• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

【新型コロナウイルス】東海3県への影響
投稿BOX

東北の山形と間違えられてストレスたまる 救世主は「山県さくら」ちゃん 岐阜・山県市

報道局
岐阜特集 2019/2/10 8:00

 岐阜県山県市。東北の「山形」と間違えられることが頻繁にあるそうで、住民のストレスに…。そこで、知名度向上のため、役所が白羽の矢をたてたのが、「山県さくら」ちゃん。いったい何者なのか…。

Q.山県市の魅力は?
「空気の良いところでしょうね」
「清い水が一番じゃないですか」(山県市民)

 山に囲まれた豊かな自然が魅力の山県市。まちには恋人の聖地とされる伊自良湖(いじらこ)も。

 しかし、このまちは、ある大きな悩みを抱えています。 

「東北?って言われる。間違えられる」
「年賀状が毎年、山に“形”の“山形”で来ます」(山県市民)

 住民の大きな悩みとは、東北の「山形」と間違えられること。

 愛知県から急遽、仕事で山県市に向かうよう伝えられた男性は。

「急きょ言われて、“やまがた”だということで。え!?東北だと一瞬思った」(愛知県から来た人)

 知名度が低いといわれる岐阜県の山県市。

 まちづくりや企業支援を行う市の担当者は、頭を抱える事態に直面しました。

「合同就職説明会に出させていただいて、岐阜市で参加していましたが、学生さんに『やまけん』市からたくさん企業が来ていますねと。山県市と読めない学生さんの現状がありましたので、市役所としても 残念な部分はあると思います」(山県市PR担当者 土田浩司さん)

 山県市をもっと知ってもらいたい。そこで、市はある人物にまちのPRを託していました。

「山県市のPRをしていただく“山県さくら”と申しまして」(山県市PR担当者 土田浩司さん)

 市が目を付けたのは、若者たちをターゲットにしたPR活動です。

 24年前は、山県市にも6000人ほどの若者がいましたが、地元を離れたことで、4000人を割り込んでいます。

「山県市に愛着をもたない子どもたちが多いものですから、自分のまちに自信を持っていただける、愛着を持っていただける、知っていただける、興味を持っていただける。(若者を)うまく取り込んでいきたい」(山県市PR担当者 土田浩司さん)

 「山県さくら」のCGアニメキャラクターPR動画。全国の市町村では初めての試みだそうです。

 山県市が全国シェア1位を誇る水道の蛇口など、栓バルブの製造。その様子をさくらちゃんが解説し、まちの魅力をPRしています。

 さらに、2月1日から期間限定で山県さくらちゃんとコラボしたメニューやグッズを販売するカフェ「ハーブレンド」が山県市の四国山香りの公園内にオープン。

 しかし…。

「今、まだ誰もいなくて、がらーんとしていますが…」(記者)
「まだ始まったばかりですので…」(山県市PR担当者 土田浩司さん)

 なんとか、山県市を知って欲しい!そんなまちの努力は、今後、実を結ぶのでしょうか?

東北の山形と間違えられてストレスたまる 救世主は「山県さくら」ちゃん 岐阜・山県市

この記事をシェアする

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

中京テレビNEWS トップへ