• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

スマホで月のクレーターを撮影することができる「出張天体観測」とは 愛知

報道局
愛知特集 2019/5/25 9:00

 日々、SNSに投稿されるスマホで撮影した“絶景”写真の数々。そんな中、月のクレーターまではっきり見える「月の写真」が撮影できる「出張天体観測」のサービスがあるそうです。取材してみました。

 今月10日、愛知県幸田町にある旅館「天の丸」のテラスでは、出張天体観測が行われていました。

 撮影した写真を見せてもらうと、スマホで撮影したとは思えない月の神秘的な輝き。

 クレーターまではっきりと見ることができます。

 この出張天体観測の仕掛け人が岡崎市に住む山本稔さん(66)です。

 実は山本さんは星の世界ではちょっとした有名人なんです。岡崎市の自宅に伺うと、いたる所に趣味である“天体観測グッズ”が。

「93年が最初に新星を発見した時で」(山本稔さん)

 山本さんはアマチュアながらも、これまで10個の新星を発見しているすごい人なのです。

 定年退職後、多くの人に天体観測を経験してもらいたいと、重さ約50キロの望遠鏡を各地に持っていき、星空を案内するサービス「出張天体観測」を始めました。

 いつも同行してくれる、奥さまの佳枝さんの協力も必要不可欠だといいます。

「(夫の稔さんを)“天体バカボン”と言っておりますけど、黒子が必要だと思っておりますので、2人でセットという感じで仕方ないですね」(妻・佳枝さん )

 10日、愛知県幸田町にある旅館「天の丸」で行われた“出張天体観測”。日が暮れると、まずやってきたのは浴衣姿の家族連れです。

 家族を望遠鏡へと案内し、望遠鏡をのぞき込んだ男の子は「ちょっと見えた」と喜んでいる様子。

 そしていよいよスマホで月の撮影へ。地上から見る月とは違い、望遠鏡を使った撮影では、くっきり映った美しい月がスマホの画面に。

「科学館でしか見られないようなのが見られたので、親としては非常にいいなと思った」(宿泊客)

 静岡県から来たグループ客には、自分で撮影する喜びを知ってもらおうとアドバイスします!

「難しいのは位置を止めたまま、明るいんで、押さえ込んでシャッターを押す。まず自分でやってそれでもだめだったら手伝います」(山本稔さん)

 そして、写真の出来映えを見せてもらうと。

「ここがクレーターなんですって。いつまでも見ていたかった。神秘的ですね」(静岡からの宿泊客)

 天体観測だけではなく月の絶景写真の“お土産”まで手に入るこの出張サービス。

「月は何回見ても飽きないですよね。そこだと思うんですよ。きょう見たってすごいなと思いますもんね。」(山本稔さん)

Q.今後も続けていく?
「もちろん続けていきます、元気である限りは」(山本稔さん)

 天体観測の出張サービスは、愛知県内の宿泊施設へは6000円から、個人の家へは3000円からの料金(別途交通費)で利用できるということです。 

スマホで月のクレーターを撮影することができる「出張天体観測」とは 愛知

この記事をシェアする

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

中京テレビNEWS トップへ