• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

猫の殺処分が倍増、「もう飼えない」成長した猫の保護が急増する背景とは 名古屋市

報道局
愛知特集 2019/4/7 8:00


 名古屋市では昨年度、猫を殺処分した件数が前の年から倍増しており、その裏側には深刻な事情があるといいます。その事情とは。

 多くの猫が保護される名古屋市動物愛護センターで引き取り手を待つ猫たち。最近、保護される猫にある変化があるといいます。

「(こちらの猫は)11歳ですね。3月の半ばぐらいに来たと思います。大人の猫が多いですね」(名古屋市動物愛護センター 島崎亜紀さん)

 

 

 実は、“大人の猫”の引き取り件数が、平成29年度の42匹から昨年度は約6倍から7倍にも増えているといいます。

「平成29年度は 10匹以上の収容は1件しかなかったが、昨年度はたくさんの10匹以上の収容があったというのが大きいです。飼い主さんが病気になったりとか、どんどん増やしてしまったり」(名古屋市動物愛護センター 島崎亜紀さん)

 名古屋市によると、年々減少傾向にあった猫の殺処分数は2017年度の76匹から昨年度(2月末)は174匹へと倍以上になりました。

 

 

 飼い主が猫を“どんどん増やしてしまう”というケースは去年5月、東海地方でも問題になりました。

 住宅で世話が行き届かない状態で、40匹以上の猫を飼育し、付近の住民に迷惑をかけ続けたとして、住人の姉妹が強制的に退去となったのです。

 この件でも、多くの猫がセンターに保護され、その後すべての猫が引き取られました。

 しかし、こうした多頭飼育の現場から引き取られた猫には難しい問題があることも。

 

 

「この子なんか外の世界を全然知らないで3年やってきたので、怖くて怖くて、1か月近く、まともにご飯が食べられなくて」(名古屋市動物愛護センター 島崎亜紀さん)

 多数で飼われていた猫は管理が行き届かず、健康状態のよくない猫や、人に対して警戒する猫が多く、なかなか譲渡されるのが難しいといいます。

 名古屋市内のとある住宅でも、60代の男性が増えすぎた飼い猫に悩んでいました。

「(最初は)4匹。みんなここで生まれて増えた」(名古屋市内に住む 60代の男性)

 部屋は契約上、猫を飼うことはできません。もともと猫好きだった男性が8年前に拾ってきた4匹の猫は、数年で60匹まで増えました。

「部屋がめちゃくちゃで、臭いとかね」(名古屋市内に住む 60代の男性)

 

 

 男性には予想外の出来事だったといいます。その後、周辺住民がボランティアに相談。ボランティアとともに改善に努め現在では30匹にまで減ったといいます。

 しかし、今も引き取り手を探してはいるものの、すべての猫に避妊手術を施すことはできていません。

 東京・杉並区にある「ねこけん動物病院」。こちらの動物病院では、野良猫や飼い猫の去勢・避妊手術を多いときは1日に25匹も行っています。

 

 

 猫が繁殖しすぎてしまった多くの現場を見てきた溝上さんは、

「多頭飼育してしまっている状況を、増えれば増えるほど人に言えなくなってしまう。表に出づらいと思います。予備軍はたくさんあると思います」(溝上奈緒子さん)

 犬などに比べ鳴き声の小さい猫は数が増えても周りも気付けず、表面化しにくいという側面も。

 名古屋市は今後、多頭飼育の際の届け出の義務化やワクチンの助成金などを検討するとともに、ボランティアや管理組合と連携して深刻な事態になる前に状況を察知していきたいとしています。

この記事をシェアする

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

中京テレビNEWS トップへ