• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

花見のマナー問題 「ポイ捨て」や写真撮影のために「枝を持つ」、「花を持ち帰る」人も

報道局
愛知特集 2019/3/28 16:20

 いよいよ春本番。名古屋の桜の名所、鶴舞公園も花見客でにぎわっています。しかし、行ってみると散乱するゴミに、なんと桜の枝が折れる事態も。一体マナーはどうなっているのでしょうか。

 桜の名所として知られる名古屋市昭和区の鶴舞公園。咲き始めた桜の下では、風が冷たく感じられるなかでも多くの人が花見を楽しんでいました。

 提灯(ちょうちん)の明かりを頼りに、トランプで盛り上がるグループ。実は会社の先輩によるさまざまな“気遣い”がありました。

「できる先輩なので、場所取りしてもらったので、若手が楽しちゃっているかな」(会社の後輩)
「無理にお酒を勧める時代は、僕らの世代ではだいぶなくなってきてる」(会社の先輩)

 かつて、花見の場所取りといえば、若手社員たちの重要な仕事。酒を交わし親睦を深めたころから時代は移り変わろうとしているのかもしれません。

 そして、夜が更けるにつれて、宴の様子は変わっていきます。

 子どもたちにダンスを教えるインストラクターたちは、花見というよりも踊りに夢中。気分が高まってか、お酒をあおる人の姿も。

 さらに、写真を撮ろうと枝を持つ人。

 公園の管理者は、枝が傷つく恐れがあるため、桜の木に触ることは控えてほしいと呼びかけていますが。

「花見をしていた男性らが棒を振り回して遊んでいたところ、桜の枝に当たり、枝が折れてしまっています」(記者)

 枝が途中で折れ、垂れ下がってしまった桜の花。男性らは、棒を振り回した際に、誤って当たったと話していますが、傷ついた桜はもとには戻りません。

 また、開花したばかりの花を摘み取ってしまう光景も見られました。

「桜は、みなさんの宝物といっても過言ではない。桜を大切に見ていただくためにも、折れてしまうようなことをしないようにしてほしい」(鶴舞公園事務所 鶴田正治さん)

 こうした“マナー違反”をする行為は度々見られるといいます。

Q.どんな行為が迷惑ですか?
「酔い過ぎちゃって、泥酔して寝てしまうとか」
「暴力とか。人さまに迷惑かけなければ」(花見客)

 取材班が2016年に目撃したのは、鶴舞公園でガスコンロを使い調理をする光景。

 鶴舞公園内では、火事を防ぐためガスコンロはもちろん、IH調理器の使用も禁止されています。

 さらに、花見のマナー違反は他の地域でも。ゴミ捨て場ではないマンションの敷地に容器を捨てていくなど、ゴミのポイ捨てが問題になっています。

 朝の鶴舞公園を見てみると、あちこちに空き缶や食べ物のゴミが散乱しています。

「上を見るときれいなんですけど、下を見ると、あらって残念な気持ち」(公園の利用者)

 桜と共に、毎年の光景となってしまったゴミのポイ捨て。マナー向上のため、公園の管理者は見回りを強化しています。

 また、シートを置きっ放しにする“無人の場所取り”はトラブル回避のため禁止にし、巡回を増やすといいます。

 マナーを心がけ、お花見を楽しみたいものですね。

花見のマナー問題 「ポイ捨て」や写真撮影のために「枝を持つ」、「花を持ち帰る」人も

この記事をシェアする

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

中京テレビNEWS トップへ