡る代償として)女性を要求された。私の妹も犠牲になったと。そのおかげで(町の人が)松花江を渡れたんだと言われて。私が事実を知って、妹が今ごろ救われたと静かな気持ちになりました」(元黒川開拓団員の女性)

 

 

 当時13歳だった妹が、開拓団の人を救うために我が身を差し出していたという事実。この女性は73年がたったこの日、初めて知りました。

 

 

 新たに建てられた碑文の最初には、犠牲となった女性が詠んだ詩が刻まれています。

「次に生まれるそのときは、平和の国に産まれたい」

 

この記事をシェアする

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

中京テレビNEWS トップへ