• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

東海地方の大型連休3日目を取材、人気の行楽地・渋滞の状況は 愛知・岐阜・三重

報道局
愛知三重岐阜特集 2019/4/29 18:15

 “史上最長”の10連休のGW。3日目となる29日も、渋滞が各地でみられたほか、行楽地では大勢の人で人気アトラクションは3時間待ちという場所もありました。

 

29日 東海地方の混雑は

 くもりの天気となった29日。

 東海地方の高速道路で見られたのは、朝から行楽地へ向かう車。複数の場所で渋滞が見られました。

「時刻は午前10時30分です。東名阪道の四日市IC付近で渋滞が起こっています」(ヘリレポート)

 

 一方、こちらは見事な花を咲かせた桜。岐阜県高山市荘川町の県の天然記念物に指定されている「荘川桜」です。GWと見ごろが重なり、多くの人が訪れています。

 樹齢約500年の「荘川桜」。1年ごとに花芽が多い「表年」と少ない「裏年」を繰り返していて、今年は「裏年」にもかかわらず、花が多く咲いているそうです。

 

 名古屋市千種区にある東山動植物園では。

「フクロテナガザルのケイジ君の場所の沿道には多くの人が足を止めています。手を振ってケイジ君にアピールしている人もいます」(ヘリレポート)

 

 名古屋市港区の「レゴランド・ジャパン」では。

「道に多くの人がいるのが、上空からでもはっきりわかります。色とりどりで非常にカラフルです。ベビーカーを押している方も多く見られます」(ヘリレポート)

 

 そのレゴランドから西へ向かった先の道路は。

「ナガシマスパーランドへと向かう高速道路の降り口なんですけど、ここでも渋滞が起こっています」(ヘリレポート)

 そして、そのナガシマスパーランドでは。

「1万3000台分が収容できるという駐車場は、半分ぐらいは埋まっているでしょうか。その遊園地の近くの駐車場はほぼ満車の状態です」(ヘリレポート)

「3月28日にオープンしたばかりのハイブリッドコースター白鯨(はくげい)は、両手をあげて楽しんでいるお客さんの姿も見られます。木の奥のアーケードの下には、多くの待っている方の姿も見られます」(ヘリレポート)

 29日の「白鯨」は最高で約3時間待ちの状態だったそうです。

 

平成最後のセイウチの特別な技

 一方、多くの親子連れでにぎわう三重県鳥羽市の「鳥羽水族館」。人気のセイウチショーでは、平成最後の今しか見られない特別な技も。

 セイウチが飛ばした水鉄砲が、垂れ幕を留めていた紙に命中し、見事、新元号のカウントダウン成功。        

 5日前から行われているこのセイウチショー。はじめは失敗することが多かったといいますが、今では百発百中の名人芸です。

 さらに、屋内では、平成の時代に話題となった生物たちのイベント展の「平成の快物」展も開催。

 アニメ映画で人気に火がついた“カクレクマノミ”や、サンゴを食べてしまうことでニュースで取り上げられた“オニヒトデ”など、平成をにぎわせた生物、16種類が展示されています。

 中でも、平成と言えば、この魚。

「平成に話題となった生き物といえば、人面魚が一番最初に思い浮かびました」(鳥羽水族館飼育員 山岡隼さん)

 20年前、三重県尾鷲市の小学校で発見され、話題となった人面魚です。今回、鳥羽水族館は業者にお願いし、少しでも人面魚に見える鯉を探したといいます。

 

天皇皇后陛下が訪問された伊勢神宮では

 三重県の伊勢神宮には、全国から多くの人が参拝に訪れました。内宮前に設置された平成感謝の記帳所にも長蛇の列。

「平成最後で、家族としていい記念で。新しい時代で“いいことがありますように”という思い」
「平成の時代に日本では戦争とかがなくて、『ありがとう』という気持ちが天皇陛下に届けばいいと思って書きました」

 この記帳所、4月30日の正午まで設置されていて、集めた記帳は宮内庁へと届けられるということです。

 

「平成」で話題となった「平成(へなり)」地区では

 一方、岐阜県関市にある「道の駅平成」。

 29日の午前10時には、駐車場はすでに満車状態で、中には県外からの車も。

「群馬から来ました。きょうあすで(平成が)終わるので」
「金沢から。平成が終わる前に行ってみようって」(訪れた人)

 「平成」への感謝を込めた看板の前には、写真を撮るたくさんの人の姿がありました。

 中に入って見ると、そこにも沢山の人が。みなさん、平成グッズを買うためにつめかけていました。連休が始まってから、かつてないにぎわいで品切れも続出。売り上げも昨年の倍以上だといいます。

 そして数ある商品の中で、特に注目されているのが1個1080円の「平成の空気缶」。

 平成地区の空気を詰めた缶詰ですが、まさかの売れ行きだといいます。

 600個の限定販売の予定でしたが、発売から一週間ですでに300個以上売れたため、急ピッチで追加を作っているそうです。

東海地方の大型連休3日目を取材、人気の行楽地・渋滞の状況は 愛知・岐阜・三重

この記事をシェアする

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

中京テレビNEWS トップへ