中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

二宮金次郎像 薪を背負って読書しながら歩く勤勉・勤労少年 なぜか座った姿で発見 そのワケとは

報道局
愛知特集 2019/4/21 7:00

 小学校の校庭に置かれた「二宮金次郎」の像を覚えている方も多いと思いますが、薪を背負って読書しながら歩く少年は、なぜか最近では座って読書する姿になっていたといいます。その理由とは。

Q.小学校にある像といえば?

「二宮金次郎」(20代女性)
「二宮金次郎」(80代女性)
「薪(まき)を背負って本を読んでいる」(60代男性)

 昔から、多くの小学校にあった“二宮金次郎像”。薪を背負い読書をしながら歩く姿は、勤勉と勤労の象徴としておなじみですが、今や全国的に少なくなってきているそうです。

 

座った理由は 歩きスマホ防止のため?

 その二宮金次郎像がちょっと変わった姿で建てられたという情報をもとに、取材班は愛知県刈谷市に向かいました。するとその姿は…なんと歩いているのではなく座っています。薪を背負って本を読む、その姿は間違いなく二宮金次郎像です。

 会社の敷地内にある、この座っている二宮金次郎像。なぜ座っている像をつくることになったのか会社の創業者で会長の杉浦さんに聞いてみました。

「二宮金次郎イコール立った姿で薪を背負って本を読んでいる。これは今スマホをやりながら歩くのと一緒で、交通事故になっちゃいかんと。だったら座った二宮金次郎をつくったらどうだということで」(和光技研工業 杉浦和三郎会長)

 なんと座っているワケは、“歩きスマホ防止のため”だったといいます。

 杉浦さんはこれまで2体の二宮金次郎像を自費でつくってきました。そして去年、今の時代に合ったものをつくろうと、近隣の子どもたちの通学路にもなっている会社の正門横に“座った二宮金次郎像”をつくったそうです。

「社会の情勢からいうと、(座像)が正しいのかなと。子どもたちに素直な心を育ませるにはどうしたらいいかというのが原点」(和光技研工業 杉浦和三郎会長)

腰をおろしゆっくり考える時代かも

 そんな杉浦さんから依頼を受けてつくったのが、愛知県岡崎市で3代続く石材店の伝統工芸士・小野さん。

「今まで(座った像をつくることは)やったことないんですけど、座ってリラックスしたポーズがなかなか出せなくて、それが一番難しかった」(小野石材店 小野直行さん)

 これまで10体ほどの二宮金次郎像をつくってきたそうですが、座った姿をつくるのは初めてだったといいます。

 小野さんは、座った像の姿を見てふと思ったことがありました…

「つくってて思ったのは、(現代は)忙しい感じで世の中回っていて、ちょっと腰をおろして一服ゆっくり考えてみなという感じでした。座った金次郎、逆にいいなあと思いました。今からの時代は、座った金次郎の方が合っているような気がしました」(小野石材店 小野直行さん)

 小学校からの二宮金次郎像の注文が減る中、今意外なところからの注文は増えているといいます。

「今は年配の方の自宅に納めるのが多くなってきました。個人宅となると、そこの家族にかわいがってもらえるように意識してつくっています」(小野石材店 小野直行さん)

 小学校から徐々に姿を消している二宮金次郎像。像そのものの老朽化や校舎の移転などが理由だそうですが、こんな背景もありました。

「みんなその時代を知らないんですよね、二宮金次郎の生活環境とかバックグラウンドを。もう薪は子どもたちの目に入る機会もないもんで。道徳的とかいろいろ使うときに、その時代に合わなくなったんだと(聞いている)」(二宮金次郎に詳しい 修文大学短期大学部 中野靖彦教授)

二宮金次郎像 薪を背負って読書しながら歩く勤勉・勤労少年 なぜか座った姿で発見 そのワケとは

この記事をシェアする

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

中京テレビNEWS トップへ