• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

名古屋と岐阜で桜の開花、桜の名所では早くも桜を楽しむ人の姿も 満開はいつごろ

報道局
愛知特集 2019/3/22 19:11

 ついに22日、名古屋と岐阜で、桜の開花しました。名古屋の桜の名所では開花を満開だと勘違いしてお花見に来た人も。周辺のお店では、そのお花見客をのがすまいと、早くも準備に大忙しの様子です。

 22日午前9時過ぎ、名古屋市千種区にある名古屋地方気象台では、ソメイヨシノの標本木を確認する職員の姿が。

「ぱっと見て、5~6輪以上咲いているというところで、桜の開花をこれから発表したいと思います」(職員)

 平年より4日早い、名古屋の桜の開花を発表。待ちに待った瞬間がついに訪れました。

 そして、岐阜地方気象台でも午前11時過ぎに開花を確認。こちらも平年より4日早いということです。

 東海地方に訪れた「春」。桜の名所、名古屋市昭和区の鶴舞公園では、まだつぼみが目立っていましたが、早くも花見客の姿が。話を聞いてみると。

「満開日と開花日を間違えました」
「午前6時半から寝袋を使って、場所を取っていました。誰もいなかったです」(花見客)

 22日の最高気温17.1℃と、過ごしやすい天気に恵まれた名古屋。公園を訪れた人たちは、咲き始めの桜を思い思いに楽しんでいました。

 そんな中、写真を何枚も撮り続ける男性の姿が。

「(桜の写真は)地元にいる両親に送りたいと思っています」(飛騨出身の男性)

 岐阜県飛騨市から3年前に就職のため、名古屋に引っ越してきたという男性。

「飛騨市の方が寒い地域なので、4月の中旬ぐらいからやっときれいに咲き始める。(開花の)知らせができてよかったと思います」(飛騨出身の男性)

 開花の知らせを受けて忙しくなるのは、鶴舞公園近くのお弁当屋「本家かまどや鶴舞店」。

 この日も弁当の注文や問い合わせに追われていました。

「忙しいですね。1年で一番の繁盛期になるので」(本家かまどや鶴舞店 岸井千幸 店長)

 花見シーズン中、一日の売り上げが多い時で、通常の約5倍にものぼるというこちらのお店。期間中は、店員の数を増やして対応するということで、新人アルバイトの指導にも力が入っていました。

「雨が降らないはもちろんですが、穏やかないい日が増えてほしい」(本家かまどや鶴舞店 岸井千幸 店長)

 開花となった名古屋の桜。鶴舞公園で、私たちは、こんな方に出会いました。

「毎日いつ咲くかなと楽しみにしていたので、きょう見たら咲いていて良かった」(入院中の男性)

 公園近くの病院に1か月前から入院しているという男性。特別な思いで「桜」を待っていたといいます。

「ちょうど日曜日も退院が決まり、開花も見られて、これからも頑張ってやっていきたいなといううれしい気持ちです」(入院中の男性)

 さまざまな思いで迎えた桜の開花。名古屋地方気象台によると、あと一週間ほどで満開の桜が楽しめそうだということです。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

中京テレビNEWS トップへ