• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

【新型コロナウイルス】東海3県への影響
投稿BOX

深夜の住宅街で馬がいななく 正体は“脱走”馬 なんと赤信号で止まったか 岐阜市

報道局
岐阜特集 2019/2/4 18:58

 カメラがとらえていたのは、牧場から脱走した馬。落ち着いた様子で1キロを歩いて移動したものとみられています。にわかに信じがたいのですが、赤信号で止まったというんです。

 これは、3日午前0時すぎ、岐阜市内の住宅街で撮影された映像。

 聞こえてきたのは、「ヒヒーン!」とい大きなイナナキ。路上を悠然と歩きまわります。

「布団に入って寝ようとした時に、外で「キキー」っていう音がして、車のブレーキ音だと思ったんですけど、それにしては5秒ぐらい、かなり長くて。おかしいぞと思って、窓の外から見ると馬が歩いていてビックリした」(目撃した人)

 駆け付けた警察が驚いたというのが馬の落ち着きぶり。交差点の前で信号待ちをしているような様子もあったといいます。

 この馬はどこからきたのでしょうか。それは、同じ岐阜市内にある引退した競走馬約80頭を育てている牧場でした。

 牧場担当者によると、普段は大人しい性格だったという馬。しかし今回は、脱走を防止するための入口のロープを噛みちぎり逃げだしたといいます。

 その後、牧場から1キロほど離れた住宅地を歩き回る馬の姿が相次いで目撃され、歩道には糞が残されていました。

 近隣住民は今回の騒動を聞いて。

「こんな方まで来たのは初めてじゃない?ビックリでしたよねぇ」
「夜遅かったからよかったようなもので、昼間はやっぱり危険ですわね」(近隣住民)

 今回、馬が歩いた道路は住宅や飲食店なども立ち並び、昼間には交通量が多くみられる場所です。

 大きくなれば体重が500キロほどにもなるという馬。ひとつ間違えば、車との衝突や通学中の子供たちに遭遇する可能性もあり大事故に繋がりかねませんでした。

 実際に過去にはこんなケースも。

 岐阜県笠松町で、6年前競馬場から脱走した馬が街中を走り車と衝突。

 車を運転していた男性が死亡する事故が発生しました。

 警察は、今回被害の報告などがなかったことから捜査はしない方針ですが、事故を防ぐためにも対策が急がれます。

深夜の住宅街で馬がいななく 正体は“脱走”馬 なんと赤信号で止まったか 岐阜市

この記事をシェアする

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

中京テレビNEWS トップへ