• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

【新型コロナウイルス】東海3県への影響
投稿BOX

進化する「常滑焼」 伝統の急須が中国人に人気 その意外なワケとは

報道局
愛知特集 2019/5/26 9:00

 

 私たちにとっては当たり前に思えるものが外国の方々からみると斬新…ということがあるそうです。愛知県常滑市といえば焼き物の「常滑焼」が有名ですが、今中国で大人気だといいます。その意外なワケとは?

 

 

「こちらの商品パステルカラーのラインナップが並んでいます。デザインもずいぶん現代的です」(記者)

 淡い色合いでさまざまな色や大きさが揃う、急須。形もさまざまあり、注ぎ口に対して持ち手が後ろについているものもありました。

 

 

 実は、横についていた持ち手を後ろ手にすることで、日本茶以外にもコーヒーや紅茶にも使えるようになるといいます。

 

 

 また、漬け物などに使う“かめ”は持ち手のついた茶色いものが一般的ですが、積み重ねができるようにふたをフラットにするなど工夫をしました。

 このように、常滑焼の伝統的なデザインをアップデートさせたワケとは?

「昔ながらの素材を利用して、作り方も同じ作り方をして、若い人や子どもたちが常滑焼を触れられるようにしたい」(TOKONAME STORE 鯉江優次さん)

 

 

 大量生産の時代。安い海外製の食器の登場とともに常滑焼の生産量は落ち込み、担い手もピーク時の3分の1以下に。そこでこの店では、現在のライフスタイルにあった使い勝手と、伝統的な作業工程を融合。常滑焼の価値を再発見してもらおうと、5年前から製造を始めました。

 また、常滑焼を体験できる陶芸教室が地域の伝統を身近に感じてもらおうと開かれています。

 

 

「いま東京の学校にいても、割と(常滑焼を)聞いたりするので。新しいというか、いまっぽいものというふうに思った」(参加した男性)
「イメージが変わりました。こういう色も、私の世代では茶色い急須が常滑焼っていうイメージがすごくあったんですけど、色がカラフルですごくカワイイ」(参加した女性)

 従来のイメージを一新するような色合いは好評で、新たな常滑焼は受け入れられつつあるようです。

 

中国人観光客が買い求める「横の持ち手」急須

 その一方で、古くからのデザインを評価する声も。愛知県常滑市にある「常滑市陶磁器会館」で、熱心に急須を見ていたのは…

「上海、中国から来た。小さくてきれい(描かれた)模様が美しいですね」(中国から来た観光客)

 今、こうした中国からの観光客が急須を買いに連日訪れているといいます。

 

 

「前もって調べてきて、携帯で『これください』と。それがあると『やったー』という感じで」(販売員)

 中国にもお茶の文化はあり急須も存在する中で、常滑焼の急須が注目される理由とは…

「世界で日本だけが横手のハンドルで。常滑の急須自体が日本で一番クオリティも高い」(常滑陶磁器卸商業協同組合 磯部宏行副理事長)

 

 

 実は中国の茶器は、注ぎ口の“反対側”に持ち手があります。そのため中国人観光客が常滑焼の急須を見た際、彼らの常識では考えられなかった“横の持ち手”が新鮮に見えたのではないかといいます。さらに常滑焼の品質の良さも好評で、輸出量は3~5倍に増加しているといいます。

 

 

「中国・台湾の方たちのおかげで、急須の里が存続できるような形になってきた」(常滑陶磁器卸商業協同組合 磯部宏行副理事長)

 

 新たなデザインと新たな販路が、常滑焼の命運を握っています。

 

この記事をシェアする

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

中京テレビNEWS トップへ