中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

山中和紙の原料「楮」の「雪ざらし」 岐阜・飛騨市

報道局・岐阜支局
岐阜 2019/1/21 11:40

 豪雪地帯で知られる岐阜県飛騨市河合町で、和紙の原料となる「楮(こうぞ)」の雪ざらし作業が行われています。

 「楮」から作られる和紙は山中和紙と呼ばれ、鎌倉時代から800年続く伝統産業です。素朴な美しさと優しい感触が特徴で、便せんやインテリアなどにも使われています。

 和紙職人の柏木一枝さん宅では、和紙の原料の「楮」の皮を積もった雪の上でさらす「雪ざらし」の作業が行われています。作業は、黒ずんだ「楮」を太陽の光と雪を利用して伝統的な方法で漂白するもので、繊維を傷つけない自然な方法が丈夫な和紙を作るのに欠かせないということです。

 独特の白さが出ると「楮」は軒下につるし20日間ほど天日干しにするそうです。

 「雪ざらし」は来月まで行われ、いくつもの工程を経て和紙に仕上げられるということです。

山中和紙の原料「楮」の「雪ざらし」 岐阜・飛騨市

この記事をシェアする

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

中京テレビNEWS トップへ