• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

【新型コロナウイルス】東海3県への影響
投稿BOX

急増する特殊詐欺、警察官を名乗る男と電話中に「キャッシュカード」を取りに来る例も

報道局・社会班
愛知三重岐阜特集 2019/2/28 11:49

 「オレオレ詐欺」に代表される「特殊詐欺」。警察庁の調べでは、依然として増加傾向にあるそうです。こうした中、新たな詐欺の手口が急増しているといいます。

 私たちはある詐欺の手口に遭遇した男性に話を聞くことができました。愛知県に住む山本大貴さん(73)(仮名)です。

 今年1月、山本さんの元に、「西枇杷島署のイシダです。最近詐欺グループを摘発しました」という電話がかかってきました。警察官の「イシダ」と名乗る男は、山本さんの口座が詐欺グループに不正に残高照会されたので、金融庁に頼んで口座を凍結したといいます。

「『アオキという名前の(金融庁の)職員が封筒を持って行くから、それに(キャッシュカードを)入れて保管してくれ』と言われた」(山本大貴さん(仮名))

 電話でのやりとりを約1時間続けていると、金融庁の「アオキ」と名乗る男が、本当に山本さんの家を訪ねてきたのです。

 男はキャッシュカードと暗証番号を書いた紙を持ってくるように要求しました。するとその瞬間。

「刑事が飛び込んできて、5~6人なだれ込んできて、怒鳴りつけて逮捕ということになった」(山本大貴さん(仮名))

 実は山本さん、最初の電話の段階で詐欺だと気づき、騙されたふりをして時間を稼ぎ、家族が警察に通報してもらっていたのです。

 警察官の「アオキ」と名乗る男の計画では、まず山本さんが用意したキャッシュカードと暗証番号を封筒に入れさせます。その後、山本さんを一時離れさせ、そのすきに封筒をすり替え、キャッシュカードを盗み取るつもりだったとみられています。

「(詐欺だと分かっていても)ちょっと焦る。本物のカードを渡してしまう可能性もあるし」(山本大貴さん(仮名))

 手口の特徴は、電話の最中に実際に犯人が家を訪ねて来るということです。そうすることにより動揺して、冷静な判断をさせない狙いがあるとみられます。このような手口はキャッシュカードを盗む犯行で「詐欺盗」と呼ばれています。

 では、どんな対策をすればよいのでしょうか。

「キャッシュカード」という言葉に注意すること。役所などが、「キャッシュカード」や「暗証番号」を要求することはありません。電話の相手から、「キャッシュカード」という言葉を聞いたら、“詐欺かもしれない”と警戒することが大切です。 

急増する特殊詐欺、警察官を名乗る男と電話中に「キャッシュカード」を取りに来る例も

この記事をシェアする

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

中京テレビNEWS トップへ